2018年04月23日

ハナコライブ報告♪藤田明美です^^


相田みつを 今日の言葉   

「道 

  歩くから道になる

   歩かなければ 草が生える」✨





それでは早速

4月21日(土)FMハナコ主催
「手作り市・フリーマーケット×LIVE」

ライブに出演させてもらった報告です


先ずは
来て下さった皆さん!!


本当にありがとうございました😃



さて

私たち「び〜ず」も皆さんと同じように

「バンド名」「自己PR」「自分たちの演奏した音源」などを添えて。

ハナコのホームページから申し込みました。

ハナコで審査があって
本番の1か月前くらいに
出演できるかどうかの返事のメールが来ます。


出演が決まってからは嬉しくて嬉しくて・・・

でも不安もいっぱい。

野外は学生時代以来ですから

21日当日は

声だしを兼ねて

「カラオケBOX」で練習、

京阪百貨店でお昼ご飯を食べいざ会場へ。

先ずお邪魔したのは「手作り市とフリマ」の会場。

リスナーの「ほり助」さんの「ハンコ」見っけ〜👀

自分で体験して作ることも出来たのですが

時間がなかったのでほり助さんが掘られたのを購入、

もみじの木に1文字「字は何がいいですか?」

と聞かれたので「しあわせ歌BOX」の「しあわせ」

「幸」に決めました。

みんなに幸せを運んでくれそうな

あったかいハンコでした


そして我らがパーソナリティ仲間の

南野智香ちゃんと倉田かなちゃんの手作りの店、

「chikana~'s」(ちかなーず)にもお邪魔して

お金が貯まるという通帳入れと大きめのポーチをゲット。

器用な二人尊敬します

  一緒に記念写真です
     IMG_3771.JPG
     
     

     

他の店や「フリマ」もゆっくり見たかったのですが、

準備に行かなければならない時間がきたのでステージ横へ。

ギターのチューニングや譜面立ての組み立てなど。

舞台にあがってからは

音の調整をしてもらうのとリハ入れて約15分。


そして本番

番組のアシスタントをしてくれている
「ももちゃん」が司会
さわやかに紹介してくれました

      
全員血液型がB型の「び〜ず」でーす↓
    IMG_3773.JPG

「私の不安が的中!!」
曲の途中ですっごい風が吹いて

譜面立ては倒れなかったものの開いているページがめくれ

音の高さを変えるカポが飛んでいき

「どうしましょ?」
お客様からは譜面がめくれて
今演奏している譜面の曲と違うのは
わからなかったと思います。

私は見えない汗かいてました

(今日番組にいただいたメッセージではページがパラパラめくれるのは

見えていたそうです^^;)

違う曲なのでギターコードを自信をもって弾けない部分もあり

自信のない時はギターを弾きませんでした。


これはギター教室の先生の

「誰かがちゃんとした演奏をしてくれてるから

変な音を出すより弾かない方がいい」

という教えからでした。

後で録音したのを聴いたところあまり目立ってなくて良かったです
「ホッ!」

出演終了後は

「宮下賢一」さんのステージを
客席から楽しませていただきました

       IMG_3775.JPG
       

さすがの演奏と歌声でした

演奏が終わられてから宮下さんところへ行き

「最高でした!!ところでギターをチューニングするためにつけている

『チューナー』

電池変えたてだったのに見えなかったんですがどうしたらいいですか?」

と聞きましたら、

「デジタルは野外見えにくいですね。

しっかり舞台袖でチューニングして出ます」との事。

野外でも見られる『チューナー』あるかも?

と楽器屋さんも教えてくださいました。

こういう情報がいただけるのはありがたいです


メンバーの二人は

「皆さんあったかい人ばかりやし、

野外も気持ち良かったわあ」と大満足!



私は少し怖くていろんな事クリア出来てから

又いつかチャレンジしたいと思っています。

がんばるぞ〜!!

守口市駅前
「手作り市・フリーマーケット×LIVE」
次回開催が決定しています

        5月19日(土)
        6月2日(土)

たくさんの方の
お申込みよろしくお願いいたします


それでは来週の月曜日までお元気で〜
続きを読む
posted by FM-HANAKO at 22:53| 大阪 ☁| Comment(1) | しあわせ歌BOX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月16日

「ほうき」と「ハナコライブ」♪藤田明美です^^

相田みつを 今日の言葉   
「感動とは
   感じて動くと書くんだなあ」✨

今日の言葉は
現在、相田みつを美術館で
開催中の企画展「言葉と筆をつなぐもの」
展示されている作品の一つです。

相田みつを美術館は東京都千代田区丸の内
東京国際フォーラム地下1階にあります👀
月曜日が休館日、
今回の企画展は6/3(日)までです。
                      

今日の私の話
1つ目は
「ほうき」
です。
なんのこっちゃ?と思うでしょ!
母が「昔、飛騨高山で買った箒を買いに行きたい」って言うので
13日の金曜日、おばたちも一緒に「飛騨高山」に行って来ました。
普段は母やおばたちと出かける時は土日は混むので
平日に出かけることが多いんです。
「飛騨高山」まで片道約4時間と知り、
「さすがの私でも休憩しながらでもちょっと自信ないわ」
と主人に一緒に行ってもらう事にしました。
「飛騨高山やったら1泊やろ?」と言うので
母に聞くと「泊りはたいそうやから嫌」との事。
夜中の3時に起きて朝6時出発、
主人と交代で運転して日帰りで行ってきました🚗
高山到着は休憩しながらだったので11時頃、
車を停めて
ちょうど高山陣屋の前で朝市をしてたので
母たちはお餅やお漬物などを買って
「昔ながらの箒売ってるとこ知りませんか?」と行く店、
行く店尋ねてました。
      IMG_3708.JPG
お昼ごはん食べたところでも尋ねたところ、
「陣屋の近くの○○というお店にありますよ」
と教えてくださいました。
なんという幸せごはんの後、さっそくそのお店へ。
残念ながら
母が探していた箒ではありませんでした

でも、桜は満開だったし色々買い物出来たし、お昼ご飯美味しかったし
歩きながら高山団子食べたし大満足
有名な赤い橋の前でも記念写真撮れたし↓
         IMG_3747.JPG
行きしな「なんとトンネル多いな」と言ってた所、帰りの車の中、
叔母の一人が数え始め結局大阪帰るまで
約48のトンネルをくぐって帰ってきました🚗
そうそう箒の事
高山に行く前、主人が「京都に老舗のほうきやさんあるで」と調べてくれてたのですが
母が「飛騨高山にしかない」と言ってたのでお店に尋ねもしなかったんですが
帰った次の日そのお店に電話をすると年配のご主人らしき女性が
「昔はあったんどすけど
もう作る人がおらへんから。すんまへんなあ」

丁寧に対応してくださいました。
ネットでも探して母に見せましたが「違う」との事で
あきらめたようです
母の「ほうきへのこだわり」のおかげで
おばや私たちも「飛騨高山の満開の桜」
に出逢えてラッキーな1日でした

      こんなでした↓
         IMG_3752.JPG
          

2つ目は
「ハナコライブ」
今週の土曜日4/21
FMハナコ主催のイベント
「手作り市・フリーマーケット×LIVE」

京阪電車 守口市駅前で開催されます。
午前10時〜午後4時までです。
 
       このイベントのチラシです↓ 
    手作り市&フリーマーケットポスター2ブログ用.jpg
     手作り市&フリーマーケットチラシ20180421&0519&0602.jpg
「ライブ」
今年年始の私の目標
おばちゃんバンド「び〜ず」で
このLIVE に出演すること

掲げてました。
やっと念願かなって
午後2時半から3時出演させてもらいます

私たちが尊敬する宮下賢一さんは3時15分から。


今の私の気持ち
嬉しくて嬉しくて
でも初めての野外・・・
不安で不安で
是非皆さん応援に来て下さい!!
ライブの前はドキドキしてるので
ライブが終わったら声かけてくださいね
皆さんとお会いできるのも
とっても楽しみにしています

ライブの司会
私の番組でもアシスタントをしてくれてる
ももちゃん!!

「手作り市」では

「さわやかワイド824」のパーソナリティ
南野智香ちゃんや倉田かなちゃんのお店
「チカナーズ(ほんとはアルファベット)」
今日リスナーの
「ほり助」さんもハンコで出店されることを
番組へのメッセージで知りました。
私が知らない方々も
愛情たっぷりの手作り品出されると思います

「フリマ―ケット」でも
掘り出し物がいっぱいあると思いますよ👀

詳しくは
4月10日のこのハナコのスタッフ日記を見てください。
タイトルは
4月21日(土)
『守口市駅前 手作り市・フリーマーケット×LIVE』
ライブの出演者、出演予定時間などが書いてありますよ👀

10時半頃には
ハナコラジオが当たる抽選もあります
(FM はハナコに周波数が合っていて合わせる必要がありません。
AMも聴けますよ)

とても暑くなりそうです
お化粧が流れ落ちないように壁塗りたくっていきまあす(笑)

それでは来週の月曜日まで
イヤイヤ
今週の土曜日までどうぞお元気で〜




posted by FM-HANAKO at 22:17| 大阪 | Comment(6) | しあわせ歌BOX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月03日

大阪ダックツアー♪藤田明美です^^

相田みつを 今日の言葉   
「出逢い
  いつどこで だれとだれが 
    どんな出逢いをするか
        どういうめぐり逢いをするか 
          それが大事なんだなあ」✨

出逢いの月、
4月からもこの番組担当させていただきますので
よろしくお願いいたします
又相田みつをさんの言葉も
引き続き使わせていただきますのでお楽しみに!!
現在
相田みつを美術館では
企画展「言葉と筆をつなぐもの」開催中です

大阪ダックツアー」の話
毎年オーストラリアにお嫁に行った友人
亡くなったお母さんの命日辺りに
毎年帰ってくるので、彼女に会いたく友人たちが集まります

ちょうど桜のきれいな季節なので
毎年「お花見」に行きます
今年は
天満橋、川の駅「はちけんや」が発着場所になっている
「大阪ダックツアー」でのお花見に行ってきました。

幹事は毎年私が喜んでやらせてもらうのですが、
今回「び〜ず」も参加したチャリティライブ♪に
彼女をはじめ来てくれた友人たちに
「捻挫と肋骨ヒビ」の事を伝えると
「当日の幹事は任せて」と言ってくれたので甘えさせてもらい
参加だけして来ました。

この「大阪ダックツアー」。
私は主人の母とずいぶん前になりますが行った事があります。
このバスは
屋根はありますが窓もクーラーも暖房もありません。
車窓からの見学になります。
  IMG_3656.JPG
その時は夏で汗をダラダラかきながら
御堂筋の方も行き時間ももっと長かったです。

私たちが行った昨日はお花見ベストシーズンで(4/1〜14日)
コースも時間も短くなり料金も少し安くなっています。
みんな乗車しシートベルトを「カチャ!」
添乗員さんのトークがすんばらしく面白い!!
日本女性ですが名前は「キャサリン」。
席は決まっていて私たちは後ろの方にかたまって座ってました。

「キャサリン」がいきなり私たちに「AKB48の皆―さん!」
私たちも「はーい」。
一気に彼女のファンになりました。単純な私たち

「はちけんや」を出発したバスは大阪城、太閤園を過ぎて桜ノ宮公園へ。
運転手さんから船長さんに交代し
公園のスロープを降りて「スプラッシュ!イン!」
「ばっしゃーん!!」
川の中に入ったところ↓
   IMG_3666.JPG


ここからは船でのお花見、大川沿い約4800本のソメイヨシノ
や造幣局などを見ながら
     IMG_3670.JPG
再び桜ノ宮公園へ↓
     IMG_3679.JPG
大阪城などをみながら再び「はちけんや」に帰ってきました。
最初から最後まで笑わせてくれた
「キャサリン」最高でした



友人たちは「よえ!次の仕事見つかったね」といわれ、
「キャサリン」に対抗する名前をみんな好き勝手につけてくれました。
そして食事から参加の友人が来て
この最高に面白かったキャサリンの名前を連発していると
「写真見せて」
「十三でお店されてたママさんが同じ名前でお顔も似てる。
よえみたいな雰囲気の人やろ?」
「十三のお店があの大きな火事で無くなり
それから会えてないねん。会いたいわ。」との事。

「よっしゃ!つながりあるか?調べてみるわ。
行き詰ったら『探偵ナイトスクープ』に依頼しよか?」
で会は終わり!
もしここがつながってたら

「出逢いの不思議」を感じますよね〜

それでは来週の月曜日までお元気で〜
posted by FM-HANAKO at 00:01| 大阪 | Comment(5) | しあわせ歌BOX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月26日

骨髄バンクチャリティーライブ♪藤田明美です^^

相田みつを 今日の言葉   
「イキイキはつらつ
     感動いっぱい いのちいっぱい」✨

それでは早速
先日「クロスビート本町」で行われた
「骨髄バンクチャリティ-ライブ」の話・・・
先週お話しした通りわたくしめは
捻挫と肋骨ヒビのため
「これからはバタバタしません。気をつけます」の言葉と引き換えに
娘に車で送り迎えしてもらい参加してきました

今回の参加メンバーから(私たちも初めてですが💦💦)

トップバッターの「骨髄バン子と愉快な仲間たち」
「骨髄バン子」さんは今年2月、
ハナコでもおなじみのと言っても私は初対面でしたが・・・
落語家澄川白舟さんに弟子入りし、
現在「澄川 白バン子」という名前

ラジオパーソナリティとしても活躍されています

「骨髄バンク」が連想できるこの名前は
「『骨髄バンク』の事を
知ってもらうきっかけになるから」
と、
白舟師匠に命名してもらったそうです。

ライブ後、白バン子さんに色んなお話を伺え、
「ラジオで紹介してもらっていいですよ」と言ってくださったので
お話しさせていただきます

お嬢様は現在高校2年生、
看護師を目指してがんばっていらっしゃいます
彼女が小学3年生のとき「再生不良性貧血」という血液の病気がわかりました。
血液を正常に作り出せないこの病気を治すには「骨髄移植」しかありませんでした。
病気が発覚した際、白バン子さんは目の前が真っ暗になったそうです。

「骨髄移植」とは、骨の中にある血液の元となる細胞
「造血幹細胞(ぞうけつ かんさいぼう)」を
ドナーさんから提供いただき、患者さんに輸血することを言います。
ただ、「骨髄移植」には「HLAと言われる白血球の型」を合わさなければなりません。
A型・B型・AB型・O型のように、赤血球の血液型があるように、
実は「白血球」にも型があるそうです。
「白血球の型」は
赤血球の4つの型とはちがい、数万通りあり、
兄弟間では1/4の確率で一致するのですが、
親子でも半分しか一致しないそうです。
さらに、家族以外では数百から数万分の一の確率になってしまうそうです。


ラッキーなことに当時4才の弟さんの「HLA(白血球の型)」が適合したそうです!!1年後に「抗がん剤治療」と弟さんからの「骨髄移植」によって
お嬢様は元気になられました

ドナーになった弟さんもライブ会場でお手伝いしてくれてましたよ。
お姉ちゃんを助けたヒーローも
4月から中学生だそうです。おめでとう

病気がわかった当初、白バン子さんはご自身も障害がある中
女手一つでこの子たちを幸せにするために
自分が頑張るのはもちろんヘルパーさんを始め
色んな方々に助けてもらおう。
みんなで育ててもらおう
」と決めたそうです。
それからすごく力がわいて来て、
全てを明るい方向で考えられるようになったという事でした。

白バン子さんは
「骨髄バンク」についてもっと知ってもらいたい。
「家族間の場合は、
 子どもでもドナーになれることを知ってもらいたい」
「重いテーマを明るいテーマとして
 とらえてもらいたい」

プロレス会場に出向いたり、ライブなどの会場で歌ったり、
今回は三線に合わせて懐メロや昭和歌謡などを熱唱されていました!
       IMG_3623.JPG
          右の可愛い女性が澄川 白バン子さんです
          今日の番組のオープニング曲は白バン子さんが歌われた
          ♪「銀座カンカン娘」(高峰秀子さん)にしました
     

2番目登場は虹色音楽館♪信時一智(のぶとき かずのり)さん。

梅田のHEP前で路上ライブをやっていた時、
赤十字社の献血車と「献血にご協力お願いします」という赤十字の方の必死な姿をみて
「自分にも何か出来ないか?」と声をかけ、
今では、HEP前で赤十字社の許可を得て
毎週日曜日の午後に献血の呼びかけライブをされています。
今は、若い人で献血される方が少ないそうです。
そういった若者に積極的に献血に行ってもらおうと、活動しておられます。
また、献血ルームとコラボして献血ルーム見学や
献血の疑似体験ができるキッズ献血のボランティアなどされているそうです。

3番目の「えーゆにっと♪」さん!このバンドが
今回私たちに声をかけてくださいました。
旅行会社にお勤めの二人!!
会社の後輩のお兄さんが血液の病気で戦っている中、
「自分たちに出来る事は何か?」と考え
「骨髄バンク・臍帯血バンク・献血の大切さ」を
家族で一生懸命訴えていらっしゃる後輩の姿をみて、その方と共に、
「自分たちの好きな音楽で出来ることはないか?」
という事でチャリティライブを企画したそうです。

この日も後輩の方のお子さんたちが
「届け!関西からいのちのバトン」の缶バッジを配ったり、
募金箱を持って協力を呼び掛けていました。
   出演者もこの缶バッジをつけて演奏しました↓
        IMG_2491.JPG

「えーゆにっと」さんの歌?
もちろん素晴らしいギターとベースの演奏で
業界ネタのオリジナル曲、すっごく楽しかったです

そして私たち「び〜ず」
      IMG_3649.JPG

     オーストラリアに嫁いだ友達は↓
      このライブに間に合うように飛行機の時間を変更して来てくれました
        入浴剤のバラの花1輪まで
            記念写真です↓  
               IMG_3643.JPG
      
続いては「宵待喫茶」さん。
ナイスなギター演奏に合わせてそれはそれは美しい
「お姿」と「歌声」癒されました。
「今回声をかけてもらった事で『骨髄バンク』の勉強をして、
また献血の大切さ・命の大切さも改めて知りました」
とおっしゃってました。

6番目ラストに登場は「Sun moon Package」(サンムーンパッケージ)さん!
ピアニカとギターのお二人は会場を
一気にあったかい空気に包んでくれました。
「エンターティナー」という表現がぴったり!!

ラストは全員で「カントリーロード」の大合唱!!
参加させてもらって本当に良かったです。
今回のチャリティの寄付先は

1、日本骨髄バンク 2、関西骨髄バンク推進協会 
3、京都大学IPS細胞研究所
4、大阪府赤十字血液センター
と主催者からご報告がありました。

続いて
今日番組後半で紹介させていただいた「骨髄バンクの登録の方法」など
書かせていただきます

今回のチャリティライブのチラシの片面には
「勇気とやさしさが、いのちを救います」と大きな文字。
そこには「骨髄バンクドナー登録」について紹介されています。
改めてハナコのスタッフルームの前に置かせていただきましたので
どうぞお持ち帰りください。
そしてご自身の大切な方や身近な方にお伝えください。

では今回色々教えていただいたことをお伝えします。

先ず「骨髄バンク・ドナー登録の流れ」について。
「ドナーとして登録できる人の条件」は
骨髄、末梢血幹細胞の提供について内容をしっかり理解した
18歳以上54才以下の健康な方で
体重が男性45kg以上、女性が40kg以上の方です。
ちなみに、提供は20歳〜55歳までだそうです。

ところで
「骨髄」って皆さんご存じですか?
「骨髄」とは、
「造血幹細胞」という血液の元になる細胞の事です。
実は血液って、骨の中で作られているんですね。
血液の元となる血液「造血幹細胞」は
赤血球や白血球や血小板を作り出し、その血球が血管の中を巡っています。
また、造血幹細胞はアメーバのように自己増殖をするそうです。

「骨髄提供」はドナーさんの腰の骨(腸骨(ちょうこつ))から
直接、骨髄を採取します。
採取には全身麻酔をしますので、痛みは全くないそうです。

では、「末梢血」とは何のことかわかりますか?血管の事です。
「末梢血幹細胞提供」というのは、
腕の血管からから成分献血のような原理で「造血幹細胞」を抜き取る事です。
ただ、血管の中には普段はほとんど「造血幹細胞」は存在しませんので、
「白血球を増やす薬」を事前に注射しおきます。
すると、血管に「造血幹細胞」があふれ出て来るので、
そこで、成分献血のように採取するそうです。こちらの方法は麻酔の必要はありません。

提供の仕方については日本骨髄バンクへお問い合わせください。
電話03-5280-1789です。

どちらもドナー登録の方法は同じです。
献血ルームや一部の献血バスでも登録が出来ます。
献血する際でも大丈夫ですし、登録だけでも出来ます。
わずか「2mlの血液の提供」と登録用紙に記入することで登録ができます。
HLAという「白血球の型」はコンピューターによって登録されます。
 (この段階で登録完了でドナーカードが交付されます)
登録はわずか15分ほどです。是非ともたくさんの方に登録して頂きたいと思います。


提供に関しては、患者さんのHLA「白血球の型」と適合したら連絡があります。
ただ、その時のお仕事や家庭の事情により、お断り頂くことは可能です。
「登録したら、提供しないといけない」と
思ってらっしゃる方が多くいらっしゃるようです。
もちろん事情は考慮されますので、ご安心下さい。

提供の意思がもしありましたら、
「骨髄」「末梢血幹細胞」の提供承諾などの確認があります。
立会人のもと、
ドナー候補者の最終的な提供の意思が確認され家族の同意も必要となります。

さて、一番間違われやすい質問の一つ。
骨髄は脊髄と全く関係ないものであること。
骨髄は
太い神経がある脊髄とは違い、
骨の内部に存在する組織で骨を削ったりはしません。
正しい知識を持たなくてはいけませんね。
患者さんの約5割強の方はドナーさんが見つかり、
移植まで治療が進むそうですが、
まだ約半分の方は提供者が見つからないそうです。
オープニングでも言いましたが
白血球の型は数万通りあり、患者さんと一致する可能性は、
宝くじがあたるような確率とも言われています。
誰かわからない方のためにはなりますが、
いつかは自分や自分の大切な方のためになるかもしれない「骨髄バンク」
是非たくさんの方にご協力頂きたいと思います。

この機会に「骨髄バンク」の事をご自身でも調べてみて下さい。
「骨髄バンク」の冊子は「チャンス」という名前になっています。
たくさんの患者さんに
「生きるチャンスが届きますように」

という願いが込められているそうです。
資料請求は「日本骨髄バンク」のホームページからでもできます。
いまご紹介した「骨髄バンク」ドナー登録の他にも
出産時に採取する「さい帯血バンク」と「献血」へのご協力も
引き続きよろしくお願いいたします。」

とお話しくださいました。

それでは来週の月曜日までお元気で〜

posted by FM-HANAKO at 22:36| 大阪 ☀| Comment(6) | しあわせ歌BOX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月19日

トホホな私(;´д`)藤田明美です♪

相田みつを 今日の言葉   
「つまづいたっていいじゃないか
            にんげんだもの」✨


今日の相田さんの言葉は
相田みつを美術館で
13日からスタートした新企画展「言葉と筆をつなぐもの」より
ご紹介しました。

チラシの説明にはこんな風に書いてありました↓
「詩を作る時は詩を作るだけ。
書を書く時は書を書くだけ。
それが相田みつをの流儀です。
まず詩が先 書はその後です。
一編の詩が生み出されるまでには
推敲を重ねる長い時間が必要となります。
ようやく詩が完成した後に初めて筆をとるのです。
そして 今度は納得のいく書が書けるまで、
一日で書き損じが山となるくらい書き込みます。
その繰り返しの日々が続きます。詩と書は完全に分業です。
ではどうして詩を書にしたのでしょうか?
この企画展では言葉と書という二つの世界に生きた相田みつをの
独自の創作スタイルを改めてご紹介いたします」



相田みつを美術館は
東京都千代田区丸の内、
東京国際フォーラム地下1階にあります👀
今回の企画展は6/3(日)まで。


さて今日の相田さんの言葉じゃないですけど
相田さんは人生について「つまづいたって」だったんですが
私はほんとに階段でつまづいたんです。「捻挫」です
先週の水曜日の朝、お姉さんところの外の階段で「ぐねっ!」
でもそんな痛くなかったし昼から2時間ほど立ってなきゃいけないので
念のためシップを貼っておきました。すこぶる快調!
すると夕方からジンジン痛くなり腫れてきました
帰って母に言うと
「明美ちゃん!そら骨折れてるで。
お医者さん行っといで!」
と言われたので
晩御飯作ってから自転車でゆっくりいきました。あるところで、
信号を渡ったとたん自転車ごとこけました💦
暗くてチェーンがあるのがわからなかったんです。
近くにいた人が、どなたかとしゃべっていらしたのでしょう〜
「とにかく電話切るわ」と言って
助けてくださいました

「大丈夫ですか?」と言われ
恥ずかしいのもあって痛さがわからず
「大丈夫です。ありがとうございます」と言いましたら
「ところでどこ行かれるんです?」と聞かれ
「足捻挫したと思うので整形外科行く途中です」
というとちょっと苦笑い
「あほでしょ!」と自分でも笑ってしまいました。

病院で足首とあばら腹のレントゲンを撮ってもらい
結果足の方は外側の靭帯がのびてるので
シップして足を高く上げておとなしくしておいてください。
動かなきゃいけない時はシップをせずサポーターで固定して動いて、
動き終わったらシップを貼って安静に!
あばら骨はひどくないですけどヒビが入っています。
しばらくはシップで様子みましょう」との事でした。
「先生!来週ギター担いでライブなんですが
どうしても行かせてもらいたいんです」

このライブは
3/21(水・祝)
骨髄バンクチャリティライブ♪で
場所は堺筋本町下車5分
「クロスビート本町」
14時から18時。
私たち『び〜ず』は
16時ごろから30分演奏予定です
(ワンドリンク付き1500円)
「車で行ってバタバタしなきゃ大丈夫ですよ」
と言ってもらい一安心

帰って家族みんなに言うと「かっこ悪っ!」と大笑い!!
笑うと私が「いたたたた」とあばら骨をおさえたら
娘が「お母さん!私スノボでヒビが入った時使ってた
『トカちゃんクニちゃんベルト』あるよ。
巻いたらましやよ」と貸してくれました。「トカちゃんクニちゃんベルト?」
懐かしいと思ったら普通のお医者さんのサポーターでした↓
     色気のない写真ですが・・・
       IMG_2490.JPG
         黒い方が足首のサポーター(書かなくてもわかりますよね)
「トカちゃんクニちゃんベルト」わかります?
それをウエストに巻くだけで汗が出て
元ボクサーの渡嘉敷勝男さんやタレントの山田邦子さんが
ダイエットに成功したというものです。
私も買って使ってた一人です💦💦
全然覚えていないんですが。それを娘にあげたようです。
『トカちゃんクニちゃんベルト』はもうないという事でした。
最後に娘から一言
「お母さん!21日は車で連れてってあげるけど
年を自覚してバタバタせんと落ち着きや」

と言われてしまいました。
「その通り!!気をつけます。ありがとう!!」
どっちが親かわかりません(;´д`)トホホ

それでは来週の月曜日までお元気で


posted by FM-HANAKO at 21:18| 大阪 ☔| Comment(5) | しあわせ歌BOX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月12日

ボランティアの集い♪藤田明美です^^

相田みつを 今日の言葉   
「やれなかった やらなかった どっちかな」✨


今日は
月1回ボランティアでお邪魔している老人施設さんから昨日、
「ボランティアの集い」に招待してもらった時の話です。
他のボランティアさんとは顔を合わせることが無いので
嬉しいです
場所は実家があった旭区。京阪電車「森小路」で降りて、
旭郵便局前から「老人施設」さんまでは「市バス」。
待っていたら「あったかバス」とやらが来て
100円で乗せてもらえました。
下りたところは父とよく歌いに行った喫茶店
シャッターが閉まっていたんですが
懐かしくてママさんに会いたくて
お家のピンポンを押すと出てきて下さり
「いあ〜明美ちゃん久しぶり!!元気?」
十何年ぶりの再会でした。変わらない優しい笑顔
天国の父が会わせてくれたんだと思いました。嬉しかったわ。
お互いに元気なことを確認して
「老人施設」に向かいました。
玄関では色とりどりの手作りの花が
「感謝を込めて」「ボランティアの集い」
という文字と共に飾られていて、
    IMG_3587.JPG

白のブラウスに手作り蝶ネクタイ、黒のパンツスタイルの職員さんが元気いっぱい迎えてくれました

会場に入るといつもと配置が違う。
いつもは職員さんが劇などをして笑わせてくださる舞台があって
その前に見せていただく椅子が並べられているんですが、
今回は机18台とそれぞれにいすが並べられていました。
会が始まり施設代表の方のご挨拶、
私、もらい泣きしてしまいました。

許可を得ましたので一部ご紹介します。
「皆さんもうご存知でしょうが、
昨年職員の一人がお金のことで不祥事をおこしました。
お詫びの気持ちがいっぱいで皆さんにあわせる顔が無いので
今年はこの会を中止にしたいと思っていましたが職員が何度も私の所へきて
『不祥事は不祥事』『感謝の気持ちは感謝の気持ち』皆さんに伝えましょう』
と言われ、
職員のみんなの熱い思いに押される形で開催することにしました。
いつものような形では出来ませんが「和」「輪」をテーマ
みんなで手をつないで再生するという思い
やらせていただきますのでよろしくお願いいたします」
こんな事もおっしゃってました。
「私は傲慢になっていました。
何かをしてくださるから「感謝」ではなく
皆さんが私共とお付き合いしてくださる存在そのものに
「感謝」
だと気づきました。
本当に皆さんありがとうございます」とも。
最後に産経新聞の夕刊の「ゆうやけエッセイ」の中に掲載されていた
柴田トヨさんの「くじけないで」の中から「貯金」という詩を涙ながらに紹介されました。
家にこの柴田トヨさんの本がありましたので
皆さんにもご紹介します。
 
  貯金 
私ね 人からやさしさを貰ったら 心に貯金しておくの
 さびしくなった時はそれを引き出して元気になる
あなたも 今から積んでおきなさい 年金よりいいわよ

   代表の方のご挨拶
   何事も隠さず話して下さり職員さんとの絆で
   力強く前へ踏み出されている姿に感動し涙した私なのでした。

そのあとは空気ががらりと変わり職員さんが元気に登場!!

「輪」がテーマなので先ずはテーブルごとの「輪」。
ゲーム的な「自己紹介」から。
「昨日晩ご飯に○○を食べた誰それです」
次の人は「昨日○○を食べた誰それさんの隣の私は昨日〜を食べたペケぺけです。」
と自己紹介が足されて行き最後は担当の職員さんに戻りました。
若いだけに完璧に覚えてはりました
一気にテーブルは笑いと共に打ち解けました
そして「スケッチボランティアをご夫婦さているという方の乾杯の後
施設のキッチンスタッフさん達手作りのお弁当
       IMG_3590.JPG
        を配ってくださりお食事タイム。
春らしく彩りもきれいで美味しかったです
かわいらしいデザート、コーヒー
         IMG_3599.JPG
まで出して下さり愛にあふれてました

続いてクイズタイム。
テーブル担当の職員さんも入ってみんなで相談し1つの答えを出す。
めちゃくちゃ楽しかったです
     
これは前のボードでの答え合わせのシーンです↓ 
      IMG_3594.JPG
私たちは机に本物のマッチを並べて考えました。
3問中1問だけ正解!間違っても「わあ〜わあ〜」言って面白かったあ
続いてパズルクイズ
芸能人の顔の紙を16分割にしてあって
組み合わせて誰だか当てる!!
時間は10秒だけ
答えが「浅丘るり子」さんのとき
うちのチームは「IKKO」と答えを画用紙に書いて
上げたら大うけでした。うけると嬉しい大阪人
そのあとはアフリカの楽器、ジェンベ奏者による演奏
          IMG_3601.JPG
お目目はハートで隠しました
厚みのある音は心に響きました。
アフリカでは一生に1つ1本の木で作る「ジェンベ」を持ち、
喜びも悲しみも人生と共に太鼓で話すそうです
「ポリズム」は違ったリズム、例えば3拍子と4拍子を合わせ
1つの音楽にしていくという特徴も教えていただきました👂

最後は元気いっぱい職員の皆さんによる
ダンスパフォーマンス。

          IMG_3604.JPG
    拍手をしてましたら
「さあ!皆さんもご一緒に!テキトーで大丈夫!」
なかなかついていけませんでしたが一緒に踊るのは楽しかった
職員のみなさんの一生懸命さが伝わって来て
人生自分にも色んな事があったしこれからあると思うけど
「前向いて頑張っていこう!!」
と思わせていただいたひと時でした
改めて皆さん!!ありがとうございました

それでは来週の月曜日までお元気で
posted by FM-HANAKO at 22:21| 大阪 | Comment(5) | しあわせ歌BOX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月05日

「3月3日」と「お雛さまの第二の人生」♪藤田明美です^^

相田みつを 今日の言葉   
「しあわせは いつも 自分の心がきめる」✨


今日の相田さんの言葉は
東京都千代田区丸の内にある
「相田みつを美術館」で現在開催中、
「相田みつを 冬の時代」に展示されている作品の一つ。
以前も紹介しましたがチラシによると
「相田みつをには、気鋭の若手書家として
注目された時期がありました。
その頃さらなる飛躍を求めて東京に出ていくことを考えます。
しかし、悩んだ末に故郷栃木県足利市にふみとどまるのです。
「もしあの時上京していたら、
一瞬はチヤホヤされたかもしれないが、
自分には実力が無かったから、すぐつぶれてしまっただろう」
そう考えて、自ら“冬の時代”を選択します。
以来、作品が知られるまでには30年近い年月が必要でした。
とありました。
今回の企画展では
冬にまつわる作品を多数展示し、
相田みつをにとって「冬」とは何だったのか?
なぜ冬の時代が必要だったのかを探る企画展
になっているそうです。
いよいよこの企画展も3/11(日)まで!!
                       
タイトル1つ目・・・
我が家の今年の3月3日 
その日は親せきが集まって法事があり、
私の祖母と父の17回忌でした。
思い出せば祖母の方が具合が悪かったのに
私たち姉妹が父を見送るのを待っててくれ、
1か月後に祖母は旅立ちました

集まったのは21人・・・
(祖母からすると子、孫、ひ孫)
法要の後、お食事会
ここでも誰にも頼まれてないのに司会をし
「それではまずは乾杯!!」
「ちゃうちゃう献杯や〜」
と総突っ込みされました(笑)
そして
二人の思い出を聞いてまわりました
「おばあちゃんのぼたもち美味しかったなあ」
「顔みたら『食べ食べ』。お腹いっぱいでも『若いからたべられる』」
「お母さんとはええ思い出しかないです」(お嫁さん達)
「お兄さんにはいろいろ連れていってもらったわ」
(父は一人息子だったので兄弟が出来たようで喜んでいました)
「カラオケで歌ってるお兄さんが目に浮かびます」などなど。
楽しい法事というのも変ですけど
父の遺影の前で「家族揃って歌合戦」に一緒に出た
いとこも来てたので、
アカペラで1回戦の歌「ラブユー東京」を歌いました
こんな親戚の集まり大好きです

前日、
娘に「今年は押しずしとか作られへんから法事の帰り
手抜きやけど京阪百貨店寄って
チラシ寿司とひなケーキででお祝いしよな」
と言いましたら、
法事は行くけど後は友達と約束してるからあかんわ。
ケーキは明日の朝食べるからゴメン!」との事。
母に「主人公おらんけど
お雛さん可愛そうやから両方買って帰るわ
と言って出かけました。
で!予定通り帰りに京阪百貨店に寄ると
なんとお姉さんや姪夫婦とバッタリ!!
「うわ〜!ええとこで会ったわ。一緒にうちで
お寿司とひなケーキ食べてくれへん?おすましくらいしか作らへんけど」
と誘ったら気持ちよく来てくれ母も大喜びでした
今年もがんばってみんなで飾ったお雛さんも喜んでくれたと思います
   IMG_3564.JPG
  袋から出してとりあえず並べる。
   さすがプロのチラシは美味しかった
       IMG_3565.JPG
     ケーキもなんて可愛いでしょ

タイトル2つ目・・・
さてこのお雛さんたち飾られずに箱の中に眠っているお人形もいると思います。
先日お寺さんから聞いた話によると
飾れなくなった人形を供養してくださいと持ってこられた人がいて供養の後は
「日本人形協会」が日本郵政と提携しているサービスで、ゆうパックにより引き取りにきてもらったとの事でした。もちろん料金はいりますよ。お寺によっては大阪でも引き取って下さるところもあるようです👂

他に調べてましたら、現在開催中で4/8までのイベント
徳島県「阿波勝浦ビッグひな祭」への寄付

少しこのお祭りについて脱線しますが聞いてください。
このお祭りは今年30回目で勝浦に集まったひな人形が里親として
全国に送られ日本各地に春を呼ぶイベントとして広がっているそうです。
勝浦の会場にそびえたつピラミッド型100段の雛壇、周辺には300段。
ひな人形が約3万体の絢爛豪華な雛飾りは「元祖」を名乗る
「日本一のビッグひな祭り」と呼ばれています。
で、そこに寄付することもでき、
初回のみ保管整理料がいるようです。あと開発途上国で活動している関連NGOや現地の団体などを通して多方面に渡る
物資支援団体「ワールドギフト」
人形の寄付・再利用・ワクチンを送るための募金活動をなどをおこなっているリサイクル会社
「セカンドライフ」などインターネットで見つけました。料金はいずれもかかりますが取りに来ていただけるのはありがたいですね。引き取っていただき時の規定など
詳しいことはご自分で調べてみてくださいね
人形たちの第二の人生が始まると思うとなんかワクワクしてきませんか?
他にも色んな方法がありそうですよ👀
うちは私が足腰立つ間は頑張って飾りまあす

それでは来週の月曜日までお元気で〜
posted by FM-HANAKO at 22:49| 大阪 ☔| Comment(5) | しあわせ歌BOX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月26日

出来る人が出来る時に♪藤田明美です^^

相田みつを 今日の言葉   
「ともかく具体的に動いてみるんだね
  具体的に動けば具体的な答が出るから」✨


以前番組でもお話ししたことがありますが
実家の母が「急性骨髄性白血病」でした。
骨髄移植で命が助かった方がいる中で
「年齢的に移植は出来ません」と言われ、
「骨髄移植」はあきらめました。
母の治療の中で
輸血しなくちゃいけない時があり、私は同じB型だったので
輸血したかったのですが
その頃血液比重が軽くできませんでした。
でも
たくさんの方に献血をしていただき、
感謝の気持ちでいっぱいでした。
「この気持ちを形に」と思ってましたら
私の血液の比重が献血出来る値になり、
200mlを献血していました。

でも
医療現場では
患者さんの拒否反応を少しでも減らす目的で
400ml献血が主流
で、
男女とも50キロ以上なら献血できます。
16才17才の男女は体重の規定はありますが
200ml献血を献血車でもできるそうですよ

(献血をするきっかけになればいいですね)
私は体重が50キロに少し満たないので400mlは献血できません💦
「成分献血」だと出来る体重なのですが献血車では出来ませんので
1回しかしたことがありませんが「献血ルーム」に行きました。
献血ルームはとてもきれいでジュースやお菓子がありますし、
テレビや本などもあるのでゆったりした時間が過ごせます
もちろん一般の「全血献血」もここで出来ます。
でも
私はなかなか行けてないのが現状です。
そんな時
ギター教室仲間の方から
「骨髄バンク チャリティライブ」
があるので『び〜ず』さん出てくれませんか?」
という話をいただきました。
「喜んで!!」と思いましたが月曜日の祝日で
この番組と重なったので断念しました。
2回目のチャリティライブが3/21にあると、昨年早くから
再び声をかけてくださったので参加させていただくことにしました

届け!関西からいのちのバトン!
  「骨髄バンク チャリティライブ♪」
     日時 3/21(水・祝日)14時〜18時  
     場所 本町にある「クロスビート本町」
  
        IMG_3511.JPG
出演順
   1、骨髄バン子と愉快な仲間たち
   2、虹色音楽館♪信時一智
   3、えーゆにっと♪
   4、び〜ず
   5、宵待喫茶
   6、Sun Moon Package
       (1バンド30分)
   
出演者も来て下さる方も
ワンドリンク付き1500円

私たちは6バンド中4番目。だいたい16時頃だそうです。
ハナコのスタッフルームの前に
チラシ
を置かせていただきました。
そのチラシの片面に
「骨髄バンクドナー登録」や「骨髄バンクQ&A」
「ドナーとして登録するのにも年齢制限がある」なども掲載されています。
チラシだけでも手に取って読んでいただければありがたいです。

  〜お詫びと御礼〜
同じ日の3/21はハナコ主催
守口市駅前「手作り市・フリーマーケット×LIVE 」と
日にちが重なってしまいました💦💦
ハナコのイベントより前に決まっていましたので
ほんと申し訳ないです。
(エントリーしてても審査でおちてたかもしれませんが・・・)
同じ日なのにチラシを置かせてくださって
ありがとうございました


この骨髄バンクチャリティライブを企画されたきっかけ
参加者の1組でもあるギター教室のお仲間がご同僚の
「兄が白血病であることがわかり、
骨髄移植を希望していますが、自分の骨髄は合わない。
骨髄バンクに頼りたい」とい話を聞き、
「自分にできる事は無いか?」
そのご同僚と共に「骨髄バンク」だけでなく
「臍帯血バンク」「献血の大切さ」
を知ってもらうために
自分の好きな音楽で役立ちたいと企画されたとの事でした。

ご同僚は自分のできる「献血」でも役立ちたいと休日は可能な限り
ご家族で献血啓発のボランティアにでかけられているそうです。
私たちも好きな音楽でチャリティに参加できるのはとても嬉しい事です
出来る人が出来るときに出来ることをする。
私も肩をはらずに「誰かのお役に立ちたい」と思っています

それでは来週の月曜日までお元気で
posted by FM-HANAKO at 23:29| 大阪 ☀| Comment(6) | しあわせ歌BOX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月19日

みんなでつくる門真の第九♪本番!!藤田明美です^^

相田みつを 今日の言葉   
「その場がきなけりゃわかんねえ」✨


今日の相田さんの言葉を借りると
「歌ってみなきゃ
成功か否かわかんねえ」

じゃじゃん!!
結果は
「みんなでつくる門真の第九」大成功!!
自分もアルトで出演していたのに
「大成功!!」というのはおこがましいのですが
たくさんの方に「鳥肌たった」とか
「感動した」
とか言われて
調子に乗って書きました(お許しを〜)

11月から小玉晃先生のご指導のもと、
14回の練習
そして本番2/18(日)ルミエールホール大ホール!!
振り返るとあっという間でした。
最終参加者は小学生から80代までの182名。
私は今回練習に行けなかった日も何度かあったのですが
先生のご指導の時に言われた言葉
 ・耳の前の蝶番を緩めてあくびの口の形
 ・ビートを大切に!
 ・横隔膜で音程をつくる
 ・ピントの合った声で鼻から上で歌う
 ・声は前に出そうとせず目の奥に向かって響かす
 ・軟口蓋(上あご)にジャガイモを
  一つ入れている感じで声を出す準備
 ・気持ちは声にでる
 ・ドイツ語の意味で発音、発声しよう!など
教えていただいたことを思い出しながら、
私はまだまだ不安定な部分がありますが
少しずつ分かってきたような気がして、
昨年の「みんなでつくる門真の第九2017」の本番のDVDを見て
声を合わせて家での練習もしました

本番のスケジュールは
予定表に書いてあった時間によると
11時半から受付、
12時から30分間レセプションホールにて
小玉先生による発声練習
(毎回発声練習に時間をかけて教えてくださいました)
その後
20分の休憩、この間にお腹が減ったので
お昼ご飯のため4つ買っておいたおにぎりを1つだけ食べ、
(休憩なので食べても違反ではありませんが
誰もまだ食べていませんでした。かっこ悪っ!!)
一般にリハーサルと呼ばれる「ゲネプロ」のため大ホールへ。
最後まで先生からの熱いご注意
みなさんで歌う「ふるさと」の練習では
「男性陣は自分のパート確認しておくこと」と言われました。
その後、残り3個のおにぎりを食べ、衣装に着替え(私はスカートを変えただけ)、
化粧直しなどして
集合場所のレセプションホールへ。

男性陣は先生の言いつけを守り
「ふるさと」のパートの確認をされました。
「せっかくですから私たちも一緒に歌わせてもらえませんか?」と言いましたら
「では歌いましょう!!」という事になり、
「どなかたピアノ弾ける人?」と募りましたが
誰もいらっしゃいませんでした。中学生の男の子が初めの音をピアノで弾いてくれ
アカペラ4声で歌いました。もちろん「バッチリ!!」
みんなで最後の声だしできて良かったです

15時50分、スタンバイのため大ホール舞台袖へ。
ちょうど小玉先生が
会場の方にみんなで一緒に歌っていただく有名な部分の合唱指導
をされていました。
「それではみなさんご一緒に〜」と先生が声をかけると
会場の皆さんの歌声は素晴らしく、
舞台袖で「負けないように私らもがんばろな」

小さな声で近くにいる人だけでしたが励まし合いました。
来てくれた友達も有名な部分の先生の合唱指導に大満足!!
電話をくれた友人は
「プログラム見たらすごい先生に習ってるんやね」
と羨ましがっていました

いざ!!本番

ほぼ満席の会場を見て感動!!

小玉先生の元気溢れる指揮、
私たち合唱団が歌う部分になると
笑顔で「さあ行くよ」という顔をしてくださるので
気持ちもあがって楽しくて歌えました


先生がタクトを下ろされた瞬間、
会場から「ブラボー!!」の声もいただき、
感動で胸がいっぱいになりました
大成功
  を感じた瞬間でした

IMG_3542.JPG

そして本番終了後。
お待ちかねの「うちあげ」ラストは各パートかたまらず
恒例「第九」大合唱
べっぴんさんの矢吹先生のピアノ伴奏
の元
みんなで手拍子したり、踊ったりして盛り上がりました

打ち上げの時の記念写真です↓
(今日の写真はすべて実行委員会さんからいただきました)
   IMG_3543.JPG
        
聴けなかったのは残念だったんですが
第一部でがんばられたのが
門真市立第三中学校のコーラス部
そしてパナソニックエコソリューションズ吹奏楽団
素晴らしい演奏だったそうですね
お疲れさまでした。聴きたかったわあ〜

最後に
陰で支えてくださった実行委員会の方々を始め
関わってくださったみなさんのおかげで
こんな大きな舞台に立たせていただいたことに
感謝します


それでは来週の月曜日までお元気で
posted by FM-HANAKO at 22:17| 大阪 ☁| Comment(6) | しあわせ歌BOX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月12日

「ロビーコンサート」&「新年会」♪藤田明美です^^

相田みつを 今日の言葉   
「裸の木蓮
  いま 庭の木蓮は裸です
  枯葉一枚枝に残しておりません
  余分なものはみんな落して 完全な裸です

  しかしよく見ると
  それぞれの枝の先に 
  固い蕾を一ツづつ 持っています

  つまり木蓮にとって
  一番大事なもの
  ただ一ツをしっかりと 守りながら

  冬の天を仰いで キゼンと立っています

  キゼンということばを 独占したかのように
  裸の木蓮は
  寒風の中に ただ黙って立っています」✨


今日の相田さんの言葉は
相田みつを美術館2018年間カレンダー2月の作品です。
ちと長かったですが
今の季節にぴったりと思ってご紹介しました。

さて今日の私の話一つ目は毎月第二日曜日に門真市民プラザで開かれる
「プラザde朝市門真もん」&
「ロビーdeコンサート」

昨日は私たちおばちゃんバンド「び〜ず」が
「ロビーdeコンサート」に出演させていただく予定でしたが
出られなくなったのでせめて応援だけでもと出かけました。👣
「ロビーコンサート」会場では
まず
「キャラクターアクションショー
  ネクスチェンジャー」
   IMG_3512.JPG
       
         アクションシーン撮り損ねました💦💦

続いては
 ご当地アイドルユニット「NANA🔶HINA」
モデルとしても活躍中の二人↓
      IMG_3516.JPG
「歌とおしゃべり」
とっても可愛くて楽しませてもらいました

「朝市」では母に頼まれた「花ばさみ」を研いでもらったり、
イカ焼き、豚まん、よもぎ饅頭など食べたり、美味しかったわあ
我らがハナコのパーソナリティの
南野智香ちゃんと倉田かなちゃんの「chikana〜's」も
手作り小物のお店を出店していたので
私も可愛いグッズゲットしました
二人にも久しぶりに会えて嬉しかったわ
朝市の詳しい様子は2月11日スタッフ日記
 りんちゃんのさわやかリポート
「プラザde朝市〜かどまもん〜」
をご覧ください👀
「chikana〜's」の二人の写真も掲載されてまあす。  
   
2つ目の話は2月でも「新年会」です

母方の親戚の新年会・・・
おじ2人とおば2人が来れなかったんですが
毎年幹事の私が「石川(私の旧姓)新年会」のノートをつけだした

平成19年から仕事の関係などで
一度も参加出来てなかったおじやいとこのだんな様が
来てくれてみんな大喜びでした

天国のおじいちゃんおばあちゃん、
実家の父も母も写真で参加しました↓
     IMG_3450.JPG

みんなでしゃべっている話の中でおじの一人が
「今年の参加は何人や?」「17人」、
「去年は?」と聞かれたので
持って行っていた新年会ノートを見たら「26人」とこたえると
「そっかあ」「少なくなったんは残念やけど
京大の山極(やまぎわ)教授の『ゴリラの法則』ってのがあって
これくらい位の人数が
コミュ二ケーションをとりやすいといわれてるよ」

と言っていたので帰って調べてみると
山極教授は「霊長学」の研究をされてる方のようでした。

私が見つけた山極教授のお話では
「ゴリラは10頭から15頭くらいの集団で生活しますが、
人間も互いの生活を熟知して
共感しながら一緒に生活できるのは10人から15人ぐらいと言われています。
サッカーやラグビーの1チーム、登山のパーティをみても、
言葉を使わず緻密な協力関係を結べる上限が
「10〜15人ぐらい」というのがわかります」
とありました。
実家の親戚「石川家」はしゃべりの軍団なんで
多くても少なくても
あんまり関係ないようですけどね(笑)
みんなでしゃべりたおして
今年もおじの1本締めでお開き
      さっきの写真
      顔半分しか出てないいとこがいたので
        お店の外でもう1枚↓
          IMG_3455.JPG

こうして今年も集まれたことに心から感謝して・・・

それでは来週の月曜日までお元気で〜

posted by FM-HANAKO at 23:12| 大阪 ☁| Comment(5) | しあわせ歌BOX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月05日

ワン・ワールド・フェスティバル♪藤田明美です^^

相田みつを 今日の言葉   
「道
  歩くから道になる 歩かなければ 草が生える」✨

2月に入って早5日・・・
昨日は「立春」暦の上では「春」の始まりなんですが
ほんまもんの「春」はまだまだみたいですね。
相田みつを美術館の現在の企画展は
「相田みつを 冬の時代」
相田さんの作品が知られるまでには
30年近い年月がかかったようです。
今回の企画展では
冬にまつわる作品を多数展示し、
相田みつをにとって「冬」とは何だったのか?
なぜ冬の時代が必要だったのかを探る企画展になっているそうです。
相田みつを美術館は東京都千代田区丸の内の国際フォーラム地下1階にあって
月曜日が休館日、今回の企画展は3/11までです。

ではさっそくタイトルの「ワン・ワールド・フェスティバル」の話です。
中学校、高校、短大で一緒だった友人から電話があって
「2月3日、4日北区民センターとカンテレ扇町スクエアと扇町公園で開かれる
西日本最大!世界につながる国際協力のお祭り
「ワン・ワールド・フェスティバル」で
ボランティアやねんけどカンテレスクエアのステージの司会やってくれへん?」
と言われ
「あんたのためならエンヤコラ!!」とええかっこして言いましたが
「西日本最大」とか「カンテレスクエア」という響きにも正直魅力を感じて
1日だけですが行かせてもらいました。
なんでも「見たい・聞きたい・言いたい」の私、
どんなだったか書かせていただきます

「ワン・ワールド・フェスティバル」は
環境破壊、難民、貧困など地球上で起きている問題が
日本の私たちの生活と
密接に関係している事を知ってもらい、
課題解決のために市民一人ひとりが自分のできる事から行動してもらいたいと
1993年に開催され今回が25回目。

北区民センターでは
95のNPO,NGOの団体が出展し具体的な国際協力を紹介、
国際協力のセミナーもたくさん開かれ
色々な国の民芸品が当たる「スタンプラリー」
「民族衣裳着付体験」
などがあり、
私はボリビアの民族衣装を借りて司会をさせていただきました↓
    IMG_3510.JPG
   私は背が低いので
    着物のようにおはしょりをしてもらって・・・
    初めてだったので嬉しかったです
私が司会をした「カンテレステージ」では
「ウータン森と生活を考える」のトークショー、
大道芸人メキシコダンス、タヒチアンダンス
のパフォーマンス、
ハンガリーの民族楽器「コカリナ」の演奏、
JICAのアフリカ留学生による音楽や自分の国の紹介
留学生の人たちに教えてもらったダンスでは
会場の人たちも一緒に踊ってみんながノリノリ笑顔になってました
もちろん私も陰で踊ってましたよ

そうそう打ち合わせの時プログラムを見ると
門真市のイメージキャラクター「ガラスケ」がいたので
「なんで?」と思いながらも
「強い味方と会える」と心待ちにしていたのですが
ステージ付近には来てくれませんでしたので終了後、
事務局の方に尋ねましたら
天神橋筋商店街をキャンペーンクリーン隊と一緒に
皆さんと触れ合いながら歩いて、
ごみを拾って綺麗にする活動に
一役かってくれてたようです

その話を聞いて同じ門真市民として嬉しかったです。「ガラスケお疲れさま」

事務局の方が「時間がある時色んな所、のぞいてみてください」
と言ってくださっていたので、
扇町公園も見に行きました。
お寒い中、ボランティアの皆さんは
ゴミ拾いをしてくださっていました。


公園でテントを張って開催されていた
世界のお料理が楽しめる「みんなのキッチン」へGo!!

私は1か所しか行けませんでしたが中身は濃かったです。
モンゴルの「ゲル」
「塩ミルク紅茶」と「モンゴルのお菓子「ボーブ」を買って休憩しました↓
   IMG_3460.JPG
              IMG_3461.JPG
     お菓子の「ボーブ」写真撮り忘れ💦💦
     紅茶に浮かせているのは「ごま」みたいですが
     「小米(コーコメ」食べる米ではないとおっしゃってました
「ゲル」とはモンゴルの伝統的な移動式住居で、
中にモンゴルの方(日本語お上手でした)がいらして、
「3人がかり90分でゲルが組み立てられる」の話とか
「馬頭琴」の演奏をしてくださり、
子供さんが入ってきたら「子供用の馬頭琴」を差し出し
弾き方を教えてはりました。
    IMG_3465.JPG
             IMG_3466.JPG
   
塩ミルク紅茶で体が、モンゴルの方の優しさで心があったまりました

扇町公園ではハンドペイントもされていてエンディングでは
「みんなの手が合わさった作品」が披露され
お客様からたくさんの拍手を頂戴しました。

世界を見た写真展では
「世界中に笑顔の種まきを」
の活動の紹介などもされていました
(草の根・人間の安全保障・無償資金協力などもされています)
1例ですが「モーリタニア小学校」
ビフォーアフターの写真を1枚↓
    IMG_3492.JPG
窓のなかった小学校に窓が出来、子供たちの笑顔が印象的な1枚でした(下の写真)

色んな事が初めてで、
友達がきびきび動いてるすがたもまぶしくて
とっても充実した1日でした

それでは来週の月曜日までお元気で〜
posted by FM-HANAKO at 23:15| 大阪 ☀| Comment(5) | しあわせ歌BOX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月29日

練習はあと4回♪藤田明美です^^

相田みつを 今日の言葉   
「張りすぎてもだめ たるんでもだめ
  ちょうどいいあんばいが 一番いい」✨


今日の相田さんの言葉は
タイトルの
「練習」にもあてはまりそうです

その練習とは
ルミエールホール大ホールでの
本番が2月18日(日)に迫って来た
「みんなでつくる門真の第九2018」

合唱練習です

今回練習に行けなかった日もあります

27日(土)ルミエールのレセプションホール、
   IMG_3434.JPG
    ピアノ伴奏は
    いつも笑顔べっぴんさんの矢吹直美先生
です↓
           IMG_3436.JPG
    
28日(日)の門真市立公民館での練習後の休憩
   (第九でお友達になりました
       IMG_3437.JPG
     私はインフルエンザ予防のためマスクしたままやらせてもらってます
     誰もマスクしてない💦💦
     浮いてます(笑)
           (写真は実行委員会の許可を得ています)
2日連続の練習はとても楽しかったです


「第九」
私は4回目の参加となります。
パートは「アルト」なんですが
前回「ソプラノ」だった方が「アルト」に来られたり
その逆もいらっしゃいます。
一つのパート覚えるだけでいっぱいいっぱいな私なので
「すごいなあ」と感心してます

振り返れば
2014年門真市市政50周年記念事業として
「門真の第九」
はスタートしました。
開校式の時、ドイツ語の「ド」の字も知らない私が
「皆さん暗譜ですから」と言われた時の衝撃は今でも忘れられません。
歌詞を覚えるのにお風呂やお手洗いにまで歌詞を貼って必死で覚えました💦💦

正直しんどかったですが
ルミエールホール大ホールでたくさんのお客さまを前に
みんなで歌い本番を終えた時の達成感が忘れられず
2回目の2016年、
3回目の2017年も参加させてもらいました。

2回目からは
「みんなでつくる門真の第九 実行委員会」が立ち上がり
有志の皆さんがお世話してくださっています
ほんと感謝です
全部で14回の練習で15回目が本番!!

2/18(日)午後3時から。
ルミエールホール大ホールで、
チケットは1000円です
 
      IMG_2476.JPG  
ルミエールホールで販売しています。
私に声をかけてもらってもご用意しますので
気楽にお申しつけください

チラシはハナコのスタッフルームの前に置かせてもらっています👀

「みんなでつくる門真の第九2018 実行委員会」
委員長の越智伊都子さんに

みなさんへメッセージをいただきました。
「みんなでつくる門真の第九は企業さん、商店の皆さん、個人など協賛金で
サポートして下さる方がいて、会場の準備などで手伝ってくださる方がいて、
合唱団に入って歌って下さる方がいて、当日来て下さるお客様がいて、
ほんとに「みんなでつくる門真の第九」
と思ってますので是非お越しください。
今年も公演第2部の「第九」では
お客様も
一緒に有名な部分を歌っていただきます。
練習もありますので安心して歌ってください


又、昨年の公演では第1部はコーラスの演奏だけでしたが、
今回は門真市立第三中学校のコーラス部に加えて
パナソニックエコソリューションズ吹奏楽団
出演してくださいますのでこちらもお楽しみに!」ということでした。
ちなみに越智委員長もソプラノで出演されます

練習も残すところ4回、
(やっとタイトルが出てきました💦💦)
昨年に引き続き
200名を超す合唱団員
一生懸命がんばりますので
是非お越し下さい

それでは来週の月曜日までお元気で〜
posted by FM-HANAKO at 21:20| 大阪 ☁| Comment(5) | しあわせ歌BOX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月22日

「水の声」♪藤田明美です

相田みつを 今日の言葉   
 「その時の出逢いが
    人生を根底から変えることがある
              よき出逢いを」✨

                       
それでは早速タイトルのお話です。
昨年秋に私に送ってくださった1冊の本・・・
短歌の歌集「水の声」

著者は江坂美知子さん

         IMG_2485.JPG
              帯文 神戸松蔭女子学院大学名誉教授
                 片岡利博先生

              出版社 角川書店

江坂美知子さんは
現在、二度脳梗塞で倒れられただんな様の介護と
お姑さまの介護をされ、週1回京都で短歌、古典などの
文化教室の講師をされているそうです。

この方は姉が働いていた塾の講師仲間で
今も「おばあ会」という3人の昔の乙女たちのおしゃべり会
で姉と親しくしてもらっています

私は江坂さんの1冊目の歌集
「やすらひ祭」の出版記念パーティの司会を
させていただいたご縁から
年賀状だけやりとりをしてもらっていました

あれから14年・・・

本を読むと眠くなる体質の私、
読ませていただかねばと思いつつ年が明け、
やっと「水の声」の歌集を開きました。
表現が美し過ぎてやっぱり私には難しい・・・
読んでいると読めない漢字や文語の仮名遣いもありました。
でも調べて止まると進まないと思い、
自分で勝手に解釈していくうちになんかほっとした歌が出てきました。

「夜の教室」という章で
    定期代失くして沈むツッパリの 
        十七歳も「オカンはヤバイ」
「プッ!」と思わず笑ってしまって、勢いがつき
読み方は今まで通りですが最後まで読ませてもらった後、
お電話しました。

「正直に色んなことを歌にされていて、
『そうそう』と共感できました。
でも私みたいな読み方しても大丈夫ですか?」
と尋ねましたら

「本は自分の手を離れた時点で読者のものなので
自由に読んでいただいていいんですよ。
文語体は千年以上も前から使われていた古語が、
優しくて美しいと思うので使っています。
口語体で短歌を作られる方もいらっしゃいますよ」
との事でした。

そして「私の心に残った歌」を伝えました。
一部だけご紹介します。
長い入院生活からだんな様が鬱になられた時の辛い歌もありました。
    あらかじめ待つ哀しみのあるを知る
        老い病む夫と生くるこの世に

今日放送で読ませていただいときは「夫」を「つま」と読みました。
漢字では「夫」「妻」とわかりますが
短歌では読むと同じ「つま」になるそうです👂

面白い歌もひと〜つ。
    妻よりもやさしき声の給湯器に
       返事などして夫は湯に入る
ご主人が給湯器の音声に「はーい」と大きな声で返事をしながら、
お風呂にはいられた時の歌だそうです

「夫婦愛」を感じた歌では
    リハビリの靴履かせむと屈む背を
         夫なでくれぬ不自由の掌に
だんな様が背中を撫でてくれた時の歌との事でした

こんな歌もありました。
    木刀を介護ベッドに忍ばせて
        「君守らむ」と夫の胸張る
不自由な体であっても何かあった時は「僕が守る」という
奥様への「愛」を感じますね

お姑さまからの「愛」も受け取っておられました。
  干し物を終へて冷たき我の手を
        両手に包む認知症の姑

    その光景が目に浮かび涙がでました。

「自宅介護」の章での「歌」。
  ひとつ家に介護する者される者
      かたみに異なる悲しみのあり
これも正直なお気持ちですよね。

江坂さんに
「一つだけこの本の中から作品を選ぶとしたら?」と尋ねましたら
タイトルにもなっている「水の声」が入った
   しばらくを分れ流るるふた川の
        呼び合ふ水と水の声のす
でした。
      意味を教えていただいて私も感動!!
だんな様が1回目の入院をされ、初めて一人になった時、
目の前を流れる川に、
まぬがれがたい人の運命を重ねながら、
お互いに「必ず又一緒に生きて行こう」
と強く思い作られた歌だそうです

「介護は『きれいごと』だけでは頑張れませんが、
思いを短歌に込め、色んな人に出逢い支えられ
前に進むことができています。
感謝しかありません」

との事。

とても元気なそのお声に私もはげまされました

それでは来週の月曜日までお元気で〜
posted by FM-HANAKO at 21:11| 大阪 ☔| Comment(6) | しあわせ歌BOX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月15日

「母」と「障害者のマーク」の話♪藤田明美です^^

相田みつを 今日の言葉   
「雨の日には雨の中を
   風の日には風の中を」✨


今日の相田さんの言葉は
東京都千代田区丸の内にある
「相田みつを美術館」で現在開催中、
「相田みつを 冬の時代」
に展示されている作品の一つです。
チラシにこう書いてありました。
「相田みつをには、気鋭の若手書家として
注目された時期がありました。
その頃さらなる飛躍を求めて東京に出ていくことを考えます。
しかし、悩んだ末に故郷栃木県足利市にふみとどまるのです。
「もしあの時上京していたら、
一瞬はチヤホヤされたかもしれないが、
自分には実力が無かったから、すぐつぶれてしまっただろう」
そう考えて、自ら“冬の時代”を選択します。
以来、作品が知られるまでには30年近い年月が必要でした。
とありました。
今回の企画展では
冬にまつわる作品を多数展示し、
相田みつをにとって「冬」とは何だったのか?
なぜ冬の時代が必要だったのかを探る企画展
になっているそうです👀

相田みつを美術館は月曜日が休館日、
(今回の企画展は3/11まで)
                       
先週、私たちおばちゃんバンド「び〜ず」
が出演させてもらう予定だった
2/11(日)門真市民プラザの「ロビーコンサート」中止になった
と告知させていただきました。
理由はメンバーの菊ちゃんのお母さんが
お正月に亡くなられて
ちょうど2/11が四九日の法要と重なったからなんです。
「みなさんによろしく伝えてください」との事でした。
尚、2/11(日)門真市民プラザでは予定通り
「プラザde朝市 かどまもん」が
午前10時から午後1時30分まで。
12時から25分間
 キャラクターショー
「ネクスチェンジャー」があります。
是非遊びに行ってくださいね。
 

先に言っておきます
今からの2つの話は無関係です💦
二つ目は番組後半でお話しさせていただきました。

では一つ目の話
菊ちゃんのお母さんの話を聞いて
実家の母の事を思い出しました。
58才の時に病気で亡くなった母ですが
太く短く生き抜いてくれたように思います。
元々商売人の娘に生まれて「サラリーマン」に嫁ぎましたが
「商売人」の血が騒ぎだし「貸衣裳屋」を始め、
「サラリーマン」だった父が
会社を辞めて手伝わなきゃいけないくらい忙しくなり、
趣味では家族でボウリングやカラオケ、旅行も行ってました。
人のお世話も好きな母でした。
お友達とは「俳句」を習い、一筆箋には練習で書いたのが残っています。
久しぶりに出してみると
読みにくい続け字の大きな字、なつかしい母の字です↓
       IMG_2482.JPG
私俳句もさっぱりわからないのですが
こんな俳句がありました。
「夏の床 釈迦涅槃像 手枕で」
その俳句の前に
「遠くとも汗かきバスツアー 善光寺詣り」とあったので、
思わず「見たままやん」とその俳句に突っ込んでしまいました。
「芸能人の俳句を添削する夏井いつき先生やったら
どんなふうになおしてくれはるんかなあ」


二つ目の話

「トイレの入り口に表示しているマーク」
以前新幹線に乗った時
近くにあるお手洗いが
男女兼用、その次が男子専用で使用中、
次は女子専用と思ったら
こちらも男女兼用、車いすマークなどの表示がありました↓
        IMG_3404.JPG
ここしか空いてなかったので使わせていただきました。
自動で水が出るところで手を洗った後に
「これは手洗い用ではありません」の表示に気づき
後で駅員さんに聞くと
「使っても問題ありません。
これは人工肛門や人工膀胱を造設していらっしゃる人のためのものです」
その方々は「オストメイト」と呼ばれていて
入り口の表示板の「オストメイトマーク」
についても教えてくださいました。
黒で表示されたの人の形の右下に白抜きで「+」のマークがありました。
(写真右から2番目)
ちなみに「車いすのマーク」(左から2番目)は
「国際シンボルマーク」
「すべての障害者を対象としたもの」だそうで
特に車いすを利用する障害者を限定し使用されるものではないとのことです。
この年になっても知らん事が多すぎます💦💦

これをきっかけに
色んなマークがあることを知りました。
皆さんも
内閣府が出している「障害者に関するマーク」
について機会があればみてみてくださいね。
お互いを思いやる優しい社会にしたいです

それでは来週の月曜日までお元気で〜
posted by FM-HANAKO at 22:04| 大阪 ☁| Comment(4) | しあわせ歌BOX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月08日

我が家の年末年始♪藤田明美です^^

あけましておめでとうございます

  昨年も大変おせわになりました
     今年もよろしくお願いいたします
           しあわせ歌BOX 藤田明美
今年初ブログ
ではいつも通り

相田みつを 今日の言葉   
「夢はでっかく 根はふかく」✨


今日の相田さんの言葉
息子さんで館長でいらっしゃる相田一人さんによる解説によりますと
相田みつをさんはよくこんな風におっしゃっていたそうです。
「『夢』というのは地上から空高くふくらんでいくイメージがある。
一方、根は地中深く伸びていくもの」
父の中では、この夢と根というのは、実は二つで一つでした。
「大きな夢を持ちたいのなら、
根が深くならなければいけない。
反対に根が深くなればなるほど夢は大きくなる」

との事でした。

それでは我が家の年末年始の話・・・
年末にこんな干支の可愛いリンゴ1つをいただきました↓
        IMG_2479.JPG

そして
はや昨日は
「セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ(かぶ)、スズシロ(だいこん)」
春の七草を入れる「七草がゆ」の日でしたね。
我が家もスーパーでパックに七草すべてが入って売っていたのを使って
「七草がゆ」作りました↓
         IMG_2480.JPG

年末のビックリ!!
いつも通り母と「おせち作り」に取り掛かっていました。
すでに母は酢の物の「紅白なます」、
「れんこん」「くわい」の煮物を作ってくれていて
二人で昼ごはんを食べた後、
私が「ちょっと買いもん行って来るわ」と行って帰ってきたら
母がこたつで横になっていて「どうしたん?」と聞くと
「天井が回って歩かれへんあんた後してや」と言われ
「それはええけど早く病院でみてもらお」と
時間外でも見てくれる病院に電話をしたら
「来てもらっていいです」と言われたので何とか車に乗ってもらって病院へ。
車まで車いすで迎えにきてくださいました。
「2時間くらい前元気にご飯食べてたんですが
めまいとむかつきがあるんです」

先生に言いいましたら、まずは先生が人差し指を出されて
「僕のこの指を触って」「それから自分の鼻の頭さわって」どちらも母は出来ました。
「念のため『CT』撮っておきましょう」と言われCTの結果、
「心配ありませんよ。
脳みそそのお年にしては
びっくりするくらい詰まっています。素晴らしい」
と言ってくださり母も私も大喜び
調子に乗って「その写真もらえませんか?」と言いましたら
「それは出来ません」といわれちゃいました。
むかつき、めまいの注射を1本していただいただけで
「めまい、ふらつきが出た時のんでもらったらいいです」と
5回分の薬をもらって帰ってきましたが結局1回も飲まずにいけました

台所をみると元旦に毎年作ってくれる雑煮用の大根、にんじんが
まな板の上にあり、
湯がいておこうとしてくれてたみたいです。
元旦の朝はだし汁にその湯がいておいた野菜を入れて白みそを入れて出来上がりの
段取りをしてくれてたんですね

私は続きの野菜を雑煮用に湯がいて冷蔵庫に入れ
「寝といてや。後は私何とかするから」
とええ格好言いましたが結婚してから「黒豆」作ったことないし、
「どうすんのん?」と聞きながら
一晩煮汁に漬けてから翌日たくという準備にとりかかりました。
母が「水や調味料沸騰したところに黒豆いれた?」って聞くんで
「あっ!沸騰させるの忘れた」と私、
母も気分が良くなり歩けるようになったようで、
漬けたところから黒豆を引き上げといっても砂糖なども一緒についてくる
母が「大丈夫!」というので改めて水や調味料を沸騰させて火を止めてから
豆をいれて一晩つけました。
おかげさまで
今年も母には及びませんが黒豆が炊けました


私は後の
栗きんとん、ごまめ、大根、にんじん、こんにゃく、高野豆腐、
しいたけ、きぬさや、たけのこ、タイの子、いかの松笠焼担当。
母は復活した後、卵を固ゆでにして半分にし、
黄身を取り出しマヨネーズで和えたのを
友達に教えてもらったと作ってくれました

それから主人のいとこが大みそかに
自分で釣った鮎を自分で煮つけてもってきてくれた
ので入れさせてもらいました。
主人はえびが嫌い 
なのですが見栄をはってこれも煮漬けていれましたよ

母はそれから1回もしんどくなることなく
年が変わった瞬間家族4人で乾杯

おせちも開けて食べました。
今年はこんな感じ↓
    IMG_2478.JPG
元旦のお雑煮も母が「もう大丈夫!」と言って作ってくれました。
お墓参り、氏神様に初詣、
姉さん家族が来てくださったり、
私たちが実家にいったりして

あっという間に楽しいお正月はおわってしまったのでした。

それとここでお詫びがあります。皆さんに「来て下さい」って言ってました
2/11(日)市民プラザの「ロビーコンサート」
メンバーの一人が「楽しみにしていたんですがどうしても出演できなくなった」
と今日連絡がありました。
3人で「び〜ず」なので申し訳ありませんが「び〜ず」の出演は中止
にさせていただく決断をしました。
その電話の後、すぐ市民プラザさんに連絡しましたら
快く「いいですよ。又お願いします」なんて言ってもらえて恐縮しました

この日他のイベントは予定通りあります👀
2/11(日)門真市北島にあります門真市民プラザでは
私たちの出演はありませんが、
10:00〜13:30まで
 「プラザde朝市 かどまもん」

12:00〜25分間
「キャラクターショー ネクスチェンジャー」
   がありますので是非お越しください

それでは来週の月曜日までお元気で〜
posted by FM-HANAKO at 22:46| 大阪 ☔| Comment(6) | しあわせ歌BOX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月25日

クリスマス会♪藤田明美です^^

相田みつを 今日の言葉   
         「おかげさん」✨


「メリー!クリスマス!!」
今日は
サンタの格好でスタジオに入りました↓
       IMG_2993.JPG
                        
それではタイトルの「クリスマス会」の話。
我が家は4人全員揃うのが21日だったので
忘年会も兼ねてこの日に済ませました。
「メリークリスマス!!」と言ってクラッカーを鳴らし、
「今年も1年ありがとう!!」
プレゼント交換もし、クリスマスケーキも食べ、
我が家は無事終わりました

今日は番組終了後
「子どもの未来応援クリスマス会」
       IMG_2997.JPG
サンタの格好のまま司会役で参加させていただきまました↓
             IMG_2996.JPG
場所は速見小学校の体育館。
子どもたちが夢を持てるように
「かっこいい大人」を見せて応援したいという人たちが集まっての
手作りのクリスマス会
私は司会をやらせてもらうだけでしたが
皆さんの熱い思いが伝わって来て感動しました
少し振り返ってみます🎶

「お仕事ブース」では
パテシィエさん、工務店さん、お巡りさん、格闘家さん、美容師さん、看護師さん6つのブースで子供たちにお仕事体験させてもらい
「お遊びブース」では
綿あめ作り、ゴム鉄砲作り&的当て、昔のおもちゃ作りを教えてもらい
「子ども食堂」では
たこ焼き、ぜんざい、パスタ、豚汁、ふるふるポテト、フランクフルト、飲み物など
を提供してもらい
「舞台」ではピエロの女の子、俳優さんのお芝居と歌、
漫才師の方、元タカラジェンヌさんそれぞれのパフォーマンス。

「夢をかなえた大人」たちから
子供たちへのメッセージ

「『自分はダメだ』と決めつけないこと。
「夢実現のために自分が出来ることをする
」など
力強いメッセージをいただきました。

ラストはみんなで
「夢をかなえてドラえもん」
アコーディオンのお姉さんとの大合唱♪
子どもの弾けんばかりの歌声に涙が出そうでした

子どもたちは
サンタクロースさんからプレゼントもらって
会場全体で
「メリー!クリスマス!!」で終了

みんなかっこよかったです

それでは来週の月曜日までお元気で〜

と書きましたが
来週は2018年1月1日ということで
収録分をお届けします。
夕方4時30分からです。

お時間あれば聴いてくださいませ。

最後になりましたが
今日が年内最後の放送で
ブログも今年最後になりました。
今年も本当にお世話になり
ありがとうございました


生放送は1/8(月)成人の日の午後2時からです
又スタジオにも
遊びに来て下さい

皆さんどうぞよいお年をお迎えください
(ブログも1/8から再開させていただきます)
posted by FM-HANAKO at 23:12| 大阪 ☁| Comment(6) | しあわせ歌BOX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月18日

みんなの写真展♪藤田明美です^^

相田みつを 今日の言葉   
「冬心
  樹木は風雪の空に 他人に見せたくない
       自分のあるがままの裸をさらす
           ひとことも弁解しないで」✨



さて今日の相田みつをさんの作品は
現在開催中の企画展「相田 みつを 冬の時代」
展示されている作品の一つです。
タイトルは「ふゆごころ」と書いて「とうしん」と読みます。

冬にまつわる作品をたくさん展示されているそうで
相田みつをにとって冬とは何だったのか?
なぜ冬の時代が必要だったのかを探る企画展
になっているとの事でした。

今回の企画展は来年3月11日まで。
東京都千代田区丸の内の東京国際フォーラムの地下1階にある
相田みつを美術館は月曜日がお休みなんですが、
年末年始の12/26から1/14までお休みなしです。
また
1/8(月)の成人の日は
新成人入場無料
だそうです。
開館時間は午前10時~午後5時まで。

それではタイトルのお話・・・
やっと行かせていただきました。
京阪電車守口市駅前
テルプラザ1階で開催中の「テルプラザ みんなの写真展♡」 

    クリスマスツリーも飾られていて綺麗でした
      IMG_2948.JPG
         

リスナーの皆さんも出品されているという事で
楽しみしていました
「まだまだいける」と思ってのんびりしていたら
最終日の12/24(日)が近づいてきて焦りました💦💦

どんな作品があったのか?少しですが紹介します。
大きい文字が写真のタイトルばかりではありません。
私の見た感じで書いているのもあります。
「古川橋駅の夕焼け」
普段何気なく見ている風景が写真になると
特別の風景になりますね。
「鶴見緑地の風車とコスモス」
風車とコスモスの遠近関係が素敵でした〜
素敵と言えば
「2017年の日の出」の写真。
きっとこの方の1年は素晴らしかっただろうと
想像できるものでした。
「神戸ハーバーライト」など
何とも言えない素敵な光で美しかったあ。
「金沢の飴やさん」
のれんをくぐってどんな飴が売っているのか?
のぞきたくなりました。
ハナコスタジオ前カナディアンスクエアに
散歩に来た
ワンちゃんのオンパレード
知ってるワンちゃんを見つけて嬉しかった
枝垂れ桜の前で自撮りしているお嬢さんや
蓮のお酒飲んでるお嬢さんの
写真ほっこりしましたお声掛け勇気いったでしょうね。
(肖像権の問題があるから承諾を得られたのでしょう)
神戸まつり猫バスも可愛かった
親子でシャボン玉をたのしまれている写真があって
シャボンの中に子供さんがいてました
高い技術がいりそう・・・
とっても素敵でした
さわやかワイド月曜日の三宅奈緒子ちゃんと
行かれた五島列島の旅の写真のあれこれ。
私も五島を旅した気分にしてくれました。
そうそう奈緒ちゃんをパパラッチという作品も面白かったあ
フィルムカメラからデジタルカメラに変えられた方の写真は「カトレア」の花。
私も和ませてもらいました他にも素晴らしい作品がいっぱい。
タイトルに工夫されている人もあって
「花とイケメン」。
どんな「イケメン」なのか。
是非ご自分の目で確かめてください。入場料は無料
12/24(日)までですので
是非いかせてもらってください
私の拙い紹介では伝わりませんので
是非おでかけください

あっ!そうそう宣伝させてください。
「みんなで作る門真の第九2018」のちらし↓
        IMG_2476.JPG
      
      
やっともらってきましたので
ハナコのスタッフルームの前におかせていただきました
私もアルトで参加します
2/18(日)15時からルミエール大ホール
入場料1000円
です

それでは来週の月曜日までお元気で〜
posted by FM-HANAKO at 21:56| 大阪 ☁| Comment(6) | しあわせ歌BOX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月11日

あっぱれお母さん♪藤田明美です^^

相田みつを 今日の言葉   
「自分の花 
  名もない草も実をつける
    いのちいっぱいに 自分の花を咲かせて」✨

今日の相田みつをさんの作品は
明日から始まる企画展「相田みつを 冬の時代」
展示される作品の一つです。

相田さんみつをさんは
気鋭の若手書家として
注目された時期があったそうで、
さらなる飛躍を求めて東京に出ていくことを考えますが
悩んだ末にふるさと栃木県足利市に踏みとどまり
結局作品が注目されるまで
30年近い年月がかかったそうです。

今回の企画展では
冬にまつわる作品をたくさん展示され
相田みつをにとって冬とは何だったのか?
なぜ冬の時代が必要だったのかを探る企画展になっているそうです。

今回の企画展は来年3月11日まで。
東京都千代田区丸の内の東京国際フォーラムの地下1階にある
相田みつを美術館は月曜日がお休みなんですが、
年末年始の12/26から1/14までお休みなしです。
また1/8(月)の成人の日は
新成人入場無料だそうです👂
開館時間は午前10時~午後5時まで。

それでは今日のタイトル
「あっぱれ!おかあさん!!」
今年も母の友達がゆずを送ってくださったので
母がゆずジャムを作ってくれました。
作ったジャムをゆずをくださったお友達にあげるのも
母の楽しみなんです
もともとゆずジャムの作り方は
そのお友達に教えてもらったんです。
お友達がちょっと体をこわされて自分で作れなくなったので
母は「私が頑張って作らねば」と
張りきりはります
孫にあげるのも楽しみの一つで
私、嫁としての自己弁護ですが
「最初から最後まで全部おばあちゃん一人で作ってくれたんよ」
と言いたいんです。はい!嫁の言い訳でした。
作り方を見てたので今年もご紹介します。
「見ててんやったら手伝ってあげなあかんやん」と聞こえてきそうですが
一人で全部出来るのは母の自信にもなりますしね

今年も作り方を改めて教えてもらったのでご紹介します。
毎年ちょっと違うような・・・
母も「テキトー」と言ってます(笑)

〜ゆずジャムの作り方〜
先ずは必要な材料
こぶし位の大きさのゆず約10個、グラニュー糖300g、はちみつ適当
@ まず柚子をきれいに洗う.
A 半分に切る
B 半分に切った柚子を絞る(しぼり汁は置いておく。約200tくらいになる)
C 種とわたをとる
D 皮は千切りにする。
E 煮る鍋で千切りした皮を約30分位つけ、水気をきる
F その鍋に新しい水をゆずがつかるくらいはって沸騰させる
G 沸騰したらあくをとりゆずをざるにあげる
H 空っぽになった鍋にさっき絞ったゆずの汁と
     水300ccとグラニュー糖300gを入れて中火でコトコト炊きます
        IMG_2938.JPG
I 最初木べらで混ぜててもシャバシャバで底が見えませんが
     煮てるうちにトロっとして底が見えてきます。木べらで鍋底に線を書き鍋底が
     一瞬見えるくらい。
J 火を消す前にはちみつを好みの甘さまで入れ、出来上がり!!
K ビンに冷めてから入れふたをし、
     さかさまにしておく
      (これは空気をぬく作業だそうです)

とにかく作ってもらって食べるのは最高ですね!!
そしてゆずの種とわたも捨てないで
手ぬぐいに包んでゆず風呂にしてくれるんですよ。
すっごくあったまります
「お母さん!来年も作ってね」

それでは来週の月曜日までお元気で〜
posted by FM-HANAKO at 22:56| 大阪 ☀| Comment(5) | しあわせ歌BOX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月04日

未来へつむぐ♪藤田明美です^^

相田みつを 今日の言葉   
「夕やけに軍歌うたいたり
      二等兵 我は流して 
             借宿浪人」✨

今日の相田みつをさんの作品・・・
息子さんで相田みつを美術館相田一人館長
の解説文によると
戦死した二人のお兄様は
ずっと心にあったようで、
生きるとはどういう事か?
自分はどう生きればいいか?真剣に考えられていたようです。
「これが父の原点。
愛する兄の戦死によって父が嫌が応もなく
いのちについて考えるようになったといえるでしょう」
と書かれていました。

今日ご紹介した作品のあとは
「みつを」でなく「借宿浪人」でしたね。
本を見ててもなかなか「借宿浪人」で終わる作品には
出会えなかったんですがやっと会えました。

12月10日までの相田みつを美術館の企画展
「みつをの誕生
  −自分の言葉・自分の書が生まれるまでー」
のチラシの中から前にもご紹介しましたが今一度!
相田みつをさんが一番書いた文字は何だと思いますか?
答えは「みつを」だそうです。

創作活動の初期は「蛾亭(がてい)」という雅号、
本名の漢字で書く「相田光男」、
そして今日ご紹介した
「借宿浪人(かりやどろうにん)」の時代を経て
30才くらいから「みつを」になり、
その後はそれぞれの作品の後に書くひらがなの「みつを」まで含めて
作品の完結としたそうです👂

相田みつを美術館は
東京都千代田区丸の内東京国際フォーラム地下1階にあり
月曜日がお休みです👀

さて
私も今日の相田の言葉のように
「戦争」「いのち」について
考えさせられるお芝居を観てきました。
歌手の「渡辺 要」さんがゲストに来られていたイベントで
お話しする機会がありまして
「今度お芝居に出演するんですよ」
とチラシをいただきました。
「お歌だけじゃないんですね」と申し上げましたら
「水戸黄門」にも2回出たことがあるとか・・・
「すごくいいお芝居で是非見に来て下さい」と渡されたチラシは↓

後世へ平和の約束
 「未来へつむぐ」
     今をありがとう
            
      IMG_2916.JPG
                          でした
         
長い事お芝居見てなかったし
チラシを見て「見せてもらわなあかんお芝居やな」と感じ、
天満橋のドーンセンターに昨日伺いました。
この物語は本当にあったお話を元に作られたもの
で72年前、知覧特攻基地から飛び立った特攻隊員さんや
奉仕でお世話をする「なでしこ隊」との交流、
それぞれの家族への思いなどが描かれていて
ハンカチを手放せませんでした。
特に
息子は多分特攻隊員として飛び立ち
会えるのは最後とわかっていても
互いにそのことは言葉に出さず
明るく別れたシーンは
ほんとに辛かった
私には息子はいませんが
母としての気持ちがこみあげてきました。

さて
ご自身特攻隊員でしたが
整備不良などで生き残った自分に出来る事として
今回のお芝居のモデルとなった板津忠正さん
約30年に渡り、全国の特攻隊員の遺族を訪ね
自ら最後に見た仲間の様子を伝えるとともに
仲間の遺書や遺品を集め
知覧特攻平和会館の初代館長をつとめられたそうです。

このお芝居を観て
私が感じた事
「先人の方々の犠牲のもと今の平和がある。
日々の生活を当たり前と思わず過ごし、
未来の子供たちが笑顔でいられる社会を
築かなあかんな」と思いました。

そうそう「渡辺 要」さんは
戦地へ向かう青年を見送る役で熱演されていました。

それでは来週の月曜日までお元気で〜
posted by FM-HANAKO at 21:34| 大阪 ☔| Comment(5) | しあわせ歌BOX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月27日

日帰り旅行♪藤田明美です^^


相田みつを 今日の言葉   
「うず巻いてにごらない 瀧つぼの水」✨


今日の相田さんの言葉
意味わかりますか?
美術館の方に伺ったところ
大変深い思いがおありのようでしたが
簡単に言うと
「物事は常に激しい動きがあれば
よどんだりせず濁らずにいられる。
そんな誠実な生き方をしたい」

相田さんは思っていらしたようです。

東京都千代田区丸の内東京国際フォーラム地下1階にある
相田みつを美術館で現在開催中の企画展、
「みつをの誕生
 −自分の言葉・自分の書が生まれるまでー」

12月10日(日)までで月曜日がお休みです

それではタイトルの
「日帰り旅行」の話。
娘がお世話になった小学校のPTAのOB会で
「淡路島・うずしおクルーズとミカン狩り」
連れて行ってもらいました🚌
昨年は土砂降りの京都嵐山、
今年も朝方は降っていたのですが
何とか「くもり」のままに行けました。
でもサブかった

先ずは「ミカン狩り」
最初に農園の方のお話。
「葉っぱ30枚に『Mサイズ1個』が理想」
で育てていらしゃるそうです。

「葉っぱは切らないでくださいね」
「木によって味が多少違いますが
 木に『赤いリボン』が巻いてるのが
 美味しいとのことでした↓
        IMG_2874.JPG 
        右上にリボンがあるのですが見えますか?    

農園の方がはさみと袋を2枚を下さいました。
1枚は自分で収穫したみかん(採り放題ですが1キロ400円での販売)
もう1枚は食べ放題のみかんのカスを入れる袋。
葉を切らないように慎重に〜↓
        IMG_2876.JPG

この後「バイキング」と聞いていたので
食べる「ミカン」は我慢して私は2個
バスの中での話
私たちの仲間の最高は5個でしたが
過去には20個食べた人もいたんですって!!
私は30年ぶり、お隣の82才のお姉さんは
約60年ぶりの「ミカン狩り」彼女も2個だったそうで
二人で「もっと食べたかったね〜」

みかんを我慢した甲斐あってお腹満腹の「バイキング」の後は
淡路島の「福良港」から出航する
「うずしおクルーズ」へ。

「鳴門海峡のうずしお」は
イタリアのメッシーナ海峡、
カナダのセイモアナロー、
と並んで世界三大潮流の一つだそうです。

私たちが乗船する帆船は「日本丸」↓
         IMG_2877.JPG
乗って少しすると
たくさんのカモメが寄って来てそれはそれは美しく可愛い姿でした
エサとして1袋100円で売っている
パンの耳を持って手を差し出すとうまいこと「パクって」食べてくれるんです↓
         食べた瞬間!!
            IMG_2894.JPG

まじかで「かもめ」が見られて感動でした。
ちなみに昔のエサは「かっぱえびせん」だったそうですね
カモメも「『塩分控えめ』でパンに変えられたんかな?」とみんなで大笑い!!
見送ってくれたカモメ↓
       IMG_2895.JPG
  
いよいよ約1時間のクルーズ出航!!
カモメもついてきてくれたんですが
それはそれはその日は風がきつくて戻されてました
それが又健気で可愛かった
そして「うずしお」の地点へ↓
      IMG_2897.JPG
風が強くて迫力ありましたが「洗濯機」が回っているような渦は
残念ながら見られませんでした。
それらしきものは見たような気がしますが・・・
船員さんのお話によると
「強い風が渦を消してしまうんです」との事でした。
でも波の迫力は圧巻でした
すっごく寒かったので甲板で観てるのは業のようで
身が引き締まりました

私がこのクルーズで1番感動したのは「カモメ」だったかな?

それでは来週の月曜日までお元気で〜
posted by FM-HANAKO at 23:01| 大阪 ☁| Comment(5) | しあわせ歌BOX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする