2022年04月11日

菊の挿し木♪藤田明美です^^

いろんな幸せみーつけた
  3/28にいただいた「守口ばあさんの幸せ」です
   「3/16に東京で大きい地震がありましたね。 
     娘夫婦から揺れたけど家具等も倒れなくて
      怪我もなく無事だったと聞いてホッとしました」

今日の「いろんな幸せみーつけた」は
「守口ばあさん」からでした。
「いろんな幸せ」ありがとうございました。

皆さんからの「幸せ」も募集中です。
「幸せコーナー」とか「幸せ」とか書いて私がわかるように送ってくださいね。
今日の守口ばあさんのように
10秒くらいの「しあわせ」だけでも大歓迎!
冒頭に入りきらない幸せは「幸せメッセージの続きです」としてご紹介します。
自由に皆さんに受け取って頂くために
私の感想はひかえさせていただきますね。

それでは今日の私の話「菊の挿し木」です。
母から「新芽伸びてきたからぼちぼち挿し木せなあかん」と言われ、
今年も母と主人と3人で昨日がんばりました。

今回私たちが一緒にするのは3年目・・・
主人は母の指示が無くても何をしないといけないのかわかっているみたいですが
私は今年も「指示待ち人」。

土曜日に母は
「挿し木」するビニールカップに
今年「挿し木」するために昨年作っておいた油かすと苦土石灰を混ぜた土に
赤玉土混ぜたのを入れてくれていました。

昨日は私達が朝の用事をしている間に
母は咲いた後の菊の新芽を15センチ位切って
少しずつ束にして
水をはったボールにつけてくれていました。
(切り口が水に浸かるように)
ここから私たちも参加。
指示待ちの私は「何しよ?」から聞き、
母から「切った後の植木鉢の土をシートの上に広げて〜」と言われ、
スコップで土を出そうとしたら
シートの外に土が飛び出して
いきなり「何やってんのん?」と大笑いされました。
ほんまどんくさい私に
「鎌で出す方がやりやすいよ」と教えてくれ
それからうまく出せるようになりました。

根や石や水はけのネットを取りのぞいた土は
乾かし肥料を混ぜて来年の土になります。

次に私は空っぽになった植木鉢、石やネットも洗い、根だけ捨てます。
母は根についた土も丁寧にとってくれるんですよ。

いよいよ、ボールに2〜3時間つけてくれていた「新芽」を
ビニールカップに挿していきます。

先ず15センチ位に母が切ってくれていた新芽を
10センチくらいに花ばさみで切って、
ビニールカップの土のまん中に
棒で穴をあけたところに新芽を挿して土をよせます。

挿した後は手で水を受けて優しく土を濡らしていきました。
葉がしっかりして来たら根が付いた証拠で、
だいたい1か月後くらいに植木鉢に移し替えるそうです。
ビニールカップの新芽には
優しく水やりを欠かさず、日陰に置いておく。
又、強い風が当たらないようにと教えてもらいました。

それにしてもこれだけのことを
3年前まで一人でしてきはった母に
今年も「すごいなあ」とほめたたえました(拍手)
秋にどんな色の菊が咲くのか今から楽しみです。

ちなみに「菊の挿し木」のやり方は
自己流だと申しておりましたのでお伝えしておきます。

今日の1枚はこれ↓
IMG_2945.JPG

母が新芽を切った後の植木鉢。
植木鉢から土を出す前。

「この菊は赤でした」とわかるように
葉っぱに赤いひもを巻いてはります。
それをみて
水につけたボールの「新芽」が
「赤」とわかるようにしてくれていました^^
posted by FM-HANAKO at 20:52| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | しあわせ歌BOX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック