2017年11月12日

RUN伴+門真

今年2回目の開催となった「RUN伴+門真(らんともプラスかどま)
今回は、門真市民プラザで行なわれた「スポーツレクリエーション大会」のプログラムの一つとして行なわれました。

認知症になっても安心して暮らせる地域づくりを目指して、
認知症の人もそうでない人も、みんなでタスキをつないで、
日本を横断するプロジェクト


これがRUN伴です。

RUN伴+(プラス)というのは、RUN伴と理念を共有する団体やグループによって開催される姉妹イベントのこと。+の後には地名が入ります。

昨年に引き続き「みんなでつなごう『門真の輪』」をスローガンに掲げ、サポートも含め、170名以上もの方々が参加されました。

 171112-b.jpg 171112-c.jpg

スポレクの開会式の後、10時半にスタート。ルートは東・南・北の3つです。
オレンジのTシャツを着た参加者が、多くの人に見送られながら出発しました。

 171112-a.jpg

午後1時15分ごろ、予定よりも若干遅れて各ルートの皆さんが門真市民プラザに帰ってきました
認知症の方も車椅子の方も、出迎えの方々の花道を通りながら、笑顔でのゴール。
準備段階からおよそ半年間関わってこられた実行委員の方々の目には涙も浮かんでいました

 171112-e.jpg 171112-d.jpg

このイベントは今後も毎年続けていかれるそうです。
また来年も応援したいと思います



posted by FM-HANAKO at 17:21| 大阪 ☀| Comment(0) | さわやかリポート(日) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。