2016年05月28日

新生第10回 守口市愛石展

守口市中央コミュニティセンター(旧 守口市立中央公民館)の5階ホールでは、石を愛でる会「守口市愛石会」による「新生第10回 守口市愛石展」が開催されました。

 160528-c.jpg 160528-g.jpg

年に数回、和歌山や滋賀、四国などの川原を中心に探石会に行かれ、「いい石」を探します。その中から選りすぐりの「石」が展示されています。

 160528-d.jpg 160528-a.jpg

靴の形のような石やツルンと磨かれたような石。どれも自然にできた形です。
木で作られた台は、一つ一つ手作りです。石は自然に作られたものなので、それに合わせるとなると全てがオーダーメイドになるわけです。単なる石がこの台によって一気に格上げされます

 160528-e.jpg

あら、こんなところに茄子がありますよ
この石を見てインスピレーションが沸いて出てきたのでしょうか?
台、ではなく、ヘタを木で作って「茄子」に見立てているのがおもしろいですね

 160528-f.jpg 160528-b.jpg

あっ!カエルもいますね〜
お隣は・・・?
この石の出品者、小山さん曰く、「着物を着たサル」だそうです。
なるほど!!確かにそう見えます。日本舞踊を踊っているサルでしょうか?あなたは何に見えますか?

どの石もそれぞれ個性的で、自然の力も感じることができます。
見る角度を変えるとまた違ったように見えますし、いろいろとイメージを膨らませて楽しむこともできます
日本の「侘び・寂び」も感じることができますよ。
愛石展は明日(9:30〜15:00)までです。

 
posted by FM-HANAKO at 18:47| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | さわやかリポート(土) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック