2019年04月05日

守口市立小学校で入学式

守口市立の小学校で入学式が5日行われ、守口市八島町の守口市立守口小学校でも入学式があり、新入生117名が晴れて小学生の仲間入りをしました。
DSC_2470.JPG

式では、伊藤智子校長が「お祝いの言葉」で新入生に「入学おめでとうございます。桜の花は厳しい寒さをがまんして、春に美しい花を咲かせます。みなさんも負けない心でがんばり抜いて、自分の花を咲かせましょう。そして「笑顔であいさつ」「お話しをしっかり聞く」「お友達に親切にしよう」の3つをがんばりましょう」とを話しました。
DSC_2474.JPG

続いて、1年生4クラスの担任の先生が伊藤校長から紹介され、先生が子供たちの前に進んでいき、新入生は先生と初めての対面をしました。
DSC_2483.JPG

このあと、PTA会長からのお祝いの言葉、新入生が通っていた認定こども園、幼稚園、保育所などからの祝電が紹介されました。

最後に在校生代表による「お祝いの言葉」と校歌斉唱に続いて、新入生もいっしょに歌を歌って入学式は終わりました。

式のあと、守口門真青年会議所より「愛の鈴」の贈呈と紙芝居の披露がありました。

新入生は教室へ向かい、小学校生活への期待を膨らませていました。
posted by FM-HANAKO at 14:57| 大阪 ☁| Comment(0) | もりかどトピックNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする