2018年07月30日

「ピースフェスタ門真」藤田明美です

相田みつを 今日の言葉   
「ともかく具体的に動いてみるんだね
  具体的に動けば具体的な答が出るから」✨


それでは早速
7月27日28日
ルミエールホールで開かれた
「ピースフェスタ門真」に行って来た話です。

「ピースフェスタ門真」は
1995年戦後50年を迎えた時、
平和を受け継ぐ門真市の諸団体や個人が集い
この取り組みが始まったそうです。

今回が24回目で
展示ホールでは27日28日に「平和のための戦争展」
28日レセプションホールで「ピースステージ」があるとの事で
先ずは27日に「平和のための戦争展」へ。
                   入り口IMG_0008.jpg
原爆が投下された「広島」。
目を覆いたくなるような写真や
亡くっている子供をおんぶしたまま逃げる母親の絵などで
涙しました。

広告のポスターや子どもが遊ぶ「かるた」も戦意高揚するもの。
「ヘイタイサン ススメ ススメ」など戦争を賛美する教科書。
招集令状の「赤紙」兵隊さんの水筒やラッパなどの展示↓
         IMG_0040.jpgIMG_0041.jpg

「門真子どもを守る市民の会」さんの展示は
「大阪大空襲」の被害件数や
門真での戦争体験者の方のお話。
例えば「6年生8年生の卒業式は空襲があったので防空壕で行われた」など。
    こんな感じで↓
      IMG_0024.jpg

他に
東北地方太平洋沖地震と
東京電力福島原子力発電所事故
この二つで東日本大震災
と言われますが、
1年後から「被災地」と繋がり現地の様子を
伝え続けているパネルも展示されていて、
被災地の元気な子供たちや先生の声も

「戦争放棄」を提案したと紹介されていた
門真が生んだ総理大臣
幣原喜重郎さんの特別展

もありました。
「命の外交官」杉原千畝(すぎはらちうね)さんの紹介もあり、
改めて人として尊敬しました。

翌日28日は「ピースステージ」へ。
平和を訴えるため「歌」「お話」で綴った約3時間20分。
門真なみはや高校のフォークソング部の皆さんは歌で
演劇部の皆さんは寸劇で
「生きる」こと「平和」の大切さを伝えてくれ、
ステージも生徒会の二人が和やかに進行してくれました


プログラムの中で
門真市学校支援コーディネーターの川村早余子さんの
「福島原発事故の放射能と子供たちの未来」の報告

がありました。
                              IMG_0047.jpg
   (川村さんはスライドも用意されてましたが
  当日機械不良のため
  お話だけで約20分報告がありました。
  実際現地で皆さんの声を聞かれているので
  一つ一つのお話が胸に響きました)
      
その中から少しご紹介します。
ここ大阪でも自然に放射線はでているという事実。
流通している美味しい「福島のもも」は
どこよりも厳しいモニタリングを通過しているので
どこよりも安全であるという事。
「福島の子供」というだけで
「放射能がうつる」と「いじめられた子」がいたという事実。
「放射能はうつりません」
今年も福島を訪れたそうですが7年たった今もバリケードがはられ、
中に入れない地域があるという事。
「私たちに出来ることは正しい知識をもって伝え、
被災地の皆さんに思いを寄せる事。
人とのつながりを大切に行動する事は
被災地の子供さんだけでなく日本の子どもみんなが幸せになれるんじゃないか」
などの報告がありました。

「被爆者の語り部として」講演をされた方は
広島2中4年生、当時16才だった
寝屋川原爆被害者の会 副会長、
現在89才の松山五郎さん

      IMG_0048.jpg
学徒動員で機械製作所で働いていた時に被爆され原爆はすごい威力であった事。
これを日本も作ろうとしていた事。
戦争時の情報は嘘が多かった事など伺いました。
「戦争は簡単に始まるが止めるのは難しい」
「核兵器は一瞬にして多くの命を奪う」
被爆者の一人として核兵器廃絶の署名活動
地道にされています。

ラストは歌を通して「平和」を伝えようとの思い
70周年を迎えられた関西合唱団の皆さんの素晴らしい歌声↓
   IMG_0049.jpg
なみはや高校の皆さんとのコラボ、会場全員での大合唱もあり
中身の濃い時間を一緒に過ごさせてもらえました。
(写真は主催者の許可をいただいたものです)


3月末時点、被爆者は
全国で154859名、
大阪5083名、
門真には67名の被爆者がいらっしゃいます。



8/6広島、8/9長アに
原爆が投下された日が近づいてきました。
改めて「平和」の大切さをかみしめて
迎えたいと思います。


それでは来週の月曜日までお元気で〜
posted by FM-HANAKO at 22:52| 大阪 ☀| Comment(5) | しあわせ歌BOX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ほんとですね。平和に慣れてしまってつい戦争のこと原爆のことを思わなくなってしまってます。それに語り継げる人も少なくなってきて、こういう催しは大切ですね。
福島のもも、美味しいですよ。藤田さんは食べられたことありますか?大阪だと和歌山のあら川のももや岡山のが多いですが昨年 福島のを見つけて買ってみました。〇ャニーズのグループがPRもされてますよね。是非!
Posted by ななママ at 2018年08月01日 13:23
はい!明美さん!こんばんわ!(^^)兎に角具体的に動いてます(^^:)「平和のための戦争展」とても興味深いです!父が生前お酒を飲むといつも戦争に行ってきた事、戦地の話をしてくれました!広島に研修に行ったときに原爆ドームや資料館では明美さんと同じく悲惨な写真に涙しました。核兵器の怖さを忘れてはならないです!!!杉原千畝さんは昨年の研修、舞鶴で記念館見学しました。毎年福島に訪問続けておられる川村さんのお話し聞きたかったです。今夜もお疲れ様でした(^^)
Posted by 喜美子 at 2018年08月01日 20:53
☆ななママさんへ
そんな風に考えてくださって
ありがとうございます<m(__)m>
主催者に代わりましてお礼申し上げます。

お話くださることによって
「平和のありがたさ、日常の大切さ」を
感じる事ができますものね。

「福島のもも」
食べた事ありますよ〜
いただき物ですが^^;
香もいいし姿かたちもいいし〜
まるで私やん(爆笑)

冗談はさておき
ほんと美味しかったです♪
今度見つけたら自分で買います(^^)/

☆喜美子さんへ
こんばんは^^
ほんとフットワーク軽い喜美子さんだから
色んな経験出来て素晴らしいです!!

お父様から聞かれた話
お子さんや孫さんにも話してあげてくださいね。
喜美子さんも見られましたか?
私は昔原爆ドームに行った事があるのですが
忘れかけてました
写真などから訴えかけられる力はすごかった。
胸に刻んでおきます。

杉原千畝さんは日本人の誇りですね。
記念館チャンスがあれば行ってみたいです。

被爆体験を語り続けていらっしゃる
松山さん!
毎年福島を訪問されている川村さん!
頭がさがります。
お二人とも体験(自分で見たこと)したことを
「伝え続けている」ということですものね。
また聞かせてもらえる機会があれば
私も行きたいです(^^)/

いつも優しいお言葉
ありがとうございます<m(__)m>
Posted by 藤田明美です♪ at 2018年08月02日 22:25
そういや明日広島・9日長崎ですよね。季節は早いです。はなスタCAFEに出ているまさっちさんも広島県ご出身です。このイベントはお金かかりましたか?
明美さんは自転車乗ってるときに物を落としたこと・鍵を探したこと・部屋で転けたこと・荷物が荷崩れしたことありますか?
Posted by かずみ at 2018年08月05日 17:12
☆かずみちゃんへ
被爆された広島、長崎の皆さんの
心の傷は何年たっても癒されることは
ないんでしょうね。
「核のない平和な世界」
私たちが出来ることは
教えてもらった事を伝えることかな?
って私は思います。

「まさっち」さんは
広島出身なんですか?
思いは余計に深いでしょうね。

今回の残念話も
すべて経験ありです(泣)
Posted by 藤田明美です♪ at 2018年08月06日 23:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。