2019年03月24日

もりぐち介護フェア2019

守口市役所1階 大会議室(103〜106号室)では、
今回初のイベント「もりぐち介護フェア2019 」が開催されました。

サブテーマは「いくつになっても元気もりもり守口市
元気で住み慣れた街で過ごしていくため、
また、もし介護が必要になった場合でも、その人の思いや家族の思い、
そして福祉関係者がうまくマッチングしながら進められるように、
という思いから企画された出会いの場となっています。
1年かけて作り上げてきたイベント、
開始の10時から多くの方々が来場されていました。

会場の前方1/3はステージフロア。
守口出身のシンガーソングライターの季子さんのミニライブ
澄んだ優しい歌声と、語り掛けるように一人一人の顔を見つめながら歌われる姿に
吸い込まれていきそうでした
季子さんの実のお爺様は認知症で、そんなおじいちゃんのことも歌にされていて、
その曲も披露してくださいました。

 190324-01.jpg

その他ステージでは、介護予防カラコロ体操や自立支援についてのガイドVTR、
認知症啓発イベント 守口らんらん♪紹介映像、講演「介護予防と自立支援」、
高齢者の皆様による合唱などが行われました。

 190324-03.jpg 190324-07.jpg

このステージは同じ内容で午前と午後に行われ、
ステージプログラムが終わると展示・体験ブースコーナーを回っていただく、
というシステム。私は一足お先にブースコーナーにお邪魔させていただきました。

グループホーム連絡会のブースでは、守口市内にある9つのグループホームのパンフレットと相談コーナーが設けられていました。

 190324-08.jpg

守口 病院・特養(特別養護老人ホーム)・老健(老人保健施設)相談担当連絡会のブース、福祉用具体験コーナーなどなど。

 190324-05.jpg 190324-04.jpg

会場にはセラピー犬のニコちゃんとレミファちゃんも来てくれていました

 190324-02.jpg 190324-06.jpg

レミファちゃんを抱っこする季子さんも素敵

いつまでも元気でいきいきと暮らすため、
またもし介護が必要となった時でも笑顔で過ごせるように、
こういったイベントを通して知っていくことはとても大切です。
相談しにくいことでも、イベントのブースなら比較的話しやすいかと思います。
今後もこのようなイベントは行われていくと思いますので、
ぜひともご参加くださいね





posted by FM-HANAKO at 15:24| 大阪 ☀| Comment(0) | さわやかリポート(日) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。