2018年07月22日

第41回 国際交流サロン〜日本文化にふれてみよう〜

守口市国際交流センター(守口市役所7階)では、
第41回 国際交流フェスティバルが開催されました。

守口に住む外国人の方々との交流の場を作ってほしい、といった市民の声がきっかけで、平成18年から、年に3〜4回のペースで開催されているイベントです。

主に日本文化を通して交流を深めるイベントとなっています。
回によってテーマを設け、来られる海外の方も調整しながら、さまざまな国の文化を紹介されています。

今回のテーマは「日本文化にふれてみよう
来られた海外の方は、まず着付け体験。
この季節ですので「浴衣」を着せてもらいます。
多くの方が初めての浴衣体験で、別人のようになった自分にちょっと恥ずかしそうにしながらも、とても嬉しそうにされていました
ベトナムから来られたというご夫婦は、お互いの浴衣姿を見て、いつもと違う雰囲気に目を細められていました


浴衣を着ながら書道や折り紙体験もされていましたよ〜

書道は、書きたい文字(日本語)を書いてもらいます。
先生がお手本を書いてくださり、それを見ながら墨と筆で書きます。
「幸福」「心」「人類みな兄弟姉妹」などなど。中でも「愛」がいちばん多かったようです

 180722-3.jpg 180722-2.jpg

折り紙体験では、ひまわりを作ります。
このときは小学3年生女の子(日本人)が可愛らしい浴衣を身にまといながら一生懸命作っていました

 180722-4.jpg

また、今回はモンゴルのおもちゃ「シャガイ」も紹介されていました。
遊び方はあまりよくわかりませんが・・・

 180722-5.jpg


守口市には50カ国ほどの世界の人が住まれていて、国際交流センターには20カ国ほどの方が利用されているそうです。
お互いが文化の違いを理解し合って、国籍関係なく、もっともっとみんな仲良くなれたらいいですね

私も一筆書かせていただきました!!
実際は一筆どころか何度も書かせてもらいましたが(笑)
先生の指導のおかげで、なかなかいい作品ができましたよ
みなさんと一緒に写真も撮っていただきました📷

 180722-1.jpg


posted by FM-HANAKO at 19:04| 大阪 ☁| Comment(0) | もりかどトピックNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。