2017年10月14日

シルバーフェア2017

10月は「シルバー人材センター事業普及啓発月間」です。
守口市シルバー人材センターでは、毎年10月の土曜日(例年第3ですが、今年は第2になりました)に、シルバー人材センターの仕事や活動などを広く知っていただき、市民の方々との交流をはかる「シルバーフェア」が開催されています。
お天気が心配される中でしたが、何とか曇りの状態で開催されました。

シルバー人材センターは、60歳以上で働く意欲のある方ならどなたでも入会できます。高齢者にふさわしい仕事を企業・家庭・公共団体等から引き受け、会員に提供するというシステムです。
現在会員は1400人ほどいらっしゃるそうですが、仕事の数が増えているということもあり、もっと会員数を増やしたいそうです。

今日はそんな思いも持ちながら、会員登録や仕事の相談コーナーや、さまざまな仕事ができることを知ってもらうためのブースも多数ありました。

釘打ちやかんながけができる大工ブースでは、小さなお子さんにも人気です
毎年人気の包丁研ぎは、今年も先着60名様限定ということでしたが、リポートが始まる11時半にはすでに締め切られていました。

 171014-1.jpg 171014-8.jpg

パソコンコーナー、今年は名刺作りと合成写真を作成する体験ができるというものもありました。

鉢物の植え替えをやってくださったり、苔玉作りを教えてくださるブースも。
筆耕部の木札書きはいつ見ても美しい文字です

 171014-7.jpg 171014-6.jpg

チャリティーバザーや婦人部の皆さんによる手作り作品の販売も行なわれていましたよ

 171014-4.jpg 171014-2.jpg

お子さん向けの伝承遊びコーナーではコマ回しや折り紙、竹とんぼではなく牛乳パックで作った「紙とんぼ」などもあり、お子さんから大人まで、熱心に作られていました

 171014-3.jpg 171014-5.jpg



posted by FM-HANAKO at 17:53| 大阪 ☔| Comment(0) | さわやかリポート(土) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。