2017年06月03日

門真市文化協会 46周年 芸能発表会

門真市民文化会館ルミエールホール(小ホール)では、門真市文化協会 46周年 芸能発表会が行われました。

門真市文化協会は今年45周年。芸能部はそれ以前からあって46周年を迎えました。
絵画や編物など制作系の「展示部」と伝統芸能を中心とした歌や踊りの「芸能部」があり、毎年、秋の門真市文化祭ではそれぞれ展示と発表が行われます。
個々では、「展示部」が3月に「文展」で展示、「芸能部」は今日の「芸能発表会」で披露されます。

芸能部に所属するのは11教室。各教室から数組ずつエントリーがあり、プログラム数は全部で67。病欠などが4組ありましたが、かなりのプログラム数。夕方までたっぷり楽しめるとのことでした。

 170603-2.jpg 170603-3.jpg

今日インタビューさせていただいたお三方。
芸能部・部長の内田さんは門真の郷土芸能「ひんや節」で歌を担当。プログラム後半にはお1人で民謡を披露されたそうです
芸能部・副部長の矢田さんは吟詩舞を披露。詩吟にあわせて舞うそうですが、矢田さんは袴を着て舞うそうで、かっこよさそう
文化協会副会長で事務局長もされている勝川さんは、内田さんと同じく、ひんや節の踊りで出演。今年2回目となる出演はちょっと観客の笑いを誘う場面もあったそうですが、楽しく出演されたようです

 170603-4.jpg

「ひんや節」三人娘と、島唄の舞を披露されたみやび会の方衣装もばっちり決まっています

 170603-5.jpg 170603-1.jpg

プログラムの最後はお馴染みとなっている「門真音頭」観客の皆さんも舞台に上がって踊ります。
初めての人でも簡単、すぐに踊れるそうなので、機会がありましたらぜひ一緒に踊ってみてくださいね




posted by FM-HANAKO at 20:01| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | さわやかリポート(土) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック