2018年08月19日

誰でも踊れる車いすレクダンス講習会

守口市障がい者・高齢者交流会館(日吉町)では、
車いすレクダンス講習会が行われました。

「車いすレクダンス」は

車いすを使用している障がい者と健常者のパートナーが一組になって踊り、
ダンスを通じて楽しむレクリエーション


使用する車いすは競技用のものではなく、一般の介護用のもの。どなたでも参加することができます。
最も大切なことは、障がいの有無にかかわらず、笑顔で一緒に楽しむことなのです。

この車いすレクダンスは、認定NPO法人 日本車椅子レクダンス協会が活動の中心となっています。
今日は、この協会の理事であり上級指導者、そして高槻支部長もされているカトウ マユミさんが指導に来てくださいました。(オレンジのTシャツの女性が先生です)

 180819-3.jpg 

講習会ではまず最初に危険のないよう安全にダンスを楽しんでいただくために、
車椅子の扱い方や手のつなぎ方、手をつないでどのように動かすのか、など基本的なことを教えていただきます。

振り付けは簡単なもの。いろいろな振り付けがありますが、
今日は前後と左右のステップの後にお互いの手合わせをする、というもの。
水前寺清子さんの「365歩のマーチ」に合わせて踊られました。

 180819-2.jpg 180819-1.jpg

車椅子の人と立っている人とがペアになりますがが、一つの円になって踊ります。
車椅子の人は円の中心側を向き、その前にペアの人が立ちます。(立っている人は背中を円の中心側に)
ダンスの振り付けは繰り返しですので、1回終わるごとに立っている人が右へ右へと移動し、ペアが替わっていくというものです。

はじめは振り付けもわからず、みんなバラバラでしたが、
数回練習すると揃ってきて、笑顔が溢れていました

9月からは月に2回(第2・4木曜日)、守口市中央コミュニティセンターでこのダンス教室を開催されるそうです。
誰もが楽しめる「車いすレクダンス」
年齢も関係ありませんぜひ一度やってみませんか?

posted by FM-HANAKO at 16:08| 大阪 ☁| Comment(0) | さわやかリポート(日) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。