2017年12月17日

しめ縄づくり

もりぐち歴史館「旧中西家住宅」では、12月の恒例行事、しめ縄づくりが行われました。

新年に門口に飾る「しめ縄・しめ飾り」
購入するという方も多いと思いますが、ご自分でも作ることができるんですよ〜
毎年こちらでは、12月半ばの日曜日に行なわれています。
申込多数で、今年も21人の方が参加されました。
なんと、30分で定員いっぱいになったそうです。おそらく最速です

昨年同様、今年もとてもいいお天気
枯山水のお庭にブルーシートを敷いて、暖かな陽射しを浴びてのしめ縄づくりです。

 171217-1.jpg 171217-2.jpg

講師は今年もお馴染みの砂原さん。一つ一つ丁寧に教えてくださいます。
今年収穫したお米の稲(藁)を使用します。
一本一本そろえて束ねたらハカマなどを綺麗に取り除きます。
根元付近を針金でギュッと縛ったら、霧吹きで水を噴きかけ、木槌でさらにしならせます。
ここまでが下準備。いよいよ綯っていきます。

 171217-5.jpg

綯うのは2人1組になって行ないます。
束ねた藁を均等に3本に分け、まずは2本をねじり、絡めていきます。
そして残りの1本をさらに絡めます。
それぞれの束をねじりながら絡めるので、油断するとすぐにほどけてしまいます。
2人で力を合わせて行なわなければいけません。

 171217-3.jpg 171217-4.jpg

お1人で来られた方も、隣の方と協力しながら作っておられました。
なかなか上手くいかず、砂原さんに手伝ってもらって完成させる方もチラホラ。

一家族以外は初めて参加された人ばかりではありましたが、苦戦しながらも立派なしめ縄を完成させていました

 171217-6.jpg
posted by FM-HANAKO at 18:40| 大阪 ☀| Comment(0) | さわやかリポート(日) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。