2018年07月27日

門真国際映画祭が始まる

門真国際映画祭が7月27日(金)午後6時から門真市立公民館(以下門真公民館)ではじまりました。
初日の27日は、書道家 永山玳潤氏によるライブ書道パフォーマンスや、奈須崇さんが監督をし全て門真市内で2016年に撮影をした「あんぱん盆栽ドッチボール」完成記念のプレミア上映され、監督を始め出演した役者たちも登壇し、映画撮影の苦労や楽しみ驚きなどを語りました。

門真国際映画祭は門真フィルムコミッションが主催で「門真市に映画で元気を」を合言葉に地域や映画好きの有志が集まり、クラウドファンディングや地元企業に資金提供を呼びかけ開催。
「門真映画祭」を計画したところニューヨークジャパンシネフェスと提携し、この映画祭で選ばれた今回上映の11作品がエントリーされことになり「門真国際映画祭」となったとのことです。
_DSC0920s.jpg _DSC0933s.jpg _DSC0944s.jpg _DSC0950s.jpg
今回、初めての開催を呼びかけたところ全国から200作品の応募があり、うち厳選された自主映画部門11作品、ダンス映像部門20作品、舞台映像部門5作品作品が入選。
門真公民館には3つのスクリーンが設置され、海外招待作品5作品を含めた41作品が、この28日と29日の2日間で上映されます。

門真国際映画祭運営事務局の代表も務める奈須崇さんは「ノミネートの40団体の9割がここに参加される。海外からのお客さまもいて大々的な映画祭となった。どの作品も楽しい作品。商業の映画とは、少し違う自主制作映画を沢山楽しんでもらいたい。
」と話されていました。

また、門真国際映画祭は、7月28日(土)と29日(日)も、午前10時から門真市立公民館で開催され、映画の上映だけでなく映画に関連するワークショップや、河内ウインドオーケストラによる映画音楽の演奏なども行われます。
posted by FM-HANAKO at 21:07| 大阪 ☀| Comment(0) | もりかどトピックNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。