2019年09月02日

骨髄バンクチャリティライブ♪藤田明美です^^

今日の「ちいさな幸せみーつけた」
「門真まつり!たくさんの人と門真音頭を踊れたこと
  しかも今年は初めての生演奏 めっちゃ嬉しかった〜」
       by 喜美子さん
          8/3の出来事でした

今日の「ちいさな幸せみーつけた」
喜美子さんは門真まつりの「門真音頭」を
指導されたお一人でした。
皆さんお揃いの浴衣がすてきで
ほんとたくさんの方が踊られていました。
私もその一人でした。

門真まつりの1回目から「門真音頭」は踊られていましたが
「生演奏」は今回が初めてだったとの事でほんと良かったですね。
喜美子さん!改めましてお疲れさまでした。
「ちいさな幸せ」に寄せていただいてありがとうございました

今日は
本町にある「クロスビート本町」で昨日行われた
「第5回 骨髄バンクチャリティライブ」
~届け!関西からいのちのバトン!~
でのお話

まずは来ていただいた皆さん!ありがとうございました


私達「び〜ず」は4回目の参加で
今回初めてのトップバッター!
演奏者は「骨髄バンク・献血にご協力を」などと書いた
「黄色のタスキ」(赤鼻がついた)をつけて演奏しました↓
            IMG_2059 (1).JPG
     

ここに私が「クリニクラウン」知るきっかけを作ってくださった
「赤鼻」がつけられていましたので演奏前のお話で
「『この赤鼻は<クリニクラウン>のシンボルで
病院に入院している子供たちの所に
赤鼻をつけた道化師(ピエロ)に行ってもらって
子供達に笑顔を届けよう』というものなんですよ〜」
と。

又このチャリティに参加させていただくきっかけ
の話もしました。
私の母が「白血病」で「骨髄移植」は出来ませんでしたが
たくさんの善意の献血で
命をつないでいただきました

なかなか恩返しが出来ずにいたところ
最後に出演された主催者のお一人
「えーゆにっと♪」の桑田さんから
チャリティライブのお話をいただきました。
好きな音楽で恩返しが出来ると思って
メンバーに相談したところ喜んで賛同してくれ
「参加させてください」とお返事しました。
この方が桑田和平さん↓
   IMG_2057.JPG   
    

もう一人の主催者赤木晴香さんも
ファミリーでお客様や出演者に対応

してくださり頭が下がりました↓
     IMG_2058.JPG
          真ん中の方は応援くださるお友達です
ちなみにチャリティの寄付先は
「日本骨髄バンク」「関西骨髄バンク推進協会」
「京都大学IPS細胞研究所」
「日本クリニクラウン協会」「日本赤十字社」

に等分に寄附されます。


前半演奏者の後に骨髄を移植してもらった元患者さんのお話を聞かせてもらえました。

後藤千英さんという女性。
骨髄移植された日を「セカンドバースデー」と呼び7回目も過ぎ元気にお話くださいました
本当のお誕生日「ファーストバースデー」は今日(9/2)だそうです。
ちえさん!おめでとうございます!!
「骨髄」を提供する人(ドナー)は
兄弟姉妹間がいちばん「HLA」と呼ばれる白血球の型が合う確率が高いのですが残念ながら合わなかったそうです

でも「骨髄バンク」で見つかり移植されたとの事。
提供者の情報は彼女の場合「2つ年上の北関東の方」だけだったので
朝起きたら今でもそちらの方向にむいて「ありがとうございます」と言われているそうです。
「病気になったことは悪いことばかりじゃない。
当たり前を感謝できるようになった」


お医者様から「抗がん剤治療をすると
子どもは作れない」と言われたそうで
29歳だった彼女にとってつらい宣告でした。
授かる可能性のある方法は
治療前の「卵子の凍結保存」、男性の場合は「精子の凍結保存」。
でも保険の適用外でかなりの高額
だそうで
今度は自分も誰かの役に立ちたいと
血液疾患「つばさ」の理事をつとめ、
白血病に限らず「小児がん」
「若年がんにかかっている人」に
「卵子精子の凍結保存」が保険適用されるように
署名活動をされています


続いてドナーさんの話。
この方は続木さんという男性、
20才の時に献血に行って
「2ml」で出来る「骨髄バンク」ドナー登録
を知り
軽い気持ちで登録されたそうです。
数年間何の連絡もなく「無いのかな?」と思っていた時に
オレンジ色の封筒が届きました
1回目は患者さんの都合で2回目は自分の都合で無くなり3回目移植に至り、
移植に成功!手術の痛みはなかったそうです。
患者さんからのお手紙で
「役にたてたと実感しました」

とのことで
再び後藤千英さんが出てこられ
「骨髄を頂くのは点滴で
骨髄採取されるひとは手術で申し訳ない」
と言っておられました。

後半の演奏者の後は
出演者全員で「上を向いて歩こう」
         IMG_2060.JPG

先ずは「知る」ことで誰かの命が救えるかもしれません
骨髄バンクドナー登録の用紙には
「患者さんに生きるチャンスを」
と言う意味で「チャンス」
と書いていますので是非手に取ってみてください。
ハナコのスタッフルームの前にも置かせていただいてます✋

【追記】

写真の赤木ファミリーの
晴香さんが持っているちらしのご案内
 
昨日会場で私もチラシをもらったのですが
骨髄バンクドナーキャンペーン「友情」という舞台
守口文化センター「エナジーホール」で
9/20(金)全席自由で午後1時30分開演、午後6時30分開演の2回行われます。


内容は
コスモスの花が咲くころ
白血病治療のため
北海道から転校してきた少女はドナーの適合者を待ちわびる日々を送っています。
どのような友情が展開されるのでしょうか?

チラシでは
当日券の料金のみの掲載で
一般4000円高校生以下1800円になっていますが
ちらしにに合わせてもう1枚購入先が案内されています👀
こちらですと
一般3000円、高校生以下1500円で大丈夫だそうです😃


お問合せお申し込みは
守口文化センターやハナコのスタッフルームの前に
チラシがありますのでそちらを見てお願いいたします。


それでは来週の月曜日までお元気で

             
posted by FM-HANAKO at 23:48| 大阪 ☁| Comment(4) | しあわせ歌BOX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9月4日(水)のプロムナード82.4は防災企画「2018年台風21号から1年」をお届けします。

2018年の台風21号から1年となる9月4日(水)のプロムナード82.4では、守口市・門真始め、近畿に大きな被害をもたらした台風21号を振り返り、守口市危機管理室、門真市危機管理課、関西電力などに台風21号の時の被害の状況や対応、今後の台風を始めとした災害対策などについてお話をお聞きします。

また、大阪国際大学人間科学部 人間健康科学科西岡ゆかり准教授、かどま地域防災サポート隊土井保さんに災害への備え、災害時に役立つ情報などについてもお伺いします。
台風が増加する時期でもあり、今後の防災・減災に役立てていただくため、ぜひお聴きください。

防災企画コーナーは15:30〜17:30を中心にお送りします。
 
posted by FM-HANAKO at 20:25| 大阪 ☁| Comment(0) | 特別番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする