2018年03月18日

門真市文化協会 文展

門真市民文化会館ルミエールホール(末広町)の2階では、
門真市文化協会の作品展「文展」が行われました。

門真市文化協会は、芸能部と展示部に部門が分かれており、この文展は展示部の方々の作品が展示されています。
今日は2日目、最終日。今年も素晴らしい作品がたくさんありました

展示ホールには、絵画・俳画・書道・写真の作品が展示されていました。
 
 180318-10.jpg 180318-8.jpg

 180318-7.jpg 180318-9.jpg
 
レセプションホールに展示されていたのは、手編み・パッチワーク・木目込み人形・組紐・着付の作品です。
パッチワークは今回から参加。ひと針ひと針、全て手縫いの作品です。

 180318-4.jpg 180318-3.jpg

こちらの木目込み人形(舞子)の作者は、門真市文化協会副会長 兼 事務局長の勝川さんの作品。インタビュー中のお写真も撮ってくださいました📷

 180318-5.jpg 180318-1.jpg

着付は作品としての展示もありましたが、マネキンに着付ける体験や、自分が着付けてもらう体験もありました。ちょうど、袴を初めて着せてもらったという中国人の方がいらっしゃったので、インタビューもさせてもらいました

 180318-2.jpg 180318-11.jpg

ちなみに、芸能部の発表は、6月9日(土)に行われる予定だそうです。
こちらも楽しみですねっ

posted by FM-HANAKO at 15:32| 大阪 ☀| Comment(0) | さわやかリポート(日) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。