2020年06月13日

「かどま折り鶴12万羽プロジェクト」完成披露式典

6月13日(土) 門真市民文化会館ルミエールホールにて
「かどま12万羽プロジェクト」完成披露式典が行われました。

披露式典にはルミエールホール館長・別府尚武氏、門真市長・宮本一孝氏をはじめ
パナソニックの各スポーツチームからは
パンサーズ(男子バレーボール)から久原翼選手・兒玉康成選手・大竹壱青選手
ブルーベルズ(女子バレーボール)から中馬愛里香選手・奥野杏選手
インパルス(アメリカンフットボール)からデイビット・モトウ選手・林直輝選手
野球部から庄司力也選手・城間竜兵選手・片山勢三選手
の方々が登壇されました。

DSC_0024.JPG

DSC_0027.JPG

最初に、ルミエールホール館長の別府氏が
「たくさんの方に協力していただき、とてもうれしく、
 リニューアル後はじめてお客様を迎えて
 素晴らしいこけら落としイベントができとてもうれしく思う」
と感謝の気持ちを述べました。

DSC_0020.JPG

門真市長の宮本氏は
「暗い話題が多い中明るい話題を門真市から発信できとてもうれしく思う。
 またルミエールホールが今後も発展するように願う」
と述べられました。

DSC_0032.JPG

その後、折り鶴プロジェクトにまつわる映像作品
「折り鶴がつなぐ小さな町の物語」も上映。
完成披露式典の最後は門真市のイメージキャラクター ガラスケも加わり、
12万羽達成のくす玉が割られ、会場は大きな拍手に包まれました

DSC_0062.JPG

完成披露式典後はパンサーズ、ブルーベルズ、パナソニック野球部の選手が
折り鶴アートの仕上げを行い、記念撮影📷
たくさんの折り鶴アート作品が、訪れた方々を楽しませてくれました。

DSC_0070.JPG

DSC_0078.JPG

この折り鶴プロジェクトに集まった折り鶴は、目標の12万羽を大きく超え、
なんと15万羽以上。
折り鶴を通してたくさんの方々とのつながりが感じられますね。
「折り鶴ミュージアム」というコーナーも設けられ、
個性豊かな作品を見ることもできます。
ルミエールホールの近くにお越しの際はぜひ一度ご覧ください
折り鶴の展示は6月21日(日)までです。

また展示期間終了後の折り鶴は、
展示方法を変えてルミエールホールに飾られるとのこと。
みなさん楽しみにお待ちくださいね

DSC_0082.JPGDSC_0003.JPGDSC_0079.JPGDSC_0008.JPGDSC_0083.JPGDSC_0088.JPGDSC_0092.JPGDSC_0097.JPGDSC_0102.JPGDSC_0105.JPGDSC_0104.JPGDSC_0120.JPG


posted by FM-HANAKO at 14:11| 大阪 ☁| Comment(0) | もりかどトピックNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。