2017年07月03日

パンダ♪藤田明美です^^

相田みつを 今日の言葉   
「点数
  にんげんはねぇ 人から点数をつけられるために
   この世に生まれてきたのでは ないんだよ
          にんげんがさき 点数は後」✨

今日の相田さんの言葉は
2017相田みつをカレンダー7月の言葉でした。

それではタイトルのパンダの話です
先週の読売新聞で、
中国からベルリン動物園にオスメスのパンダが到着した
という記事を見つけました👀
7/7,8日ドイツで開かれるG20、中国も参加する主要20か国・地域首脳会議を前に
中国が「パンダ外交」
友好ムードを演出したものとみられる
などと書いてありました。

「パンダ」と言えば上野動物園では先月12日、
5年ぶりにパンダが誕生しましたね

白浜アドベンチャーワールドでは
昨年、9/18「結浜(ゆいひん)」が誕生しました

ここで少し時計を巻き戻してください。
「結浜」の前、
2014年12/3に誕生したメスのパンダ姉妹
「桜浜」と「桃浜」が誕生!!

その子たちの名付け親が
私の中高短大時代の友人

だった事思い出しました

久しぶりに連絡して「ちょっと前になるけど教えてくれへん?」っていうと
忙しい彼女なんですが「ええよ〜」と言って
当時の資料を出してきて答えてくれました。

まず、
「なんで応募したん?」と聞くと
白浜アドベンチャーワールドが好きで、
パンダが好きで
パンダのおやつをあげる体験もしてたし、
パンダの赤ちゃんの名前を募集していることを知って、
『こりゃ応募せな』
とすぐ浮かんだのが『桜』と『桃』やってん。
『これしかない』」ですって!!

彼女が応募した時の文面のままご紹介します。

姉の桜浜(オウヒン)から
その名前に込められた願い:
桜は、日本人にとって、一番好きであり代表的な花です。
桜のイメージは、「春の訪れ」とともに「桜咲く」に込められるように
希望やスタートを感じる花です。
暗いニュースが多い昨今、
赤ちゃんパンダの誕生は、明るく心温まるニュースでした。
まさに暗い冬の時代に、春を告げるような、心のほころびを感じました。
希望、夢といった明るい「春」をもたらしてくれた存在なので、
「桜」にしました。
日本人が最も愛する桜のように、
パンダの赤ちゃんも、みんなに愛され、すくすく成長し「大きく咲き続けてほしい」と思います。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
続いて妹のメス桃浜(トウヒン)
その名前に込められた願い:
中国では、桃はとても縁起の良いものです。
そして、日本では、春を感じる花が、桃の花ではないかと思います。
桃色の、濃いピンクで可憐な花は、
一本の木でも目を引く存在感があります。
女の子の節句、ひな祭りにも桃の花は欠かせません。
女の子の花、そして、春を感じさせてくれる花が桃です。
「桃」と聞いただけで、
かわいく、うれしい気持ちになります。
縁起が良く、かわいらしく、存在感のある桃・・・
まさしく、今回の赤ちゃんパンダは、
そのような存在であると思いました。

わが友ながら「素晴らしい!!」と拍手を送りました。
応募するまでの事・・・
友人いわく
「『桜』と『桃』が浮かんだけど、
すぐに応募したわけではないねん」
との事。

・他のパンダの名前をすべて見て、名前の傾向を調べ、
・中国成都(せいと)ジャイアントパンダ
 繁育研究基地の日本支部ということも調べ、
 いずれは中国に行ってしまう。
 その時に中国でも、
 馴染みやすい呼び方が良いのでは?
・音読みと訓読みどちらが良いか?
・日本にとっての桜と桃、
 中国にとっての桜と桃の印象は?
・縁起が良いものであるか?

       など調べて検討しやっと応募したそうです

2015年1月31日に応募して、
2月9日頃パソコンで赤ちゃんパンダの
名前が発表された瞬間、
「やった〜」と本当にうれしくて
飛び跳ねるような気持ちだったそうです

下世話な話なんですがこんなことも聞きました。
「名付け親になったらなんかもらえるのん?」
「うん!こんなんもろたよ」
@ 名付け親のカード
       IMG_2403.JPG
    
A 「アドベンチャーワールドご招待入場券 4人分
B 「桜浜」「桃浜」とのご対面の時間2分。

最後に「対面」の時どんなだったか?

「場所はパンダを公開しているブリーディングセンターのバックヤード。
対面する時は、パンダに病気がうつるといけないので、マスクが手渡され、
「ふつうのマスク」と「パンダの形をしたマスク」があって
選べたんやけど
勿論、パンダのマスクを選んだ」との事でした。

対面時間は2分なので
「待っている時に、カメラも電源を入れておいてください」
と言われたそうです。

まもなく対面・・・
ドキドキ、期待がピーク!!
「どうぞ!」って案内されて入ると、
公開されている時の透明ゲージの中に2頭。。。
「わぁ、かわいい」
ぬいぐるみみたいに2頭が目の前にいる
こんな近い距離で。
感動!!触ることはできひんかったけど写真はとり放題!!
夢中で写真とったそうです💴

「桜浜」「桃浜」と対面できるのは、
名付け親本人だけとのこと↓

        IMG_8005.JPG
    
そうそう
立ち合いは中国のスタッフと日本のスタッッフ2名で、
「桜浜」「桃浜」がゲージの中で眠ってしまいそうになると、
中国のスタッフの方が、
顔を見せるようにしてくださるなど、
2分間の対面に気を配って下さったそうで
「とても嬉しかった」と言ってました。

手を伸ばせば、さわれる距離・・・
夢見心地とは、こういう気分やったんやね
あっという間の2分間やったけど本当に貴重な一生の思い出になったわ」とも言ってました。

昨年
久しぶりにアドべンチャーワールドに会いに行ったところ
「可愛かった『桜浜』と『桃浜』はお姉さんになり
たくましくなっていて
嬉しい反面淋しい気持ちになったそうです。
まるで母の気持ちですね

それでは来週の月曜日までお元気で
posted by FM-HANAKO at 21:59| 大阪 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | しあわせ歌BOX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする