2019年05月13日

フェルメール展♪藤田明美です^^

今日の「ちいさな幸せみーつけた」
「しあわせ歌BOXを聴けるしあわせ 
  家族や友達と出会えた事のしあわせ」
        by 星野夢子さん
             平成の4/29にいただきました

今日の「ちいさな幸せみーつけた」
星野夢子さんは
「これらの幸せを
しみじみ感じています。
令和の時代もよろしくお願いします」
と嬉しいメッセージも添えてくださり
パワーをいただきました
ほんとに
ありがとうございました


皆さんも10秒位で「ちいさな幸せ」送ってください。
「ちいさな幸せ」とわかるようにしてもらえたら嬉しいです。
いつものメッセージの片隅に書いていただいても大丈夫!!
頂いた翌週以降いつのご紹介になるかわかりませんので
「いつの出来事」かも教えてくださいね。
日にちの限定が無い時は
「いついつ頂きました」と今日のようにご紹介いたします。
皆さんも「自分にとっての幸せ」是非教えてください。
たくさんのご参加お待ちしています。

それでは今日は
昨日が最終日だった「フェルメール展」に行った話です。
場所は天王寺の大阪市立美術館
ここが「市立美術館の正面」↓
      IMG_1464 (1).jpg

    後ろを振り向くと「通天閣」↓
      IMG_1458 (1).jpg
       最終日なのに「当日券」もすんなり購入出来ました

私は「絵画の世界」に興味があまりなくて
友人から「○○展を観に東京行くねん」などと聞くと
「すごいなあ」と思うだけ。
今回誘ってくれた姉に
「ところでお姉ちゃんそんな趣味あった?」って聞くと
「無いけど生きている間に
なかなか見られへん本物は観ておかな」

言ってました。

今回の「フェルメール展」では
フェルメールの作品は
「東京」が2月3日までで9作品。

「大阪」が昨日までで6作品。

東京と同じ作品は
日本初上陸の「取り持ち女」

大阪初上陸の
「マルタとマリアの家のキリスト」
「手紙を書く婦人と召使い」
の2点と

「手紙を書く女」「リュートを調弦する女」
そして
大阪展のみ展示の「恋文」。

 これが大阪展の6作品です↓
      IMG_1462 (1).jpg

前日に少し下調べして行きました。
もう皆さんはご存知かもしれませんが改めて・・・
オランダ17世紀絵画黄金期の巨匠
「光の画家」と呼ばれるヨハネス・フェルメール
43才の生涯だったそうで現存する作品はわずか35点。
欧米の主要美術館から貸し出されたそうです。

「絵画」とんとわからない私ですが少し調べて行った事で
楽しく興味深くゆっくり観ることが出来ました。
やはり「光の画家」と呼ばれるだけあって顔にあたる光が美しく
女性の真珠のイヤリングがほんと上品に光っていて感動しました

又2つの作品で「リュート」と「シターン」という楽器を女性が持っていました。
どちらも私達が弾いている「ギター」の仲間で大きなくくりで「發弦(はつげん)楽器」だそうです。
「リュート」と「シターン」は今でも演奏されている人がいるようです👂

「演奏」と言えば
今週土曜日の5月18日、午前10時から午後4時まで、
FMハナコ主催の
「守口市駅前 手作り市・フリーマーケット×LIVE」

私達「び〜ず」午後2時20分頃から出演させていただきます。
「我らがけんちゃん!」
宮下賢一さんは午前10時5分頃からご出演の予定で
他の出演者の時間については5月7日のスタッフ日記をチェックしてくださいね
皆さんのご来場お待ちしております

それでは来週の月曜日までお元気で〜
posted by FM-HANAKO at 22:29| 大阪 ☁| Comment(4) | しあわせ歌BOX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする