2020年06月29日

入浴剤♪藤田明美です^^

いろんな幸せみーつけた
  「結婚できた幸せ
     こどもを産んで育てた幸せ」
      by 守口ばぁさん
         6月8日にいただきました

初参加「守口ばぁさん」からの「しあわせ」には
こんなメッセージも添えてくださいました。
「『しあわせ』って見えるしあわせと、気づきにくい幸せがありますね。
わたしなんかは結婚できた幸せ、こども産んで育てた幸せ」と。

これは大いに目に見える幸せでしたね。
気づきにくい幸せも感じられる人に私もなりたいと思います。

メッセージには
守口ばぁさん自身は
大病やケガ、事故にあわなかったそうですが
ご主人は病気で亡くなられたとの事。
いつのお話だったのでしょうか?
守口ばぁさんは「かわいそうに」と
ご主人を思いやっておられました。

でもね
守口ばぁさんと過ごされた幸せな時間があったから
幸せに旅立たれたと思いますよ。

メッセージの最後に
守口ばぁさん!私達にもエールをくださってました。
「私は怖いウィルス「コロナ」にかからないように予防して
正しく生活しています。
ハナコの方々も対策を万全にして生き延びましょうね!!」と。


守口ばぁさん!気をつけますね。
ありがとうございました。

皆さんも「いろんな幸せ」お寄せ下さい。
オープニングに入りきらない幸せはその中の10秒くらいの部分を私が抜粋して
他の部分はメッセージとしてご紹介させていただきます。
翌週以降待っていてくださいね。
幸せの大きさは問いません。昔の事でもいいですよ〜
大きくても中っくらいでも、小さくても、誰かのしあわせでもOK
どうぞ気軽にご参加いただいて皆さんに「いろんな幸せ」おすそ分けしてください

それではタイトルの話「入浴剤」
これまでも時々使っていましたが
何かで気分転換をと自粛中はささやかな贅沢と毎日
色んな温泉の入浴剤でお風呂タイムを楽しんで自粛が解けた今も使ってます。
   IMG_2690.JPG
       商品名はぼかしてます💦
      
       「にごり湯シリーズ」「しっとりシリーズ」など3種類、
       3箱を順番に母が選んで入れてくれます

母は一番風呂なので母が出た後、
私が「今日はどこ温泉?」と聞くのが恒例。
昨日は「きれいな色の箱根温泉」との事、
お風呂の蓋をあけたとたん
「ほんまや〜エメラルドグリーンできれい」と感動しました
どっちかというと
「にごり湯」好きの私と母ですが、綺麗な色の温泉も捨てがたい。
ちなみに主人はなんでもいいそうです。

我が家にある「にごり湯」の入浴剤で聞いたことがなかった温泉がありました。
それは「白骨(しらほね)温泉」・・・
調べてみると日本の真ん中、長野県のほぼ中央に位置する信州・松本市にあり、
市内の西側には日本の名勝、北アルプスの峰々と霊峰・乗鞍岳。
その乗鞍岳の東側山腹(山頂とふもとの間の部分)に
白骨温泉が湧き出ているそうです。
深い樹林と湯川渓谷に囲まれた趣あふれる温泉地で、
大正二年、故中里介山(なかざとかいざん)氏の長編小説「大菩薩峠」で
白骨の地を「五彩絢爛(ごさいけんらん)たる絶景」と称賛された事から
全国に知られることになったそうです。
いつか行ってみたいです

私が行った本物の「温泉」で一番思い出深いのは
ずいぶん昔になってしまいましたが
友人たちと行った「三朝温泉」の露天風呂で
憧れの「雪見酒」が出来た事。
「温泉」と「雪」と「お酒」最高のコラボレーションでした。
皆さん!思い出の「温泉」ありますか?
私は当分旅行とか行けないと思いますので
「入浴剤」で楽しみます

それでは来週の月曜日までお元気で〜
posted by FM-HANAKO at 22:35| 大阪 ☁| Comment(0) | しあわせ歌BOX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。