2008年02月03日

2200人で節分ロールまるかぶり

2月3日(日)守口市民体育館で大阪エヴェッサの試合が行われ、ハーフタイムに来場者全員で節分ロールのまるかぶりが行われた。

一昨年、昨年と大阪エヴェッサの試合のハーフタイムで行われている、恵方寿司のまるかぶりだが、今年は寿司を節分ロール(ロールケーキ)に変えて行われた。

午後2時から始まった大阪エヴェッサ対大分デビィルズ戦だが、第1クオーターは大分デビィルズのリードで始まった。

eIMG_5006.jpg

しかし、第2クオーターはマットロティック選手の活躍で大阪エヴェッサが逆点し、ここで、ハーフタイム。
btと共に、この日来場の観客人およそ2,200人が恵方の南南東に向かって一斉に節分ロールにかぶりついた。

eIMG_5017.jpg eIMG_5029.jpg

後半は第4クオーターに大阪エヴェッサが34得点をあげて一気に突き放し、82対65で勝利。
地元守口市民体育館での試合は前日の試合に続いての2連勝となった。
マン・オブ・ザ・マッチは27得点のマット・ロティック選手。

節分ロールまるかぶりで縁起を担いで、ますます大阪エヴェッサはブーストアップ!!
シーズン三連覇に向けて着実に進んでいる!!
posted by FM-HANAKO at 17:30| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | もりかどトピックNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック