2018年04月04日

守口市立よつば小学校落成式

守口市立よつば小学校が、今年度から守口市大久保町の旧守口市立大久保小学校があった場所に新たに建てられた校舎に移転することになり、新校舎の落成式が4日行なわれました。
DSC_1821.JPG DSC_1818.JPG

DSC_1731.JPG

式辞で、西端守口市長は「子供たちにとって、より望ましい教育活動が推進され、よつば小学校の教育目標である「志を持ってよく学ぶ、心優しいたくましい子」を実践し、新たな歴史と伝統を築いていくことを期待しています。」と挨拶しました。
DSC_1741.JPG

首藤守口市教育委員会教育長の挨拶、澤井守口市議会議長の祝辞、来賓紹介に続き、よつば小学校の山本容子校長の挨拶があり、「3年目のよつば小学校を立派な校舎で迎える事はこの上ない喜びでいっぱいです。校舎の教室名や案内表示には、葉のデザインがあり、本校の校章に込められた想いが隅々まで行き渡っていることに気付かされます。
教職員一同「チームよつば」として、子どもたちの笑顔あふれる学校を作り上げます。」と述べました。
DSC_1746.JPG DSC_1765.JPG

次に児童代表が挨拶で「新校舎で、どんな小学校生活が始まるのか、心の中は夢や希望でいっぱいです。みんなで力を合わせて、これからのよつば小学校を笑顔あふれる素晴らしい学校にしたいです。」
と述べました。

最後に、よつば小学校の校歌が斉唱されて式は終了しました。
posted by FM-HANAKO at 15:20| 大阪 ☀| Comment(0) | もりかどトピックNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。