2018年04月08日

ヨネックス大阪インターナショナルチャレンジバドミントン選手権大会2018

守口市民体育館 大体育室(3階メインアリーナ)では、
ヨネックス大阪インターナショナルチャレンジ バドミントン選手権大会2018
が4月4日(水)から開催されています🎾

この大会はいわば「若手の登竜門」的大会となっており、あのリオデジャネイロオリンピックで金メダルを獲得した高松ペア(高橋礼華選手・松友美佐紀選手)も、過去にこの大会で優勝しています。
今回で11回目となり、11ヶ国の選手がエントリーしています。

 180408-1.jpg

今日は最終日で、全種目の決勝戦が行われました。
プログラムは

混合ダブルス

 180408-2.jpg
 
男子シングルス

 180408-4.jpg 180408-3.jpg

女子ダブルス
女子シングルス
男子ダブルス

また、この大会では試合会場内で飲食も可能で、唐揚やコロッケ、ビールの販売などもありました。

 180408-5.jpg


<結果>

混合ダブルス・・・キム・ウンホ イ・ユリン(韓国)

男子シングルス・・・五十嵐 優

女子ダブルス・・・福万 尚子 與猶 くるみ

女子シングルス・・・峰 歩美

男子ダブルス・・・橋本 博且 佐伯 祐行






posted by FM-HANAKO at 18:04| 大阪 ☀| Comment(0) | さわやかリポート(日) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。