2021年03月11日

タイガー魔法瓶株式会社 新オフィス棟【Aアート編】

門真市速見町に本社があるタイガー魔法瓶株式会社。
【@ビジネス編】では新しい働き方を実現する
スタイリッシュでスマートなオフィスをご紹介しました。
こちらでは、新オフィス棟に散りばめられたオリジナルアート作品をご紹介します。

 210308玄関出入口.jpg 210308タイガーランダムストライプ.jpg

まずは玄関と新オフィス棟・東側壁面写真。
縞模様が多くありますが、これは「タイガーランダムストライプ」といいます。
力強く大地を駆ける虎をイメージした不規則なリズム性。
力強くも柔軟に、さらなる飛躍を目指す企業マインドを表しています。

そして、代表的なアートが社員食堂(Dining Tigris〜ダイニング ティグリス〜)
食に関わるメーカーだからこそ、食に関心を持って楽しんで過ごしてほしい。
これは「世界中に幸せな団らんを」という企業理念ともリンクします。

 210308食堂.jpg

ここには大胆にも壁に直接描いた絵画があります。
ビジュアルアーティストのミック・イタヤ氏によるものです。

「タイガーファミリー」「ソランジュ=温度天使」
 
 210308タイガーファミリー.jpg 210308ソランジュ.jpg

「パレード」「ソディアック=十二支」
 
 210308パレード.jpg 210308ソディアック.jpg

当初は絵画を置く予定はなかったそうですが、
オフの時間を大切に、よりリラックスしてもらうために
あえてガラッと雰囲気を変えたそうです。
またレジもキャッシュレスでトレイを置くだけで自動的に計算され、
待ち時間の削減などストレスフリーを徹底されています。衛生的にも良いですね。

2階まで吹き抜け、解放感のあるエントランスにあるのは「Roots of Tiger」
一風変わった形の大きなシャンデリアが迎えてくれます。
作家は現代美術家の栗林隆氏。
ランプシェードはタイガー魔法瓶の根源(ルーツ)である
ガラス製魔法瓶でも使用しているガラスを一部使用して、
巨大な樹木を形成しており、会社の歴史、記憶、そして根源(ルーツ)を象徴するものとなっているそうです。

 210308エントランス.jpg 210308ランプシェード.jpg

5階 役員応接受付ロビーに設置されているのは「虎に無患子図」
画家の品川亮氏の力強い絵画と
クリエイティブ・ディレクターの近衞忠大氏が讃として
自作の和歌を書き込んだ色紙が一体化しています。

 210308無患子図.jpg 

画は狩野探幽筆直筆の「群虎図」を京都・南禅寺で特別許可を得て間近に観察し、虎は現代技法を使いオマージュして描かれています。
それに合わせた植物はセンダンやムクロジを独自に単純化したもの。
センダンの古名は「おうち(あうち)」で漢字で書くと「欒」。団欒の欒です。
ここでも企業理念とリンクしています。

 210308おうち.jpg 210308和歌.jpg

讃は「ゆらゆらと 水面に映りし あうち(欒)の花 風に吹かれて 百重に花笑む」
と書かれていて、上の句は描かれた風景に掛けて、
下の句は団欒の時間が百重(永遠)に続くようにという願いが込められています。


最後にTIGER HALL(イベントホール)

 210308イベントホール.jpg

奥の壁面に見える均一なボーダー。
ここまでに挙げた写真にもたくさん登場していますが、これは木質のルーバー。
これまでの長いものづくりの歴史の積層であり、
培われた数々の価値や企業文化の深みを表現しています。

タイガー魔法瓶は2年後の2023年に創立100周年を迎えられます。
完成した新オフィス棟は事前投資であり、これからが本番。
企業理念を達成すべく、次の100年に向けて会社が発展していく為の基盤です。
また、製品を通じて暮らしに温もりと団らんをお届けすることが使命であり、
地元にも貢献できる会社になっていきたい。

と、多大なお時間を割いてたくさんご説明くださった、
加藤さんと森さんがおっしゃっていました。
おふた方とも、本当にありがとうございました。

posted by FM-HANAKO at 10:53| 大阪 ☔| Comment(0) | もりかどトピックNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイガー魔法瓶株式会社 新オフィス棟【@ビジネス編】

門真市速見町に本社があり、
熱制御テクノロジーで世界をリードするタイガー魔法瓶株式会社。
昨年、南北およそ120m、地上6階建ての新オフィス棟が完成。
2019年4月に起工式、2020年9月に竣工式を行いました。

 外観.jpg 210308ロゴ.jpg

建築コンセプトは、
「世界中に幸せな団らんを広める。」という企業理念を達成すべく、
響きあいながら温もりある新しいアイデアを
生み出していけるように働き方を変えていく
感性と創造力を育むことができるクリエイティブなオフィス空間です。

そして今の時代にあった新しい働き方を実現できるような、
従来のオフィスとは異なる工夫がいくつかなされています。

例えば、従来は各個人ごとに座席がありましたが、
新オフィス棟では、部や課単位でメインの座席があり
その周囲に打合せスペースや集中スペース、
立ち会議エリア、面談スペースなど、
用途ごとに使い分けられる座席が配置されています。
また、フリーアドレスになっているため、
用途に応じてメインの座席や周囲の座席のどちらでも仕事をすることができます。

これは、選択肢を広げることにより、自分で働く場所を考え、探し、選びながら
主体的に仕事を進めて生産性を高めることを狙っています。

会議室など部屋の仕切りはほとんどガラスなので、
広々と開放感のあるオフィスとなっています。
椅子やデスクもその場所その場所でデザインも違い、オシャレでスタイリッシュ。
社員だけでなく、外部のパートナー企業(取引先)とも交流し
一体となって感性と創造力を育むことができる
クリエイティブなオフィス空間を形成しています。

 210308オープンエリア.jpg

特筆すべきは、どのエリアでもプロジェクターやホワイトボード、
コンセントが設置されいること。
どこでもスムーズに仕事を進めることができます。

 210308オープンエリア2.jpg 210308キャンプ.jpg

また、社員同士の交流も図れるように、
各執務フロア中央にはコラボエリアが設けられています。
水やお茶がフリーで飲める給茶機が設置されていて、
社員の方々はマイボトル(タイガー製)に入れて飲まれています。
これは、人権や健康、環境などの社会課題に取り組む企業として
「社内ペットボトル使用ゼロ」を実施されている一環です。

 210308給茶機.jpg

1階にあるカンパニーエキシビジョン(企業展示)は、上階とはまた違った空間。
タイガー魔法瓶の歴史や製品のご紹介とともに、
お客様(パートナー企業)と新たな可能性を模索できる場となっています。

 210308企業展示ルーム1jpg.jpg 210308企業展示ルーム2jpg.jpg
 
1階・南側にあるイベントホールの前には創業者:菊池武範氏の像と、
菊池武範氏が実際に使っていた机やそろばんなどの道具が展示されています。

 210308銅像.jpg 210308机.jpg

続いて、ぜひ【アート編】もご覧ください。

新オフィス棟を隈なく見ることができるYouTube動画もありますので、
ぜひこちらも一緒にご覧ください。
https://www.youtube.com/watch?v=fMawfpRjHK8

posted by FM-HANAKO at 10:30| 大阪 🌁| Comment(0) | もりかどトピックNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする