2021年10月04日

栗♪藤田明美です^^

いろんな幸せみーつけた
「今年も『孫の誕生日』と『敬老の日』のお祝いを
  娘の家でにぎやかにしてもらう予定です」
        by 喜美子さん
            9月20日にいただきました

先ずは
10月からも「しあわせ歌BOX」担当させていただきますので
宜しくお願いいたします

さて今日の「いろんな幸せみーつけた」の喜美子さんからは
こんなメッセージもいただきました。
「『孫のお誕生日』と『敬老の日』が近いという事で
今年は23日の「秋分の日」にしてくれます。
ちょうどお彼岸の中日なので母との思い出がつまった
あんこときな粉のおはぎを作って持っていきます。
おはぎは私が小さい時
おやつに母がよく作ってくれました」と。

9月23日は楽しいお祝いの時間だったのでしょうね。
その場所にお母さんとの思い出のおはぎもあって
天国のお母さまも喜んでいらっしゃったと思います。
お孫ちゃん!喜美子さんご夫妻!おめでとうございました。
そして
喜美子さん!
「いろんな幸せ」ありがとうございました


皆さんもお気軽にご参加ください。
オープニングに入りきらない幸せは
その中の10秒くらいの部分を私が抜粋して
他の部分はメッセージとして紹介させていただきます。
もちろん10秒くらいのだけの「幸せ」もOKです。

ご紹介は
翌週以降待っていてくださいね。
幸せの大きさは問いません。昔の事でもいいですよ〜
大きくても中っくらいでも、小さくても、誰かのしあわせでもOKです。
「幸せ」送ってくださる方は
私がわかる様に「幸せコーナー」と書いてくださいませ。
「幸せコーナー」と書いていただければ内容に
「幸せ」の言葉が入っていてもいなくても大丈夫です。
皆さんの「幸せ」もよろしくお願いいします


それでは今日の私の話は「栗」です
最近スーパーなどで「生栗」よく見かけるようになりましたね。
「栗ごはん食べたいけどめんどくさいなあ〜」と何度か通り過ぎましたが
「季節に1回は作らないと」と「エイヤー」と「生栗」約1キロ買いました↓
                 IMG_2920.JPG
一晩水につけて次の日包丁で「鬼皮」を剥いて
「渋皮」付いた状態の栗(写し方が悪くかげになってる所あり💦)↓
    IMG_2921.JPG
そしてこの「渋皮」もむいては虫食いの所はとって、       
水につけて「あく抜き」するまで約1時間半↓
      IMG_2922.JPG

私の手が遅いだけでみんなもっと早いんかな?やっぱりしんどかった
そして3合のお米でいつもの水加減と同じところに
塩とお酒少し入れてスイッチオン!!

やっぱり炊き立ては美味しかったあ。家族も大満足!!
  IMG_2925.JPG


同じ日、
友達から「栗のおやつ」をいただき我が家は「栗栗デー」
            IMG_2924.JPG
食後、いただいた栗は
大きくて甘くて美味しかったので
「どうやって作るか?教えて」
と電話で聞きました。「手間暇かけて作ってくれてんね〜ありがとう!!」
と言うと同時に私はすぐ友達に「自分では作れない宣言」
作ってみようかな?と思われた方の為に〜
この甘い栗「渋皮煮」っていうんですね。
その友達の作り方ざっくりご紹介

1,生栗を水に2晩つけて「鬼皮」を剥く。
渋皮は傷つけないように。


2,鍋に栗がかぶるくらいの水と粉の炭酸を入れ
約30〜40分、渋皮栗が踊らないように
キズがつかないように弱火で炊く。
傷がつくと栗の形がくずれる

3,すると渋皮についている「すじ」が
勝手にめくれてくる。
水を取り替えこれを2回繰り返す。

4,これでとり切れない「すじ」は
手で一つひとつ渋皮に傷がつかないようにとる。

5,「すじ」をとり
綺麗にになった「渋皮」がついた栗に
かぶるくらいの水と好みの甘さの砂糖を入れる。

6,煮汁が少なくなってきたら
ハチミツを入れ、
テリをつけて出来上がり!!
 



くずれた実もご飯にいれたりスプーンで食べたりして食べるとの事でした。
遠くに嫁いだ娘さんや娘さんがお世話になっている方の為に
また1キロ買って「渋皮煮」を作って冷凍して送ってあげるそうです。
まめな友達の爪のあか煎じて
飲ませてもらわなあかん私です💦💦

なぜかというと
教えてもらった「渋皮煮」は私には作れないし
「栗ごはん」もこの秋もう作らないし、
もし栗を買ったとしても
蒸して半分に切ってスプーンで食べる
と決めているからです(笑)

先ほど
「作り方」の中で「くずれた実」と申し上げましたが
農林水産省の「栗のトリビア」によると
トゲトゲの「イガ」が「皮」
「鬼皮」が他の果物にあたる「果肉」
「渋皮」と美味しいと食べている「中身」は「種」
だそうです👂
私は知りませんでした・・・

せっかくですから
「栗のトリビア」興味のある方は
「農林水産省・栗」と検索すると
ご紹介した以外にこんな紹介がありましたのでどうぞ👀

・1つのイガには通常3個の栗が入っている
・栗の木は枕木に利用されていた
・モンブランと栗は、関係ない
・丹波栗は江戸時代の参勤交代で全国に広まった
・日本一の栗は山形県にある

それでは来週の月曜日までお元気で〜
posted by FM-HANAKO at 22:04| 大阪 ☀| Comment(0) | しあわせ歌BOX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。