2017年03月16日

守口市テレワークオフィスがオープンしました。

守口市は、働き方改革に取り組む守口市の企業はもちろん、フリーランスで
働く市民、起業を目指す市民が、柔軟に働くための拠点「テレワークオフィス」を
3/16(木) 市内2カ所(桜町オフィス・大宮通オフィス)にオープンしました。
桜町オフィスは京阪守口市駅前桜通商店街内。
大宮通オフィスは守口市市民保健センター内。

IMG_7149a.jpg

テレワークとは、ICT (インフォメーション・アンド・コミュニケーション・テクノロジー)を活用し、
国の「働き方改革」でも注目されている、時間や場所を有効活用する柔軟な働き方のことです。

守口市は、テレワークによる「働き方改革」を推進し、テレワーク勤務の拡大に
取り組んでおり、男女を問わず、子育てや介護と仕事との両立を支援し、
多様な働き方の推進につなげ、ワーク・ライフ・バランスの実現を図ることで、
市民の市外転出防止、市内回帰や企業の進出を加速化させることを
目的としています。

オフィス内では、インターネット環境も完備しており、オフィスと企業をつなぎ
Web会議も可能です。バリアフリーとなっており障がい者の方も
利用しやすいスペースになっております。

IMG_7130a.jpg IMG_7138a.jpg

IMG_7123a.jpg IMG_7110a.jpg

IMG_7104a.jpg

テレワークオフィス 解説にあたり西端勝樹 守口市長は
「このテレワークオフィスは大阪府の自治体としては初めての開設になります。
子育て、高齢者に優しい守口市としては、市民の皆さんに
このオフィスを利用していただき、通勤時間の時間を短縮して、
その空いた時間を子育て・介護の利用していただきたい
現在2ヵ所ですが、今後増やしていきたい。」と話されました。

このテレワークオフィスについての、ご利用・ご見学・ご相談に関して
守口市地域振興課 06-6992-1516まで。

posted by FM-HANAKO at 16:51| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

門真市立小学校で卒業式

門真市立の小学校で16日、卒業式があり、門真市三ツ島1丁目の門真市立二島小学校でも卒業式が行われました。
DSC_0965.JPG

3クラス90名が卒業を迎え、卒業生はこれからの抱負などを述べ、梶井常和校長から卒業証書を授与されました。
DSC_1063.JPG DSC_1074.JPG

梶井校長は「お祝いの言葉」の中で、「「強くてやさしい人」は「自分の気分に左右されずいつも優しくできる強さ」を持っています。心のどこかにその「強さ」を持って、周りの人に優しくなれる人間になって下さい。みなさんの中学校生活が、夢と希望であふれるように、そして心豊かですばらしい歩みを創造されることを祈っています。」と述べました。

教育委員会・PTA会長からの祝辞のあと、宮本門真市長、土山門真市議会議長、過去に教わった先生からの祝電披露、卒業記念品の紹介があり、「在校生・送る言葉」では、卒業のお祝いや、これからは自分たちが最高学年になる決意の言葉と歌が披露され、「卒業生・別れの言葉」で卒業生は、6年間の思い出を振り返り、これまでお世話になった人たちへの感謝の言葉やこれからの決意を述べ、歌が披露されました。
DSC_1104.JPG

そして式が終わり、と思いきや、卒業生からのサプライズで担任の先生へ寄せ書きとお礼の品が渡されて、卒業式が終わりました。
DSC_1109.JPG

式のあと、在校生や保護者に見送られ、6年間通った学び舎をあとにしました。
posted by FM-HANAKO at 15:59| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | もりかどトピックNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

守口文化センターで守口警察主導の避難誘導訓練が行われる

 3月14日(火)午後3時から守口文化センターで守口警察主導の避難誘導訓練が行われました。
 訓練には、守口文化センターと守口市生涯学習情報センターの職員10名を始め、三郷地区土居地区の自主防災会から8名、大阪国際学園の職員と生徒3名、守口市危機管理課2名、守口消防署5名、そして守口警察7人の合計35名が参加。

 守口消防署の隊員から棒と毛布で担架を作る方法の指導やAEDの説明後、守口警察の主導で「大きな地震の為、守口文化センターに被害が発生し利用者数名が取り残されているかも知れない」との想定で、参加者と文化センター内に残された人がいないか声をかけて捜索する訓練が行われました。

DSC07428s.jpg DSC07455s.jpg

 警察の救助隊員の指導のもと自主防災会と大阪国際大学らの参加者は2班を編成。分かれて館内で「取り残された方はいませんか」と大きな声で呼びかけ被災者役を発見すると、館外へ誘導しました。

 また、部屋に閉じ込められたのを想定し、エンジンカッターを仮想使用して救助する訓練も警察によって披露されました。

DSC07445s.jpg DSC07463s.jpg

 このような、警察主導での避難誘導訓練が行われるのは非常に珍しいと言うこと。
 守口警察署の警備課警部補荒木さんは「実際の現場ではこんなに簡単には行かない。実際に大きな災害が発生した時のために備えて欲しい」と挨拶。

 自主防災会の参加者らからは「警笛(ホイッスル)があったほうが良いのでは」「明かり・手袋・靴がポイントだと思う」などと、防災意識の高い意見が多く出されていました。

 同センター館長の町中俊文さんは「貴重な機会を頂いた。この経験を踏まえ、今後も安全な会館の運営に務めて行きたい。」と話しておられました。
posted by FM-HANAKO at 11:54| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | もりかどトピックNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする