2017年02月11日

27th 春をよぶみんなのコンサート

門真市民文化会館ルミエールホール(大ホール)では、
春をよぶみんなのコンサート(通称:春コン)が開催されました。大阪府民と障がい者の集いの場として今年27回目を迎えられました。
 
 170211-4.jpg

地域で障がいのある仲間たちにひと時の楽しみを
そんな気持ちを持った、北河内7市、福祉施設・事業所や支援学校など15団体の職員のみなさんが1年かけて準備を進めてこられました。出演する利用者の方々が楽しんでいただけるようにたくさんの工夫がなされています。

コンサートは3部制となっていて、各団体の発表と幕間のカラオケで進められていました。
団体の演目は、楽器演奏や歌、ダンスなど。インタビューをさせていただいた門真市「グレース工房」の利用者お2人は浦島太郎をモチーフにして、和太鼓・歌・踊りなどを披露されたそうです。「今日のためにたくさん練習してきて、緊張もしたけれどみんなでがんばれました」と、達成感に満ち溢れた表情で話してくださいました

 170211-6.jpg 170211-7.jpg

写真は交野市「くらじワークセンター」のみなさん。「アメリカンパトロール」と「365日の紙飛行機」を楽器演奏されました

また今年もゲストが2組。
さまざまな年齢や職業の方々が参加するコモンビート。メインで行っている「A COMMON BEAT」ミュージカルプロジェクトから数曲を披露されました。

 170211-1.jpg 170211-2.jpg

もう1組は地元の吹奏楽団「パナソニックエコソリューションズ吹奏楽団」です。パナソニックグループ社員45名で活動されていて、春コンにも毎年出演されています。

フィナーレはには春コンのテーマソング「春にむかって」を会場にいる全員で歌われるということでした。

春コンでは毎年グッズも販売されています。
Tシャツ、ポロシャツ、ナイロンジャケット、フェイスタオル、ハンドタオル、そして缶バッジです。
今年のカラーはブラックベースで差し色に濃いめのピンク。モチーフはハートで、デザインは公募作品から数名のデザインを合わせたものとなっています。

 170211-3.jpg 170211-5.jpg

缶バッジは毎年恒例のもの。公募作品全ての原画・200種類からお好きなものを選んでいただき、その場で缶バッジにしていただけます。今年も素晴らしい作品が並んでいました

 170211-8.jpg


 
posted by FM-HANAKO at 17:40| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | もりかどトピックNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック