2018年10月20日

シルバーフェア

京阪守口市駅前カナディアンスクエアでは、守口市シルバー人材センターのみなさんによる「シルバーフェア」が開催されました。

天気予報では❝晴時々曇り❞で、雨の心配なんて全くない!と思っていたのに、準備中の朝から思いもよらぬ本ぶりの雨
天気予報を信じ、しばらく待つと、太陽が顔を出してくれました

毎年10月は「シルバー人材センター事業 普及啓発月間」です。
全国的な組織であるシルバー人材センターは各市(町村)単位で様々な取り組みを行っておられます。
その中で、守口市シルバー人材センターはより多くの人に知ってもらうために、10月の第3土曜日にこのイベントを行われています。

今日のリポートでは、受付・相談コーナーからスタート
守口市シルバー人材センターに入会できるのは、守口市内にお住いの60歳以上の方々です。
入会する前に知っておきたいこと、不安に思っていることなどをご相談することができます。
また、お仕事の依頼もご相談です。どんな小さなことでも対応してくださるそうですよ〜

 181020-d.jpg

パソコン班では、名刺の作成ができました。
パソコンに関する相談もできます。

 181020-c.jpg 

ものづくり班は女性の方が大活躍
布や毛糸で作った小物や衣類などがたーっくさん。

 181020-h.jpg

大工班は、木工体験で小物づくり、そして包丁研ぎコーナーです。
通常なら捨てられる木の切れ端を使って、車や列車など(おもちゃ)を作ります。
小さなお子さんでも危なくないようにしっかりとサポートしてくださいます。

包丁研ぎはいつも大人気のコーナーです。
今日は60本限定で受け付けていました。出だしが雨でいつもより遅めだったようですが、それでも11時過ぎには受付終了に。
1本1本、研ぎ石も替えながら丁寧に研いでくださっていました。

181020-b.jpg 181020-a.jpg

植木の剪定や四つ目垣作成の実演を行っていたのは、植木班。
作った四つ目垣と木を並べて簡易的に庭を再現。剪定前と後では植木もさっぱり気持ちがよさそうです

 181020-f.jpg 181020-g.jpg

子どもたちにも楽しんでもらえるような伝承遊びもいろいろありました。
コマ回しや紙トンボ。折り紙コーナーでは、10月ということでハロウィーン仕様に🎃

 181020-e.jpg

他にもバザーコーナーや筆耕班による木札書きなどもありました。

現在の会員数は1,400人以上いらっしゃいます。
80代以上の方も元気に楽しんでお仕事されています。
60歳以上のみなさん、シルバー人材センターに入会して、生き生きキラキラな人生を送りませんか?






posted by FM-HANAKO at 19:57| 大阪 ☁| Comment(0) | さわやかリポート(土) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。