2018年01月14日

どんど焼き

門真市立五月田小学校のグラウンドでは地域の皆さんによるどんど焼きが行なわれました。

「どんど焼き」は小正月(1月15日)に行なわれる日本の伝統行事。
お正月の松飾や注連縄、書初めなどを持ち寄り、火にくべて焼き払い、無病息災・家内安全・五穀豊穣を祈るものです。
最近は14日や16日、15日前後の土日などに行なわれる地域も多くなっています。

五月田校区では毎年1月の第2日曜日を目安に「どんど焼き」が行なわれていて、1年の最初のイベント。
子どもからおじいちゃん おばあちゃんまで、地域の人々が集まります。

長い竹と藁で作られたやぐらに火をつけるのは、戌年生まれの年男・年女のみなさん。
午前10時、号令に合わせて、それぞれ手持ちの藁に火を点けて、その火をやぐらに移していきます。

 180114-1.jpg 180114-2.jpg

火はあっという間にやぐらを包み、長い竹の先にあった笹も燃やされ、空に舞い上がります。
自宅から持ち寄られた正月飾りなどは、燃えやすいように解かれた状態で火にくべられました。

 180114-9.jpg 180114-3.jpg

火が落ちついてきたら、濡れた新聞紙とアルミホイルで包んだサツマイモの投入。今日は400個 用意されたそうです。きっと美味しい美味しい焼き芋ができたことでしょう
(残念ながら出来上がりまでは会場にいることができず・・・)

グラウンドでは女性の皆さんによる豚汁も振舞われ、寒い中でもほっとするひと時。

 180114-4.jpg 180114-10.jpg

さらに、体育館周辺では餅つきもこちらは男性の出番です。蒸かしたもち米をぺったんぺったん搗いていきます。

 180114-7.jpg 180114-8.jpg

白い餅と、桜海老を入れた赤い海老餅も。搗きたてのお持ちは体育館で女性の皆さんが一つ一つ丸めていきます。これらのお餅は地域の独居老人の方々に配られるということです

 180114-5.jpg 180114-6.jpg


posted by FM-HANAKO at 15:58| 大阪 ☁| Comment(0) | さわやかリポート(日) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。