2018年10月21日

所有者不明不動産について。

司法書士の藤本昌吾です。

今日もありがとうございました。
成年後見制度、贈与というテーマに続いて、今回で3回目の出演でした。

大切な財産であるはずの不動産ですが、いらなくなることもあります。
そんな時は放置せず、譲渡をするなどして、きちんと処分してしまいましょう。
そうすれば、ご子息の負担となることを避けられます。

登記・不動産のことなら、お気軽にご相談ください。
ありがとうございました。

  181021.jpg
posted by FM-HANAKO at 12:18| 大阪 ☀| Comment(0) | とびっきりサンデー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。