2019年03月23日

文展〜門真市文化協会〜作品展

こんにちは
ユリやん 西田ユリです

お昼は暖かい気候でしたね
さて、そんな本日と明日、
門真市民文化会館 ルミエールホールの
2階展示ホール・レセプションホールの2会場で開催されている
「文展」の作品展に、
本日はリポートに行ってきました
!cid_169a973418aa49454f81.jpg

この文展という作品展、
・絵画 ・木目込み人形 ・組み紐 ・手編 ・着付け ・パッチワーク
・水墨画 ・写真
と、全部で8つの教室があり、
そこで習われている生徒さんの作品が、
そのジャンルごとに展示されていました

芸能部と展示部があるのですが、今回は展示部の作品が展示されております。

リポート中は、お上品な紫の着物を着ていらっしゃった、
とっても笑顔が明るく、楽しいお話をして下さった勝川さんにお話しを伺いました

着物を着せられた人形は本当に美しく、
鮮やかな色の着物でした。
等身大のマネキンに着付けをするのは大変だと思います。
!cid_169a973d4adcf3ce8fc2.jpg !cid_169a973c8a48492c3fb1.jpg

写真は
生徒さんが撮られた景色などが展示されていました。
!cid_169a974ede07961e9fc2.jpg

水墨画は、墨の濃淡だけで描かれており、細かな調整をされていることが伺えました。
墨だけで描かれた絵は和を感じました。
!cid_169a9754245eb633fe2.jpg

木目込み人形は非常に繊細なもので、
実際に見ると目を見張るものがありました。
なんと製作時間は多くが1年かかるそうです。
!cid_169a974701840f30f72.jpg

絵画はカラーで描かれたもので、
作者のそれぞれの想いが込められていました。
!cid_169a9752ee4c40c0efd1.jpg

パッチワークは布などを縫い合わせたもので、
最大2メートルのものもあり、色鮮やかでぬくもりのある作品でした。
!cid_169a97422056ebae6f52.jpg

手編は洋服を編んだ作品で、こちらの作品もとても作るのに時間がかかっている作品だと思いました。
色んな系統の洋服があり、1つ1つ見るのが楽しかったです
!cid_169a97410b019e70dfd1.jpg

組み紐は、色のある紐を組み合わせて、しっかりとした重厚な作品でした。
!cid_169a97422056ebae6f52.jpg

どの作品も、長い月日をかけて完成された作品です。

ぜひ、ご自身の目で見てみてください

普段目にすることのできない作品に出逢えますよ


「文展」は、明日24日午前10時から16時まで開催されています。
観覧は無料です
ぜひ、芸術に触れてみられてはいかがでしょうか


リポートはユリやん 西田ユリでした

posted by FM-HANAKO at 16:47| 大阪 ☀| Comment(1) | さわやかリポート(土) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは😃🌃今日は門真市文化協会主催「文展」リポート来て頂きありがとうございました🙇沢山の作品を細かく観賞頂きご理解して頂きまして本当にありがとうございました🙆✨😊今後ともよろしくお願いいたしますm(._.)m
Posted by 喜美子 at 2019年03月23日 22:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。