2017年03月16日

門真市立小学校で卒業式

門真市立の小学校で16日、卒業式があり、門真市三ツ島1丁目の門真市立二島小学校でも卒業式が行われました。
DSC_0965.JPG

3クラス90名が卒業を迎え、卒業生はこれからの抱負などを述べ、梶井常和校長から卒業証書を授与されました。
DSC_1063.JPG DSC_1074.JPG

梶井校長は「お祝いの言葉」の中で、「「強くてやさしい人」は「自分の気分に左右されずいつも優しくできる強さ」を持っています。心のどこかにその「強さ」を持って、周りの人に優しくなれる人間になって下さい。みなさんの中学校生活が、夢と希望であふれるように、そして心豊かですばらしい歩みを創造されることを祈っています。」と述べました。

教育委員会・PTA会長からの祝辞のあと、宮本門真市長、土山門真市議会議長、過去に教わった先生からの祝電披露、卒業記念品の紹介があり、「在校生・送る言葉」では、卒業のお祝いや、これからは自分たちが最高学年になる決意の言葉と歌が披露され、「卒業生・別れの言葉」で卒業生は、6年間の思い出を振り返り、これまでお世話になった人たちへの感謝の言葉やこれからの決意を述べ、歌が披露されました。
DSC_1104.JPG

そして式が終わり、と思いきや、卒業生からのサプライズで担任の先生へ寄せ書きとお礼の品が渡されて、卒業式が終わりました。
DSC_1109.JPG

式のあと、在校生や保護者に見送られ、6年間通った学び舎をあとにしました。
posted by FM-HANAKO at 15:59| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | もりかどトピックNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック