2017年05月15日

「ロビーコンサート」の日♪藤田明美です^^

相田みつを 今日の言葉  
「根さえ
  しっかりしていれば 枝葉は
   どんなにゆれたって いいじゃないか
     風にまかせて おけばいい」✨



今日の相田さんの言葉は
東京丸の内にある相田みつを美術館
現在開催中の
開館20周年企画第3弾
「花は見えても」
で紹介されている
作品の一つです。

今回の企画展のチラシよりご紹介します✋
「相田みつをにとって、
花とは完成した作品
のことだと言えます。
では、根とは何なのでしょうか?
「自分の言葉・自分の書」を追求したその作品には、
三つの根があります。
一つ目は、
詩人としての根です。
リズム感のある簡潔な言葉はどうして生まれたのでしょうか。
二つ目は、書家としての根です。
個性的な文字の根(ルーツ)はどこにあるのでしょうか。
三つ目は、徹底して自分にこだわった人間としての根です。
見慣れた書の後ろには、これらの根が隠されています。
この展覧会では、詩人として書家として、そして人間としての相田みつをの
普段は見えない根の部分を紹介します」とありました👀
この企画展は
6/11(日)までです

それではタイトルの話です
私たちおばちゃんバンド「び〜ず」
5/13(土)
門真市民プラザの「ロビーコンサート」
に出してもらう日(12:00〜12:45)
前日から雨で
天気予報でもお昼前後まで雨が降る

予報でした

時間を巻き戻して
我が家の11日(木)の晩御飯の時の会話

母「としひろちゃん又石切さん連れってくれんねんて」
   「としひろちゃん」とは主人のいとこ、母からだと「甥」です。
私「前も連れってもろて楽しかった言うてたもんな。
  ほんでいつ連れってもらうのん?」
母「13日の土曜日」
私(間髪入れず)
「ほんなら私らのコンサート見てから
 石切さん行ってや〜」
母「えー!!いやや」と言いながら
   すぐ妹さんに電話して聞いてくれてました
   嬉しかったです

雨やったら「石切さん」中止だったんですが、
ばあさん3人が、いえいえお母さんたち美人姉妹
「雨」でも私らのコンサートに来てくれることになり
いとこのとしひろちゃんが車に乗せてきてくれました

母の一番下の妹さんは大腿骨を骨折して
5/2に退院したところだったんですよ。
みんな揃って来てくれてほんとに嬉しかったです

母たちが会場に来てくれた時私たちはリハーサル中
客席ガラガラ
15分前になってもこの状態は変わらず、
控室に戻ってから友達2人に
「客席ガラガラやねん。来て〜!!」と電話しましたら
「お化粧してないけど行くわ」との返事、
嬉しかったわあ

出番5分前になったので
会場に行くと結構お客様が入っててくださり
ホッとしました
45分間のステージ予定
最後の曲終りで40分
   IMG_2212.JPG
時計を見るとあと5分ある👀

  厚かましく自分で「アンコール」と言って
 「夢で逢えたら」の演奏で終了!!

私たちの後、民謡の方々のステージがあったこともあり、
終った時はたくさんの人で立ってみてくださってた方もいて大感激でした
   終了後、「3人寄って」言われ撮影会
    IMG_2213.JPG
         私たち勘違いしそうです

今日番組にいただいたメッセージで
このロビーコンサーとが始まる30分位前に来て下さっていたリスナーさんも
私と同じようにお客様が少なく心配してくださっていたようです
「立ち見の方までいて
80人くらい来て下さってましたよ」
と報告くださいました。
こうして応援してくださる方々がいるというのは
ありがたいことです

雨もあがり母たちも
予定通りいとこに乗せてもらって
石切さんにお参りにいかはりました


最後になりましたが
お忙しい中観に来て下さった方々
ほんとにありがとうございました


それでは来週の月曜日までお元気で〜
posted by FM-HANAKO at 21:56| 大阪 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | しあわせ歌BOX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする