2021年03月21日

門真市文展が開催!! 

3月20日と21日に門真市ルミエールホール2階展示ホールにて『門真市文展』が開催されました。21日に取材に伺ったのですがあいにくの雨でしたが、たくさんの方が見に来ていました。
DSCF4786.JPG

パッチワーク・絵画・木目込(きめこみ)・組紐・着付・手編のそれぞれの、教室の皆さんが制作した作品が展示されていました。
お話しを伺ったのは勝川さんとそれぞれの教室の先生のかたに聴きました。

まず、展示ホールに入ると、色鮮やかな布を組み合わせたパッチワークの作品が。
展示された作品の制作期間はおよそ2年〜3年!!
ひとつひとつ手で縫っていくので、かなり根気がいると感じました。

DSCF4789.JPG

DSCF4792.JPG

そしてなんと今話題の「鬼滅の刃」をイメージした作品がありました!!!
シャツに書かれているキャラクターは制作者の方が書いたそうです。
写真には写ってないですが、実はズボンの右側のすそ部分にアニメのキャラクター「伊之助」(イノシシを被ったキャラクター)のワッペンがあり、制作者の鬼滅愛を感じました。

DSCF4804.JPG

展示後は教室の先生にプレゼントされるみたいです。

つづいて木目込(きめこみ)です。木目込はおがくずで固めた人形の胴体に着物の生地を体のラインに合わせながら、こてや、ボンド、のりを使いながら張り付けていく作品です。
丁寧に作られていて、人形一つ一つに魂が宿っているのを感じました。
DSCF4793.JPG

DSCF4803.JPG

組紐は、糸を紡ぎ合わせて、一つの紐にするのですが、組み方や色遣いでさまざまな紐が作れるので、作者の個性が出ていて
奥深さを感じました。また、ストラップやループタイなど生活に使えるものもあり身近に感じました。
DSCF4794.JPG

絵画では、風景画、自画像などがありました。風景画の中には門真市立文化会館大阪城と身近な風景を切り取った作品もありました。
とても繊細に書かれていて、どれも素晴らしかったです。
DSCF4814.JPG
DSCF4809.JPG
DSCF4805.JPG

着付けではマネキンに参加者のお家にあった着物を着付ていました。どれも色鮮やかで、キレイでした。
DSCF4810.JPG
DSCF4812.JPG
DSCF4811.JPG

手編みではセーターなど手編みならではの温かみを感じました。
DSCF4801.JPG
DSCF4817.JPG
DSCF4818.JPG

どの作品も作者の方の想いが詰まっていて見応えがありました。昨年はコロナの影響で開催ができなかったのでより作品制作に力が入っているのではないでしょうか。

皆さんもチャレンジしてみてはいかがでしょうか

6月12日には民謡・民踊などの芸能発表会がルミエールホールで行われるのでこちらもお楽しみに









posted by FM-HANAKO at 15:11| 大阪 ☔| Comment(1) | もりかどトピックNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昨日は雨の中、取材に来ていただきありがとうございました。ひとつひとつ細やかに観賞していただき講師の先生方に丁寧にお話し聞いていただき感謝しております。芸能発表会の案内❗️細やかなご配慮重ね重ねお礼申し上げます。
今後共文化協会をよろしくお願いいたしますm(._.)m
Posted by 勝川喜美子 at 2021年03月22日 08:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。