2017年09月09日

救急フェア in 大日

/今日は9月9日、救急の日です。
そして、この日を含む一週間(日曜〜土曜、今年は9/3〜9/9)を「救急医療週間」としています。
これは消防庁と厚生労働省が、救急業務及び救急医療に対する国民の正しい理解と認識を深め、かつ、救急医療関係者の意識高揚を図ることを目的として、昭和57年に定められました。
毎年この期間中、全国の消防機関及び医療機関でその趣旨に合わせた行事が開催されています。

守口門真消防組合もこの期間中に「救急フェア」を行っています。
ここ数年はイオンモール大日の1階サニーコートで土曜か日曜に実施されていて、お買物などに来られた多くの市民の方々が参加されています。

今年は今までと少し違ったスタイルとなっていました。
ブース分けはされていましたが、A〜Cブースを順に体験していただくことによって救命処置を学んでいくという流れです。

最初のAブースはAEDの使用体験。
実際に操作方法を体験し、AEDを身近に感じてもらうことが目的です。

Bブースは心肺蘇生法の体験です。
胸骨圧迫、いわゆる心臓マッサージを学びます。

 170909-1.jpg 170909-5.jpg

Cブース、これが今回初の試み、バイスタンダー体験です。
バイスタンダーとは、救急現場に居合わせた人のことを言います。
ここまでに案内してくれていた方が突然胸を押さえて倒れ、意識もない状態に
1人もしくはグループで協力して、119番通報から心肺蘇生までを行い倒れた人を助けるという流れです。
バイスタンダーの経験を通して、救命処置の実施率を高め、社会復帰率の向上を目指しています。

 170909-2.jpg 170909-3.jpg

3つのブースを体験してもらったら修了証と景品がもらえました
レンダイオンが乗っている消防車形のペン立て(自分で組み立て)とステッカーなど。本物のレンダイオンも会場に駆けつけてくれました

 170909-4.jpg 170909-6.jpg

予防救急及び救急車の適正利用についての広報ブースもあり、子ども達にも楽しんでいただけるようにぬりえコーナーもありました。

屋外には救急自動車(救急車)と救急資機材の展示もされていて、中まで入って見学することもできました。
そこには実際に現場に出ている隊員がいらっしゃって、直接お話を聞くこともできました

 170909-8.jpg 170909-7.jpg


最近問題になっているのは救急件数の増加。かなり大変な状況だそうです・・・
中には119番するほどでもないようなものだったり、わがままな注文をしたりする人もいるとか。
「これは救急車を呼んでもいいのかな・・・?」と迷った時には、#7119(救急安心センターおおさか)に電話してみてください。
1人でも多くの命を救うためにも、救急車の適正な利用をお願いいたします。

 


 
posted by FM-HANAKO at 18:36| 大阪 ☁| Comment(0) | さわやかリポート(土) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。