2019年06月30日

くすの木会館 人形供養&大感謝祭

葬儀式場 くすの木会館(守口市寺方錦通)では、人形供養が行われました。

 190630-01.jpg

今回で8回目となる人形供養。
朝10時からの受付開始と同時に、多くの方が来場されました。
2階に設けられた人形供養の祭壇には、日本人形やフランス人形、ぬいぐるみなど、
思い出がたくさん詰まった人形たちがずらっと並べられていました。

お雛様一式や、五月人形、羽子板やだるま、
信楽焼の(ような)狸の置物もありました

人形には「ありがとう」のメッセージカードを添えることもできます。
シンプルに「長い間、ありがとう」といったものもあれば、
退職時に同僚からもらったものということで、
感謝の思いをつづったものもありました。

朝いちばんに日本人形とフランス人形を持って来られた奥様は、
1時間ほどしてから再び祭壇前に来られ、どこに並べられているのかを確かめ、
「長年大切にしてきたけど、今回やっと決心して持ってきた。やっぱり寂しい」
と別れを惜しまれていました。

午後2時30分からはお寺の方が来られお経をあげていただくということです。

供養料は1体につき200円。くすの木クラブ会員の方は何体でも無料です。
(人形本体のみ、入れ物ケースは受付不可)
いただいた供養料は、守口市を通じて周辺地域の保育所などに
寄付(おもちゃなど)されるということです。

 190630-05.jpg 190630-06.jpg

そして同時に開催されたのが「大感謝祭(まつり)
15周年を迎えられ、地域の皆さまに感謝の気持ちを込めて、
今年も盛大に行われました。

まずは会館2階の催しからご紹介。
人形供養の隣に設けられたもう一つの祭壇、これは葬儀セミナー用のものです。
相続と葬儀に関するセミナーがおよそ1時間程度行われました。
さらに、さまざまな相談コーナーも設けられていました。

 190630-04.jpg 190630-09.jpg

そしていつも大人気のフラワーアレンジメント教室。
午前と午後に1回ずつ、限定25名で開催されますが、
毎回とても多いので、抽選で参加者を決定します。

1階では、本格窯焼きピザやフランクフルト、ポップコーン、
かき氷に飲み物などの無料振舞い
さらに、カイロプラクティックも15分間無料で行ってくださり、

 190630-08.jpg 190630-02.jpg

守口農業研究会の野菜市(ほとんど100円)も同時開催
残念ながら、雨のためフリーマーケットは中止となりましたが、
会場には昨年よりも多いのでは?と思うほど、多くの方々が来られていました

 190630-03.jpg

posted by FM-HANAKO at 15:27| 大阪 ☔| Comment(0) | さわやかリポート(日) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。