2017年03月26日

滝井・さつき小学校さよならオープンキャンパス

守口市立旧滝井・さつき小学校では、廃校に伴う校舎解体が決まっています。
卒業生のみなさんが「母校に最後のお別れをしたい」という想いから実行委員会が立ち上がり、今日「さよならオープンキャンパス」が開催されました。

滝井小学校は春日小学校との併合のため、2014年3月に閉校しました。
併合してさつき小学校となり、1年間は旧滝井小学校をさつき小学校として使用していたそうです。そして、2016年4月からは「さつき学園」ができたことにより、滝井小学校は使われなくなり、このたび、校舎取壊しが決定したそうです。

現在の校舎は昭和11年に完成したもの。
アーチ状の窓と3階まで続くスロープがあるのが特徴です。
 
 170326-4.jpg 170326-2.jpg

オープンキャンパスは時間と人数、見学できる箇所も制限されていましたが、1階の校長室と保健室、スロープをのぼっていって4年生の教室も入ることができました。

 170326-1.jpg 170326-3.jpg

多くの卒業生、卒業生ではない人も見学され、おそよ80年間使われてきた校舎に別れを告げられていました。

また、学校のすぐそばにある西部コミュニティセンターでは、過去の卒業アルバムの展示スライドショーも行われていました。来場されていた方々は「懐かしい」といいながら見ていたり、お知り合いの方の小学生時代の写真を見て「面影があるわ〜」などお話されながらご覧になっていました。

 170326-5.jpg 170326-7.jpg

中には昭和初期の写真も。滝井小学校の歴史をしみじみと感じられました。

 170326-8.jpg 170326-10.jpg

そして、グラウンドでは同時に第6回滝井ふれあいまつりも開催。
例年は11月に行われているそうですが、今回はオープンキャンパスに合わせたということです。
飲食コーナーに野菜の即売会、輪投げや射的、さらには移動動物園も来ていて、子ども達は動物たちとのふれあいも楽しんでいました

 170326-6.jpg 170326-9.jpg
posted by FM-HANAKO at 15:55| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | さわやかリポート(日) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック