2020年03月16日

横綱土俵入り♪藤田明美です^^

いろんな幸せみーつけた
  「4月から中学生
     みんなしっかりしてきたなあ」
           by なかよくしてねつるやさん 
                 2月17日にいただきました


なかよくしてねつるやさんからは
こんなメッセージも添えていただいてました。
「2月22日、学校の体育館で、6年生最後の参観、懇談会がありました。
音楽会と劇を50分間。十分楽しめました。
『4月から中学生。みんなしっかりしてきたな』と思いました」

しあわせな時間を過ごされたようで良かったですね。
「他のお子さんへの愛情も伝わって来て優しい方だなあ」と思いました。
大変な時期に卒業、入学式を迎えられるようですが
これを乗り越えての中学生活のスタート!!
明るい未来がきっと待っています。応援しています。
なかよくしてねつるやさん!ありがとうございました。

皆さんも「いろんな幸せ」お寄せ下さい。
オープニングに入りきらない幸せは
その中の10秒くらいの部分を私が抜粋して
他の部分も今日のようにメッセージとして
翌週以降紹介させていただきます、幸せの大きさは問いません。
大きくても中っくらいでも、小さくても、
誰かのしあわせでもOK
どうぞ気軽にご参加いただいて
皆さんに「いろんな幸せ」おすそ分けしてください


さて今日は「大相撲土俵入り」の話です。
先週ハナコのスタッフルームで
「今場所は無観客相撲やから
行事さんの『しー』という声が聞こえる」
という話を聞いたので
「大相撲 行司 しー」と入れて
検索しましたらちゃんと答えが出てきました。

「横綱の土俵入り」で聞こえる行事さんの声で、
今場所でしたら白鵬関、鶴竜関の「土俵入り」の時2回聞こえます。
さてその「しー」はいつ聞こえるのか?

行事さんは土俵の
仕切り線の後ろで蹲踞(そんきょ)しています。
「蹲踞」⇒つま先立ちで深く腰をおろし膝を十分に開いて上体を正し、
     重心を安定させる基本姿勢の事だそうです。


横綱は露払い(つゆはらい)と太刀持ち(たちもち)の間で
蹲踞(そんきょ)したまま柏手(かしわで)を打ったあと↓
          IMG_2631.JPG

土俵の中央に進み、行事に背を向ける状態で仁王立ちになります↓
     IMG_2632.JPG
                    テレビの画面写しました📷
この時「しー」という声がするそうで
帰って確認したら確かに聞こえました。

この「しー」は
警蹕(けいひつ)⇒静かにしなさい」という意味で
         一種の警告、中国が起源だそうです👂

この時軍配の紐の房を時計回りに1回、反時計回りに1回回すそうですが
横綱の体で私はちゃんと確認できませんでした

その後の横綱の動きは柏手、四股を踏み終えたのち
上体を競り上がらせて起きます。

その時行司は土俵に軍配の房をおろすそうです。

横綱が再び徳俵(とくだわら)の近くに下がると同時に
   徳俵⇒土俵上,20俵のうち,
      東西南北の中央に埋めてある俵のこと。
      普通の俵より俵の分だけ外側にずらしてある。
      ほかの俵だと踏み切って負けになるときでも,
      ここなら残ることがあるので「徳俵」の名が生まれた。
      かつて野天相撲の頃,
      雨水を流し出すために取りはずしてあった俵の名残りだそうです。

行司は中央付近に進み出て軍配をささげ持ちつつ蹲踞します。
横綱が柏手を打つと露払い、太刀持ち、横綱、行司が
同時に立ち上がり土俵に一礼して下がり
降りるそうです。

一度行司さんに注目して「土俵入り」ごらんなってはいかがですか?

母にこの「しー」をきいてもらいたくて、
白鵬関の時「聞こえた?」と言うと
「聞こえない」というので「鶴竜関」の時、
リモコンでボリュームを大きくしたはずが
チャンネルを触ったようで見損ねました
又トライします

ちなみに横綱の土俵入りは十両以上の東西の幕内力士が土俵入りした後、
だいたい午後4時前位です。皆さんも行司さんの「しー」聞いてみませんか?

それでは来週の月曜日までお元気で〜
posted by FM-HANAKO at 22:25| 大阪 ☀| Comment(0) | しあわせ歌BOX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする