2018年11月26日

「伊勢」♪藤田明美です^^

相田みつを 今日の言葉   
「自分が自分にならないで
       だれが自分になる」✨


今日の相田さんの言葉、先週の「道」という言葉は
現在開催中の企画展「みつをの一生」
で展示されている言葉の一つです。

今回のチラシには
「現在、教科書で、あるいはトイレの日めくりカレンダーなど、
様々な場所でその作品が目にふれ親しまれている相田みつを。
しかしどのような人生を送ったのかはほとんど知られていません。
それは自伝的な文章をほとんど残さなかったことにもよります。
実は旧制中学時代に、教官との確執により進学を断念したり、
戦後の混乱期に傷害事件に巻き込まれ大怪我を負うなど、
起伏が激しく特に若い頃は挫折の連続でした。
今回の企画展では、知られざる「みつをの一生」を初めて
紹介するものです」とありました。

相田みつを美術館は
東京都千代田区丸の内の東京国際フォーラムの地下1階にあって
月曜日が休館日、今回の企画展は来年1/27(日)まで👀


さて
紅葉が美しい季節ですが
「紅葉狩り」どこかに行かれましたか?
先週、「紀三井寺の桜の紅葉は終わってたみたいで
桜が咲くのも早いので紅葉も見ごろが過ぎたんでしょうね」
というお話を番組でしました。
なんとなく気になって
「紀三井寺」に「いつが見ごろだったんですか?」
と問い合わせの電話をしましたら
「紀三井寺の桜は紅葉はせず葉っぱが落ちるんですよ」
との事。間違った情報をお伝えしました。
お詫びして訂正させていただきます

そういえば先週天満橋に行った時
大川沿いの桜は紅葉しかけてました。色んな桜があるんですね。

「紅葉」が見たくて出かけたついでに
母やおばや姉さんたちと
大阪城に寄りました。まだ紅葉もあまり進んでなく
車の中からということもあり
ちょっと残念でした

それでは
今日のタイトルの「伊勢」
「伊勢」の紅葉はどうだったと思いますか?

11月23日(日)
その日は
娘の小学校の時のPTAのOB会で年1回恒例の
日帰りバス旅行で「伊勢」に。
到着するまで
バスの窓から見ていると
ぽつぽつ紅葉しているところがありましたが
「伊勢」はまだ思ったほど紅葉していませんでした💧

IMG_0729.jpg
           帰りのバスに乗る時の山の写真です
           色づいてませんが
           これも紅葉しない木々かも?
           黒い雲が気になりますが
           雨はバスに乗ってから降り出しました
           またすぐ止みましたが・・・

それでは時間を戻して
「伊勢」に到着してからの話。
「お伊勢さん参拝」までに1か所社会見学。
伊勢河崎にある「伊勢河崎商人館」へ。
           IMG_0708.jpg


河崎は勢田川の水運を利用し、戦国時代初期から栄え
安土桃山時代に伊勢神宮周辺経済の中心として位置づけられ
江戸時代には大きな問屋街に発展、参拝客でにぎわう宇治・山田に
大量の生活物資を送る「伊勢の台所」としての役割を果たしてましたが
戦後になって水上輸送から陸上輸送になり徐々に衰退
していきました。
この街並み、歴史を残そうと江戸明治時代酒問屋だった小川酒店が
生まれ変わって平成14年「伊勢河崎商人館」が開館
したそうです。

一番心に残ったのが
「日本最古の紙幣」
河崎では「御師」とよばれる人の信用力が高く室町時代以降
自治運営に必要と「山田羽書」(やまだはがき)が生まれました。

「御師」(おんし)
今の知事さんのような人だとボランティアガイドさんはおっしゃってました。
(一般に「御師」とは
 特定の神社に所属して、その社寺へ参詣者を案内し、
 参拝・宿泊などの世話をする者で、
 街道沿いに集住し御師町を形成したそうです)

金銀で取引される中お釣りが必要になり扱いやすい
色とりどりの紙幣
が作られました。
色とりどりなのはその頃字が読めない人でも使えるように
色で紙幣の金額がわかる様にしていたそうです。

母屋などの見学もでき
初めて見た氷で冷やす「冷蔵庫」
     IMG_0685.jpg
      上の段に氷を入れて、下の段に冷やしたいものを入れるそうです👂

黒い重たい「扇風機」「蓄音機」など、
裏千家の特徴のある茶室などの説明を
ガイドボランティアさんが楽しく説明して下さり
楽しかったです

再びバスに戻り
「伊勢神宮」「新嘗祭」
という事もあり大変な人出でした。
この写真は帰りに写したので少しましですね〜
   IMG_0728.jpg


昼食をいただいた後は自由行動で
私はお参りできないので
おはらい町を友人とぶらぶら。
途中天皇陛下御在位30年を祝ったおみこし
も登場して活気づいてました
    IMG_0727.jpg


色んなお店がある中で
「飛騨牛の牛くし」「地ビール」を頂き
大満足
「赤福」本店でお茶を飲みながら『赤福』たべよ」
という話になりましたがすごい行列で断念!!

帰りは先ほども書きましたが雨が降りだしました。
でもバスの中でしたし
日中はお天気も良く最高の1日でした

それでは来週の月曜日までお元気で
posted by FM-HANAKO at 21:50| 大阪 ☁| Comment(5) | しあわせ歌BOX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いい夫婦フェスタ2018(守口市市民リポーター取材)

2018年11月23日(金) いい夫婦フェスタ2018 vol.5

守口市市民リポーターの築地沙也加です。
11月23日(金)京阪守口市駅前カナディアンスクウェアにて、
第五回いい夫婦フェスタ2018が開催されました!
こちらのイベントを取材してきました。
心地よい天気のもと心温まるイベントとなりました。

IMG_20181123_112411.jpg


「夫婦や家族の絆について・・・
 あなたはどんなときに感じていますか?」というテーマを掲げ
ステージではいい夫婦記念式典、ダンスや歌といった様々な催しが行われ
フリーマーケットや食べ物の屋台などの出展ブースも賑わっていました。

IMG_20181123_110618.jpg


開会宣言後、
オープニングは守口東高校ダンス部の方々がダンスを披露してくれました。
フレッシュな高校生のダンスはキラキラしていました。
部長の西村笑那さんは大きく踊ることを意識できた。みんなと楽しんで踊れて
良かった。仲の良い部活なのでまたイベントがあればぜひ見に来てほしいです!と
語ってくれました。

IMG_20181123_103432.jpg


オープニング後、いい夫婦記念式典が行われました。
西端勝樹守口市長は、夫婦の絆が今日を機に深まること、これからも守口市が活性化していってほしい。
上田敦守口市議会議長は、今日は勤労感謝の日でもあるから労をねぎらう日にしてほしいと挨拶をされました。


参加した6組のご夫婦は参加したきっかけや夫婦円満の秘訣お互いへの感謝を語って
くださいました。それぞれの夫婦愛を感じるエピソードばかりで会場も
心あたたまる雰囲気になっていました。
参加したご夫婦には記念品の贈呈や写真撮影も行われました。

IMG_20181123_111532.jpg


記念式典の司会をしていた、小林千恵子さん、木下祥子さんにお話を伺いました。
小林さんはこのイベントでは普段言いにくい感謝を伝えることの出来る機会になるので
実際に参加してみてほしい。
第一回目から司会を担当していた木下さんは年々新しい気づきがある。
最初はご年配のご夫婦の参加が多かったが最近は若い世代の人も増えてきていて
嬉しい。ぜひいろんな人に今後も参加してほしいと語ってくれました。

IMG_20181123_120521.jpg

IMG_20181123_120907.jpg


記念式典にも参加していた守口市のストリートミュージシャン宮下賢一さんご夫婦にも
お話を伺いました。宮下さんは20年間守口市でストリートライブをしていて
10年ぶりに「歌心」をリリースされました。
式典に参加してみてよかった。普段から仲のいい夫婦で会話が絶えない、笑顔の絶えない明るい
家庭だとおっしゃっていました。
守口と共にストリートミュージシャンとしても成長してきた。
今回このイベントのために「いい夫婦」という曲を作ったので
今日はかみ締めながら歌いたいと意気込みを語ってくれました。

IMG_20181123_122805.jpg

参加していた方にお話を伺ってみると、夫婦愛を感じて自分も
結婚してみたくなった、機会があればぜひ式典にも参加してみたいと
おっしゃっていました。

最後にいい夫婦フェスタ実行委員会会長の小林仁美さんにお話を伺いました。
守口市の駅前の活性化、普段良いずらい感謝の気持ちを伝える場としてほしいと言う思いのもと
第一回目が始まった。毎回ご夫婦の心温まるエピソードが聞けて嬉しい。
もっとたくさんの方々にぜひ参加してほしい。
守口市に暖かい家庭が増えてほしい。そのためのきっかけとなるイベントにしていきたいとのことでした。

IMG_20181123_115802.jpg

今回このイベントに参加してみて、ご夫婦の愛をとても感じました。
素敵なご夫婦のみなさんのお話が印象的でした。
今後もこのような夫婦の絆を感じるイベントがぜひ続いてほしいです。

IMG_20181123_121340.jpg

posted by FM-HANAKO at 13:00| 大阪 ☁| Comment(0) | もりかどトピックNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする