2018年08月06日

花火♪藤田明美です^^

相田みつを 今日の言葉   
「ひぐらしの声
  ああ今年もひぐらしが鳴き出した
 ひぐらしの声は 
  若くして戦争で死んだあんちゃんの声だ
  そして二人のあんちゃんの名を
    死ぬまで呼びつづけていた 悲しい母の声だ 
   そしてまた
   二人のあんちゃんのことには ひとこともふれず
   だまって死んでいった さびしい父の声だ
       ああ今年もひぐらしが 鳴き出した」✨

今日8/6は広島に原爆が投下された日です。
今日の相田さんの言葉は戦死したお兄さんを
思い出して作られた作品です。
改めてたくさんの尊い命の上に
今の平和があることを
胸に刻まないといけないと思いました。

現在、相田みつを美術館では企画展
「負けることの尊さ」開催中(9/30まで)ですが
同時に美術館の第2ホールでは9/2(日)まで
齊藤利恵(としえ)さんの写真展 
「昭和の子どもたち 昭和30年代の日本の情景」も
開催されています(期間中お休みはありません)


それでは今日の話・・・
お気楽な話題ですみません
「なにわ淀川花火大会」の花火を観た話です。
私が花火大会を目的に出かけるのは
多分20年前くらいに行った
「枚方くらわんか花火大会」以来だと思います。
と言っても今回は現地に行ったのではなく
「摂津市」に引っ越して2年目の
友人のマンションの8階
です。
「マンションから花火小さいけど見えるから来る?」って
妹さんたちが来はるのに友人と二人呼んでくれたので
あつかましくお邪魔しました

花火が見える方向は
大きな窓で部屋にいながらの鑑賞。
ピカピカに磨いてくれていたので
ベランダに出なくてもほんとに綺麗でしたよ
今まで見たことのないような種類もいっぱい。
残念ながら「生音」は聞こえませんでしたが、
大型テレビを同じ方向においてくれて
「なにわ淀川花火大会」のテレビ中継の音で
臨場感あふれる花火鑑賞をさせてもらいました
 こんな感じ↓
  IMG_0060.JPG
     テレビの花火が大きく映ってますが
     外の花火まではきれいに映らないようです
  でもご主人が撮られた望遠レンズの映像は素晴らしい↓
                  IMG_0063.JPGIMG_0064.JPG

音楽に合わせてあがっていたようですね
時差があって生で見る花火の方が少し上がるのが
早かったです。さすがに下の方は
明るく光っているくらいしか見えませんでした・・・

上にあがる花火は全て観えて「フィナーレ」は圧巻でした
涼しい所で
食べながら飲みながらしゃべりながら最高の時間を
プレゼントしてもらいました

この「淀川花火大会
」平成元年に市民ボランティアによる
手作りの花火大会としてスタートして今回が30回目の
記念大会
だったんですね。

スマホを忘れて行って帰ってから見ると
淀川花火大会」の有料観覧アリーナシートで観たという学生時代の
友人から写真が送られてました。

すんばらしい写真の数々。
「下の方で上がった花火の景色はこんなんだったんやあ」
と見とれてしまいました↓
 IMG_0056.JPGIMG_0055.JPGIMG_0054.JPGIMG_0052.JPGIMG_0058.JPG
最後の写真が「フィナーレ」です    
  
  
友人からは
「今回の花火半端ではなくすごく気合いが入ってた。
水上花火が多く綺麗やったよ」
とのコメントが添えられてました。
今年は涼しい所で楽しませてもらったし
来年は現地で観たいなと思った私でした


それでは来週の月曜日までお元気で〜
posted by FM-HANAKO at 22:08| 大阪 ☀| Comment(5) | しあわせ歌BOX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする