2020年06月15日

「折り鶴に込められた想い」♪藤田明美です^^

いろんな幸せみーつけた
  「毎日娘家族とず〜と一緒に
          過ごせる事です」
            by 星野夢子さん
                 5月25日にいただきました


星野夢子さんは
ワシントンDCから「幸せな理由」も添えてくださいました。
「コロナ禍でいろいろ大変な時ですが、
おかげで感じた事のない喜び幸せを感じています。
オフィスも学校も閉鎖されているので
自宅で仕事、勉強、映画を観たり
ZOOMなどオンラインの生活です」と。

なるほど!!
こんなに長く一緒に過ごせる機会なんてなかなかないですものね
大いに楽しんでください。娘さん家族も嬉しいでしょうね。
星野夢子さん!ありがとうございました

皆さんからの
「いろんな幸せ」もお待ちしています

さて
今日の私の話は「折り鶴に込められた想い」です。
先週の土曜日13日
門真市民文化会館 ルミエールホールで行われた
「かどま折り鶴12万羽プロジェクト」完成披露式典の中で
知ることが出来ました。

まだ新型コロナウィルス感染が完全に終息していないのに
ホールに集まることに私も最初は不安を覚えました。
100%は無いかもしれませんが対策を聞いて安心して
進行役で参加させていただきました。
客席の間隔をあけるため入場制限をし、
マスク着用はもちろん
入場していただく折は検温、手指消毒、
そして大阪コロナ追跡システムにQRコードから登録、
登録できない人は連絡先を
入場券に記入の上回収BOXで保管、
そして耐震工事やバリアフリー化など大規模改修の折、
15分に1回空気を入れ替える装置も導入
されたと知りました。
4か月ぶりに人前に出て司会をさせてもらえて
すごく幸せでした

当日のホール
 DSC00260 (1).JPG
    「ありがとう!!!12万羽達成!!!」
    お祝いのくす玉割
       くす玉も手作りで割れた瞬間
       たくさんの想いの詰まった鶴が飛び出してきました
       後でこの鶴たちもロビーの作品に加わりましたよ^^
      DSC00684 (1).JPG

当日ロビーで作品の完成
  パナソニックの選手の皆さんが
  仕上げてくださいました

     正面鶴のボード一番高い所は2メートル40センチ
       さすが脚立なしで楽々鶴を飾ってくださいました
    IMG-3587.JPG


さて「このプロジェクト」のきっかけをくださったのは
「ゆめ伴プロジェクトIN 門真実行委員会」
総合プロデューサー森安美さん。

自粛中でデイサービスに行けなくなった認知症のおばあさんは
おじいさんとのけんかが増えだんだん笑顔がなくなり
心配した娘さんが「お母さん!鶴の折り方教えてくれる?」と言って一緒に作り、
鶴が毎日1羽ずつ増えていくと共に笑顔が戻って来たという話を
担当のヘルパーさんから聞いた事から
「折り鶴は願いや想いを込めて折るもの。
おばあさんの笑顔が戻ったように
ウィルスで笑顔を失ったこの町も明るくなるのでは?」

思われたのがきっかけで
「皆さんの想いの詰まった鶴を
つなげて作品にしてどこかに飾りたい」
と思われたそうです。
その想いをルミエールホールの担当者が受け止め、
又その想いを
リサイクル工房「布くらふと」の畑智恵子さんが
「みんなの想いをつなげるわ。任しとき」と受け止め、
一つの作品として監修してくださることになり、
このプロジェクトが立ち上がりました。

「自分の願いや祈りが詰まった鶴が
集まって
一つの作品になる事」を知り
そこに希望を見い出し、笑顔が生まれ、
大切な人や家族と離れていても
心で繋がることが出来るという事に
たくさんの人が自分の出来ることで賛同して下さり、
完成の日を迎える事ができました

この日を迎えるまでの話が
優しいナレーションやイラストや音楽などと共に式典で流された
「折り鶴がつなぐ小さな町の物語」は
会場が感動に包まれました。
文は森安美さんで現在、ロビーで放映中です


さて、
門真の人口とほぼ同じ12万羽を募集したところ、
結果、想いはつながり15万羽以上届いたそうです


作品のイメージを監修の畑さんに伺いました。
一言で言うと
「みんなの想い、願い、祈りが込められた
鶴が空高く羽ばたく」

ロビー中央では青い池に夜にはライトアップされより幻想的になるという
大きな鶴が羽を休ませている姿を、
階段横では門真らしく鶴が蓮池に舞い降りる風景を表現、
池の花、葉、鶴は布くらふとさんの本業の着物でリサイクル。
鶴への想いを込められました
    翌日、もう一度ゆっくり見せていただきました↓

     IMG-3617.jpg
  IMG-3595.jpg
       正面のスクリーン
        2階から舞い降りる鶴蓮池などわかりますか?

皆さんからのたくさんの鶴はロビーだけではおさまらず、
2階に「折り鶴ミュージアム」が出来るまでに広がりました↓
      IMG-3598.jpg
ここでは「変わり鶴」や「お手紙」、
鶴も折ってくださった
パナソニックのバレーボール、アメリカンフットボール、サッカー、
ラグビー、野球部の選手皆さんのメッセージなども展示されています


  変わり鶴の一部です↓
    IMG-3603.jpg
        5ミリ四方で折られた鶴
        黄色い鶴だけで4000羽

    IMG-3612.jpg
        1枚の紙で作られたつながった鶴

    中学二年生の男の子が作ったバラ鶴

    外れた宝くじで折られた鶴には
      「夢は破れても
        鶴となって飛んでゆく−」
     とコメントが添えてあって笑ってしまいました

    その他にも色んな鶴がいましたよ👀
        


作品を一つのものに仕上げていくにあたって
畑さんは
「一人では出来ません。
皆さんが作ってくださった鶴一羽一羽を
繋いで行く大変な時間を
コツコツ毎日手伝ってくれた
ボランティア精神にあふれた仲間たちに
感謝の気持ちでいっぱいです」
とおっしゃっていました。

是非「折り鶴に込められた想い」を感じに
ルミエールホール行ってみてください。
あったかい気持ちになれます

これらの作品は6/21(日)まで飾られています。
このイベントに関しては6/13のハナコのスタッフ日記
「もりかどトピックニュース」でも
掲載されていますのでご覧ください。

それでは来週の月曜日までお元気で〜
posted by FM-HANAKO at 22:26| 大阪 ☀| Comment(0) | しあわせ歌BOX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。