2019年11月16日

福井物産展

京阪百貨店 守口店 8階大催事場では、
初企画 福井物産展 が開催中です。

ちょうどこの物産展がスタートした14日の夜から急に冷え込んできましたね。
いよいよ、冬本番です。

福井県、冬、といえば、コレ。冬の味覚 越前がに
黄色いタグが目印、ズワイガニの最高峰ブランドです。
食べ方はボイルして三杯酢が👍
せいこがには越前ガニのメスのことだそうです。(福井市・越前水産

 191116-01.jpg 191116-02.jpg

今回、お食事処(イートイン)は2店。
福井市・五目亭は「越前塩かにらーめん」
昔ながらの製法で作った越前塩を使用した日本海の恵みを感じるスープ。
そこに かにの足が1本のった豪快なラーメンです。

もう1店はこちらも福井市のつるき本店
ここは1933年創業の老舗そば屋さん。
福井グルメの「越前おろしそば」と「ソースかつ丼」をセットでどうぞ

 191116-04.jpg 191116-03.jpg

他にもたくさん、特産・名産品がありますよ〜
越前ガニはちょっとお値段張りますが・・・
こちらはお手頃価格、鯖です🐟
小浜市・田村長の浜焼き鯖は、
大きな鯖を丸々串にさし、40分かけてじっくり素焼きに。
食べるときは身をほぐして、生姜醤油で。

空港の「空弁(そらべん)」から大人気となった「焼き鯖寿司」
小浜市・若廣は、その発祥です。
分厚くジューシーな鯖は焼いていると思えないぐらいのふんわりさ。
福井県産のコシヒカリとの間には大葉とガリが挟まれていて、
さわやかさもプラス。贅沢な逸品です。

 191116-06.jpg 191116-05.jpg

福井の甘味もお忘れなく
こちらも有名店が来ています。
創業明治30年の福井市・松岡軒は福井銘菓「羽二重餅」発祥の老舗。

「水ようかん」も名物のひとつ。福井市・えがわ
水ようかんは夏のイメージですが、福井では冬の風物詩。
こたつに入って「みかん」ではなく「水ようかん」なんだそうです

 191116-07.jpg 191116-08.jpg

‟分厚い”ので有名なのは永平寺町・朝倉匠庵の越前ざぶとん揚げ。
重みもずっしり。真ん中のくぼんだところに大根おろしとネギなどを添えて、
お醤油やポン酢をかけて召し上がれ〜

福井市・コッぺ亭の「たまごカツサンド」をはじめ、
特におかず系はどれもボリューム満点です。
写真は玉子焼きに紅ショウガが入ったお好み焼き風。

 191116-10.jpg 191116-11.jpg

美味しい水と美味しいお米で作った日本酒もお忘れなく
永平寺町・田辺酒造はこだわりの製法でじっくり時間をかけて絞り出します。
福井限定の酒米・九頭竜を使った日本酒はすっきりした味わいです。

 191116-09.jpg

今回 初企画の福井物産展は、11月19日(火)まで
期間中、午前10時〜午後7時まで開店しています。
この機会にぜひ福井の味をお楽しみください


posted by FM-HANAKO at 17:32| 大阪 ☀| Comment(0) | さわやかリポート(土) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。