2018年02月18日

みんなでつくる門真の第九2018

門真市民文化会館ルミエールホール 大ホールでは、
音楽のあふれるまちへ みんなでつくる門真の第九2018」が行われました。

門真市が市制施行50周年を記念して企画された「門真の第九」
大成功で大好評、翌年には自分たちでこのコンサートをつくろうと市民が立ち上がりました
市民で作り上げる第九としては今回が3回目となりました。

 180218-a.jpg

内容は2部構成となっています。
今年の第1部は、市内の団体による演奏
門真市立第三中学校コーラス部とパナソニックエコソリューションズ吹奏楽団が出演します。

そして第2部がベートーヴェン「交響曲第九番」より第四楽章
合唱はこの日のために募集し、練習を重ねてこられたおよそ200名の「みんなでつくる門真の第九合唱団」
前回同様、小玉晃先生が指導・指揮を務められ、練習は昨年11月から行われています。
また、最も有名な「Mの部分」は観客の皆さんも一緒に歌ってもらい、会場が一体となってフィナーレとなる予定。2部の最初には練習も設けられるので安心です。

リポートは開演前で、残念ながら本番もリハーサルも観ることはできませんでしたが、きっと今年も素晴らしいコンサートとなったことだと思います

 180218-b.jpg


posted by FM-HANAKO at 17:00| 大阪 ☀| Comment(0) | さわやかリポート(日) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。