2018年01月15日

「母」と「障害者のマーク」の話♪藤田明美です^^

相田みつを 今日の言葉   
「雨の日には雨の中を
   風の日には風の中を」✨


今日の相田さんの言葉は
東京都千代田区丸の内にある
「相田みつを美術館」で現在開催中、
「相田みつを 冬の時代」
に展示されている作品の一つです。
チラシにこう書いてありました。
「相田みつをには、気鋭の若手書家として
注目された時期がありました。
その頃さらなる飛躍を求めて東京に出ていくことを考えます。
しかし、悩んだ末に故郷栃木県足利市にふみとどまるのです。
「もしあの時上京していたら、
一瞬はチヤホヤされたかもしれないが、
自分には実力が無かったから、すぐつぶれてしまっただろう」
そう考えて、自ら“冬の時代”を選択します。
以来、作品が知られるまでには30年近い年月が必要でした。
とありました。
今回の企画展では
冬にまつわる作品を多数展示し、
相田みつをにとって「冬」とは何だったのか?
なぜ冬の時代が必要だったのかを探る企画展
になっているそうです👀

相田みつを美術館は月曜日が休館日、
(今回の企画展は3/11まで)
                       
先週、私たちおばちゃんバンド「び〜ず」
が出演させてもらう予定だった
2/11(日)門真市民プラザの「ロビーコンサート」中止になった
と告知させていただきました。
理由はメンバーの菊ちゃんのお母さんが
お正月に亡くなられて
ちょうど2/11が四九日の法要と重なったからなんです。
「みなさんによろしく伝えてください」との事でした。
尚、2/11(日)門真市民プラザでは予定通り
「プラザde朝市 かどまもん」が
午前10時から午後1時30分まで。
12時から25分間
 キャラクターショー
「ネクスチェンジャー」があります。
是非遊びに行ってくださいね。
 

先に言っておきます
今からの2つの話は無関係です💦
二つ目は番組後半でお話しさせていただきました。

では一つ目の話
菊ちゃんのお母さんの話を聞いて
実家の母の事を思い出しました。
58才の時に病気で亡くなった母ですが
太く短く生き抜いてくれたように思います。
元々商売人の娘に生まれて「サラリーマン」に嫁ぎましたが
「商売人」の血が騒ぎだし「貸衣裳屋」を始め、
「サラリーマン」だった父が
会社を辞めて手伝わなきゃいけないくらい忙しくなり、
趣味では家族でボウリングやカラオケ、旅行も行ってました。
人のお世話も好きな母でした。
お友達とは「俳句」を習い、一筆箋には練習で書いたのが残っています。
久しぶりに出してみると
読みにくい続け字の大きな字、なつかしい母の字です↓
       IMG_2482.JPG
私俳句もさっぱりわからないのですが
こんな俳句がありました。
「夏の床 釈迦涅槃像 手枕で」
その俳句の前に
「遠くとも汗かきバスツアー 善光寺詣り」とあったので、
思わず「見たままやん」とその俳句に突っ込んでしまいました。
「芸能人の俳句を添削する夏井いつき先生やったら
どんなふうになおしてくれはるんかなあ」


二つ目の話

「トイレの入り口に表示しているマーク」
以前新幹線に乗った時
近くにあるお手洗いが
男女兼用、その次が男子専用で使用中、
次は女子専用と思ったら
こちらも男女兼用、車いすマークなどの表示がありました↓
        IMG_3404.JPG
ここしか空いてなかったので使わせていただきました。
自動で水が出るところで手を洗った後に
「これは手洗い用ではありません」の表示に気づき
後で駅員さんに聞くと
「使っても問題ありません。
これは人工肛門や人工膀胱を造設していらっしゃる人のためのものです」
その方々は「オストメイト」と呼ばれていて
入り口の表示板の「オストメイトマーク」
についても教えてくださいました。
黒で表示されたの人の形の右下に白抜きで「+」のマークがありました。
(写真右から2番目)
ちなみに「車いすのマーク」(左から2番目)は
「国際シンボルマーク」
「すべての障害者を対象としたもの」だそうで
特に車いすを利用する障害者を限定し使用されるものではないとのことです。
この年になっても知らん事が多すぎます💦💦

これをきっかけに
色んなマークがあることを知りました。
皆さんも
内閣府が出している「障害者に関するマーク」
について機会があればみてみてくださいね。
お互いを思いやる優しい社会にしたいです

それでは来週の月曜日までお元気で〜
posted by FM-HANAKO at 22:04| 大阪 ☁| Comment(4) | しあわせ歌BOX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする