2019年10月20日

行政書士ADRセンター大阪の役割について

行政書士ADRセンター大阪
センター長の杉原と申します。

本日は、わかりにくい所もあったかと思いますが、
最後までお聴きいただきありがとうございました。

ADRセンターの役割の一つは、紛争当事者の”対話の場”を
設けることだと考えております。

そこでは、調停のトレーニングを積んだ行政書士が間に入って、
対話を促進させますので、紛争当事者だけで話し合うよりも
スムーズに対話が進みます。

また専門家が間に入りますので調停はもちろん、
合意書の作成まで安心感をもってご利用いただけます。

当事者だけでの解決に不安を感じておられる方は是非、
行政書士ADRセンター大阪のご利用をお考えください!

*トラブルの内容は以下の4分野です。
1.自転車に関する紛争
2.愛護動物に関する紛争
3.外国人の労働環境・教育環境に関する紛争
4,建物賃貸借の敷金返還または原状回復に関する紛争

【行政書士ADRセンター大阪:問い合わせ】
TEL:06-6943-7511(月〜金の午前10時〜午後4時)
https://www.osaka-gyoseishoshi.or.jp/adr/

*調停の利用をする前に、法的助言も受けたい方へ
大阪府行政書士会無料相談会
毎月第3水曜日、午後1〜3時(最終受付は、午後2時45分まで)
TEL:06-6943-7501

行政書士による無料相談会(守口市役所)
毎月第1火曜日、午後1〜4時(予約優先)
TEL:06-6992-1353(広報広聴課)

初めてのラジオ出演、めっちゃ緊張しました(笑)
191020とびっきり.jpg
posted by FM-HANAKO at 12:43| 大阪 ☁| Comment(0) | とびっきりサンデー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。