2019年09月10日

守口大根種まき

こんにちは
お久しぶりです、ユリやんです

本日は午前10:00〜大日圃場にて、
守口大根の種まきが行なわれました

そこで守口都市農業研究会会長の木村さんにお話を伺いました。
!cid_16d1955fe221090bfe72.jpg
守口大根とは、江戸時代から栽培されている歴史のある大根です。
大根は世界で500種類以上もある中で、なんとその長さは世界一なんです
長さコンクールに出される大根は2メートルになるものもあり、
味は少し辛めではありますが、おでんにして食べることができます

庭窪小学校の3年生のみなさんが種まきに参加しました
種自体は小さく、その種を一つのくぼみに3粒ずつ植えましたよ
!cid_16d1957479a256176e54.jpg!cid_16d195f71696f81c4ee2.jpg!cid_16d19573508300879ec3.jpg

植えてから芽が出てくるまでは天気が良いと3〜4日で出てくるらしいです
収穫は12月になるので、今から3ヶ月後がとても楽しみですね〜

収穫される時期には、毎年冬に守口大根長さコンクールを開催しています
次のコンクールは来年の1月27日に開催予定です


農業の方は食育にも力を入れているとおっしゃっておりました
私達の血となり肉となる食べ物、バランスの取れた食事が大事です
守口で栽培されている野菜を沢山知っていただき、
守口の野菜を身近に感じてほしいなと思いました

最後は虫や鳥が寄ってこないように網のカバーをかけて、また育てていきます
12月に収穫される守口大根、おいしく育て〜
!cid_16d195d672bcefca0ed2.jpg
リポートはユリやんでした

posted by FM-HANAKO at 12:59| 大阪 ☁| Comment(0) | もりかどトピックNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。