2018年09月08日

歯科健康展

門真市保健福祉センター(御堂町)では、歯に関することをいろいろ学ぶことができる「歯科健康展」が開催されました。

  180908-6.jpg

このイベントは門真市歯科医師会が主催で毎年開催されています。
「歯」そのものはもちろん、口腔内ケアの意識が高まっていることもあり、今年も多くの市民の方々が、午後1時の開始早々に来られていました。

3階の会場には、例年通り「フッ素塗布」や「ブラッシング指導」などがありました。
虫歯になるのを予防する「フッ素塗布」は所要時間が4〜5分程度。小学6年生までのお子さんを対象に行われました。

 180908-4.jpg 180908-5.jpg

そのほか、歯科相談コーナーや成人歯科検診コーナーも。

入れ歯やインプラントのコーナーや、子どもたちの遊びのコーナーも。

 180908-3.jpg 180908-2.jpg

さらに、今年ははじめてタバコに関する情報コーナーも登場。
門真市の喫煙率は、全国の平均値よりも高いそうです。
タバコもお口から・・・ですよね。
健康を維持していくためには、やはり吸わないことが一番です。

ところで、オーラルフレイルという言葉はご存知でしょうか?
これはお口の状態が健康と機能障害の中間のこと。
治療をすると健康状態に戻り、そのまま放置すると機能障害を起こしてしまう・・・
お口の状態を健康に保つことは、全身の健康を守ることにもつながります。
定期的に検診を受けて、早期発見、早期治療を行いましょう


健康展が始まる前、午前中には「第6回 8020達成者 表彰式」も行われました。
「8020」とは、80歳以上で20本以上 ご自分の歯がある方のことをいいます。
今年は初めて受賞される方のみを対象とされていましたが、91名(最高年齢91歳)の方が表彰式にお越しになられたそうです。

8020運動がスタートした平成元年に8020達成者は全体の約7%だったそうですが、昨年のは51%にまで増えています。
要因は、歯に対する関心が昔に比べて高まってることが挙げられます。
このまま維持して、健康な歯、健康なお口の状態を維持していきましょう

今日の表彰式では皆さん歯を見せてにこやかな笑顔だったそうです

滝川先生(門真市歯科医師会 会長)
今年もいろいろ教えて下さり、ありがとうございました



posted by FM-HANAKO at 18:54| 大阪 ☔| Comment(0) | もりかどトピックNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。