2021年09月13日

盲導犬のおかげで♪藤田明美です^^

いろんな幸せみーつけた
「大病を2回し手術もしましたが
  今、日常の生活が出来ていることに
        幸せを感じます」
            by ありさちゃん
              
ありさちゃんからは
こんな一言も添えてくださいました。
「しみじみ健康が大事とわかりました」と。

ほんとに良かったですね。
これからも健康を維持できるように
がんばってください。

又、今病気と向き合っていらっしゃる方は
焦らずゆっくり日々お過ごしくださいね。

ありさちゃん!「いろんな幸せ」
ありがとうございました

皆さんもお気軽にご参加ください。
オープニングに入りきらない幸せは
その中の10秒くらいの部分を私が抜粋して
他の部分はメッセージとして紹介させていただきます。
もちろん10秒くらいのだけの「幸せ」もOKです。

ご紹介は
翌週以降待っていてくださいね。
幸せの大きさは問いません。昔の事でもいいですよ〜
大きくても中っくらいでも、小さくても、
誰かのしあわせでもOKです。

「幸せ」送ってくださる方は
私がわかる様に「幸せコーナー」と書いてくださいませ。
「幸せコーナー」と書いていただければ
内容に「幸せ」の言葉が入っていても
いなくても大丈夫です。

それでは今日のお話「盲導犬のおかげで」
東京2020パラリンピック「閉会式」の音楽パフォーマンスで
かっこよくドラムを叩いていた少年が全盲だったいう事を
先週火曜日の情報番組で知りました。
すでにご存知の方もいらっしゃると思いますが14才の酒井響希(ひびき)君。
2才で両眼性網膜芽細胞腫(りょうがんせいもうまくがさいぼうしゅ)の為
両眼を摘出、義眼を入れた後
「音に興味を持ち」3才でスティックを握るとみるみる上達し
今や「天才ドラマー」としてプロ歌手ともセッション出来る腕前。
その明るさとがんばりに感動しました

この番組の後、
私達おばちゃんバンド「び〜ず」のメンバー「ちゃん」
10年ほど前「盲目のドラマー」さんとバンドしていた事を思い出し、
連絡をとってもらい電話でお話を伺いました。
現在65才の谷口二朗さん。
バンドを組むきっかけは某音楽教室の発表会。
この音楽教室に行く気持ちにしてくれたのが
盲導犬「サファイア」。

先に少しバンドの話をさせてください。
メンバーの編成は「ドラム科」の谷口さん、「ボーカル科」のちゃん。
「ベース科」の女子1名と谷口さんの友達の男子ギター2名と女子キーボード1名。
発表会での評判が良くバンドを結成、
練習は月1回スタジオを借りて。
谷口さんは楽譜を見る代わりに「耳でコピー」
バンドの持ち曲は「ら・ら・ら」「涙の太陽」「恋人はサンタクロース」
「ホテルカリフォルニア」など。

ドラムの魅力伺いました。
「音でその曲の世界に入り込め、泣きながら叩いたり、
ノリノリではじけたり出来る所」

なるほど〜

私忘れていたのですが
「ミナミ」のアナザドリームでのライブ
「び〜ず」の菊ちゃんと観に行ったのを思い出しました。
かっこよかった
   ちゃんに写真送ってもらいました↓
     IMG_5594.jpg
    谷口さんとちゃん以外の方々はピンク色でお顔隠させてもらいました
    現在は
    みんなの都合が合わなくなり活動されていません(残念!!)

谷口さんのご病気は20代後半くらいに発症。
病気の進行に伴い
徐々に網膜が光を感じられなくなるという
難病の網膜色素変性症だそうです。

ドラムと初めて出逢ったのは
バンドをしていたお兄さんの影響で小学校4〜5年生の頃。
学生時代は友人とバンド活動やスポーツで青春を謳歌されていたそうです。

そして卒業後は機能訓練指導員として病院に勤務し、
脳梗塞などの後遺症による麻痺で苦しむ身体障害者の方々の
社会復帰を目的とした
機能回復訓練を担当する仕事をしていたという事でした。

谷口さんのお話によると
『平成16年、
盲導犬「サファイア」が我が家に来てくれ
人生が明るくなりました。
13才半まで盲導犬としての仕事をしてくれ
引退犬になった後も条件は色々ありましたが
15才で天国に召されるまで
我が家で共に過ごせました。

1才10か月で来てくれ現在8才の
2代目盲導犬「レフ」とも
ごきげんで暮らしていますが、
自分の人生を取り戻してくれた
「サファイア」に恩返ししたいという思いで
18年前に当時立ち上がったばかりの
JSDA(日本サービスドッグ協会)の
ボランティアとして参加し始め現在に至る」
との事でした。



この協会は役目を終えた補助犬
(盲導犬だけでなく介助犬、聴導犬も)の
老後のケアをしていただいている
引退犬ボランティアさんのご家庭に対し、
介護用品の提供や
高額医療費の一部支給等々の支援活動に加え、
補助犬を利用した障害者の精神的なケアを
視野に入れた活動を目的とした団体だそうで
具体的な活動はJSDA(日本サービスドッグ協会)の
ホームページをご覧になって下さい👀

お問い合わせは
月曜水曜金曜の10:00〜16:00で
電話番号は0745-62-3605です。

来年のカレンダーなどの購入で寄付につながるそうですよ。

みんなで共に歩める優しい社会にしましょう!!

それでは来週の月曜日までお元気で〜

   
posted by FM-HANAKO at 21:14| 大阪 ☁| Comment(0) | しあわせ歌BOX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする