2019年01月13日

平成31年 消防出初式

守口市淀川河川敷運動広場(鳥飼大橋上流およそ300m)では、
新春の恒例行事 消防出初式が開催されました。

3機関(守口市門真市消防組合、守口市消防団、門真市消防団)合同での消防出初式は、平成10年から毎年行われており、今年で22回目となりました。

開始の10時30分を少し過ぎた頃、消防ヘリコプターの音が近づいてきました。
あっという間に会場の上空にやってきて2周ほど旋回し、メッセージが投下され、
開式の辞でスタートしました。

まずは分列行進
消防音楽隊の演奏に合わせ、幼年消防クラブ・守口市門真市消防組合・守口市消防団・門真市消防団の徒歩部隊が順に入場。

続いては車両部隊が続きます。
様々な種類の消防車や救急車など、紹介アナウンスに合わせて入場しました。

 190113-4.jpg

消防殉職者に対する黙とうや、式辞、メッセージ披露などが行われ、
「防火の誓い」では幼年消防クラブの子どもたち(大阪ひがし幼稚園)が、
元気よく誓いを述べました。

 190113-5.jpg

そして、最も注目される「消防訓練
まずは特別救助隊による「はしご展示訓練」です。
梯子の先端でのバランス訓練では、すべて伸ばすとおよそ9mに達する三連梯子を使用します。
この梯子を2悌使い、先端の2か所でバランス訓練が行われました。

 190113-2.jpg 190113-1.jpg

先端では恐怖心の克服や揺れに対するバランス感覚が必要なことはもちろんですが、演技に伴い衝撃力をしっかりと受け止める地上の確保員達とのチームワークが最大限に要求されます。

 190113-3.jpg

続いて「一斉放水訓練」です。
守口市消防団・門真市消防団から各6台、消防組合から1台、合計13台の車両と、
放水部隊長以下70名の隊員が行いました。

 190113-7.jpg 190113-6.jpg

お天気にも恵まれ、数年ぶりに大きな虹も見ることができました🌈

守口市門真市消防組合のキャラクター「レンダイオン」や守口市のシンボルキャラクター「もり吉」、門真市のイメージキャラクター「ガラスケ」も集合し、子どもたちに大人気でした

 190113-8.jpg


posted by FM-HANAKO at 17:37| 大阪 ☀| Comment(0) | さわやかリポート(日) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。